首都圏5球場巨人戦観戦記

東京ドームを中心に現地観戦を通じて、見て聞いて感じたことを気ままに綴ります。

対タイガース

8月26日(日)対タイガース@東京ドーム

精神異常者・澤村拓一のお陰で、精神に失調を来したGファンが多数発生したように思います。5点リードの8回に逆転されるということは、通常の感覚としてはあり得ない事態です。先週は4点ビハインドからまさかの逆転サヨナラ勝利を挙げましたが、翌週は、5…

8月24日(金)対タイガース@東京ドーム

投げても打ってもメルセデスに尽きた試合だったかと思います。試合前、メルセデスに対しては左打者が打率が高く、右打者は打率が低いというデータが出ているにも関わらず、右打者を並べた阪神スタメン起用を眺めて、ある種の敗退行為ではないかと感じました…

8月9日(木)対タイガース@東京ドーム

今季公式戦としては初めてネット裏で観戦しましたが、ホロ苦な結果となりました。個人的には相当に腸が煮えたぎっています。一軍の試合を観るために相当の対価を支払っているにも関わらず、現実の試合の出場選手は一軍レベルには至らない選手が、出場してプ…

8月8日(水)対タイガース@東京ドーム

台風接近で試合開催が危ぶまれた試合でしたが、結局試合開始前も霧雨、試合終了後も霧雨でしたので、実質余り影響はなかったかのように思いました。明白に通常と違ったのは、通常のナイターであれば、8回裏終了もしくは21時が売り子撤収の原則ですが、今…

8月7日(火)対タイガース@東京ドーム

凡そ3ヶ月ぶりのドームでの阪神戦。3ヶ月前のカード初戦は山口が大炎上して、0-9で敗れましたが、それと比較すると、ソロ3本含め4点を取って、最終的に3点差まで追い上げたので、相対的には満足です。 初回の1死満塁でのロサリオの満塁弾が想定外で…

5月26日(土)対タイガース@甲子園球場

前日はナイターでしたが、本日はデーゲーム。試合終了とともに新大阪駅に向かい帰京しました。ナイター&デーゲームの組み合わせであると、一泊分で2試合観戦できるので効率的ですが、そのような日程組み合わせは限られているので、今回は天候とも合わせて…

5月25日(金)対タイガース@甲子園球場

8年ぶりで3度目の甲子園球場での巨人戦観戦。過去2回はいずれも外野席でデーゲームでしたので、内野席でナイターは初めての経験となります。今夜は人文字デーらしく来場客全員にTシャツが配布されましたが、こちらは着用せず巨人のビジターユニで観戦し…

5月10日(木)対タイガース@東京ドーム

内海の今季初登板の試合で相当に不安でしたが、見事な立ち上がり。序盤で試合を壊すことなく無失点で3回まで抑えて、直後の3回裏に坂本、吉川尚の連打で作った2死2、3塁の絶好の先制機に不調のマギーに代わって日曜のハマスタ以来の4番・阿部。ライト…

5月8日(火)対タイガース@東京ドーム

試合の緊張感が持続したのは2回表まででした。山口俊の自滅により、ノーヒット迎えた1死満塁で打者・梅野の放った打球はセカンドゴロ。併殺チェンジでピンチを切り抜けるところが、坂本が併殺を焦ったのかまさかの捕球ミス。1死も取れずに続く投手・秋山…

4月22日(日)対タイガース@自宅

甲子園での3連戦をまさかの3連勝で終えることができました。金曜、土曜の試合は外出先でしたのでスマホで経過を追う感じでしたが、本日は日曜午後のデーゲームということで試合の最初から最後まで自宅TV観戦となりました。 初回は坂本の止めたバットに当…

4月1日(日)対タイガース@東京ドーム

1勝1敗で迎えた3戦目。日曜日のデーゲームということもあり、週末ナイターの開幕戦と比べると緊張感も緩まった感じがありました。土曜日の試合は劇的勝利でしたが、個人的には公式戦生観戦勝利は今季未達成なので、今日こそはという気持ちでドームに向か…

3月30日(金)対タイガース@東京ドーム

開幕戦勝利が必ずしもシーズン成績につながらないとの統計データを試合前にニュース記事で読んでいたので、敗れても止む無しかなと思っていましたが、まさかの菅野の5失点で黒星スタートとなりました。 例年、開幕戦は現地観戦していますが、開幕戦勝利でも…

10月1日(日)対タイガース@東京ドーム

実質的に今シーズンが終了しました。 負け惜しみでなしにBクラスを一度体験してみたいと思っていたので、 再来年のドーム開幕戦は金曜日ではなく、火曜日となることが、 どのような感じになるのか楽しみです。 本日の試合に関しては、2死無走者から糸井の…

