首都圏5球場巨人戦観戦記

東京ドームを中心に現地観戦を通じて、見て聞いて感じたことを気ままに綴ります。

対ベイスターズ

7月7日(日)対ベイスターズ@東京ドーム

先発・高橋ということで、敗戦は織り込み済みですし、余りに勝ちすぎてしまうと、9月の試合が消化試合になってしまいますので、適度に黒星があった方がいいと思っていましたので、本日の試合は、よい一休みになったかと思います。 本気で勝ちに行こうとして…

7月6日(土)対ベイスターズ@東京ドーム

4-3と試合結果だけをみると僅差の試合のように外形上は見えますが、DeNAは試合の趨勢が決した後の、ソロHR3発ですので、実質的には脅威となるようなものではなかったように思います。 先発・メルセデスが無失点で7イニングを投げ終えた時点で、ほぼ勝利…

7月5日(金)対ベイスターズ@東京ドーム

送りバント失敗からの丸の3ランに尽きる試合だったように思います。 防御率1、2