9月30日(土)対タイガース@東京ドーム

走者を置いて3打席入りながら、併殺打、三振、内野フライに終わった 4番・阿部を相当にディスりたい気分でしたが、 DeNAが延長に突入して4点リードを許したと知って まぁ、いいかという気分になりました。 本日の試合については、 不可抗力というキーワー…

8月27日(日)対タイガース@東京ドーム

7回表までは手に汗握るような投手戦でした。 先発・畠は、7回表まで、被安打1、11奪三振という このカードに限っては先発3本柱の田口よりは、 遥かに上回る危なげない相手を寄せ付けないピッチングでした。 前日もルーキーの谷岡の先発でしたが、同じ…

8月25日(金)対タイガース@東京ドーム

本日は諸般の事情により開場前にドームに到着。 開場と同時に入場というのは、交流戦での千葉マリンと、 地方球場主催試合の時の宇都宮清原球場と、 楽天戦を見に行ったときの宮城球場と個人的には過去3回しかありませんが、 ドームでは初めてです。 既にそ…

8月10日(木)対タイガース@東京ドーム

8割方負けるだろうという想定で臨んだ試合でしたが、 内海の粘りのピッチングで6回を辛くも2失点でしのぐと、 8回裏に伏兵・寺内の2点タイムリーでこの試合初めてリードを奪い、 9回は前夜の汚名返上でカミネロが、前夜に打たれた伊藤隼、福留を 共に…

8月9日(水)対タイガース@東京ドーム

9回表の福留の3ベースは、3ベースに値するほどの当たりであったのかは、甚だ疑問である。 ワンバウンドで捕球すればシングル止まりで1死1、2塁で済んだところを、 ライト・橋本の不可解なスタンドプレーで同点に追いつかれるのみならず、 逆転のチャン…

8月8日(火)対タイガース@東京ドーム

ダイナマイト慎吾の活躍で、序盤に大量リードを奪い、 その後は、淡々と試合終了の合図を待つという、 先週土曜日の菅野先発時と同様の展開となりました。 最近の巨人の戦いぶりは、 [A]序盤で大量リードを奪って、その後淡々と終了する試合 [B]もしか…

5月9日(火)対タイガース@東京ドーム

この試合のハイライトは、4回裏1死2、3塁での長野の空振り三振ではなかったか。 3点リードを許している状況で1打出れば1点差に、犠牲フライで1点でも挙げていれば試合の展開は変わっていたかと思われたが、ファール、ファールで追い込まれ、変化球を…

4月23日(日)対タイガース@東京ドーム

3試合連続で同じ打者に先制点を許す捕手のリードはどうなんだろうという 疑念を生じかねないこのカードであった。 次打者の原口は抑えているのであるから、無理して勝負せずに歩かせれば、 いずれも失点を防ぐことができていたのではないかと思わずにはいら…

4月21日(金)対タイガース@東京ドーム

今季6度目の生観戦でしたが、最も盛り上がる場面が少ない試合でした。 盛り上がるシーンがあると飲酒量も促進されますが、 テンションが低いままだと飲酒量も低レベルなので、出費は抑制されます。 勝ち試合=>テンション上がる=>飲酒量増=>出費大 負…

8月21日(日)対タイガース@東京ドーム

本来であればマイコラス先発のところを広島戦に当てるために生じたローテの谷間を埋めるために高木勇人が先発。 炎上せずに5回持てば御の字というところを、阪神打線の元気のなさと、 高木の汚名返上の好投とが相まって、7回まで無失点。 巨人打線も相手先…

8月20日(土)対タイガース@東京ドーム

諸般の事情により、今季初めてライトスタンドにて試合を見ました。 事前にわかっていたことではありましたが、背もたれが無いことと、 前後左右に詰まっていて狭い、前屈みになると前列の人の頭が目前に迫り、 背中を伸ばすと後列の人の足に触れるということ…

8月19日(金)対タイガース@東京ドーム

8月の阪神3連戦は、ここ数年ばかりは2試合以上現地観戦しています。 2013年は、当時絶好調だった村田の初回・先制HRでリードして逃げ切る試合が、録画映像を見るかのように2試合続き、3戦目は延長戦でしたが長野サヨナラHRで3タテして、対戦前…

7月5日(火)対タイガース@東京ドーム

先発・内海が7回途中無失点という期待以上の好投を見せ、打線もほぼ唯一の得点機に主軸の3連打で3点を奪い、相手よりも少ない安打数ながらも辛くも逃げ切り勝ちという試合でした。 相手先発・メッセンジャーには、初回から三者連続三振を献上し、11奪三…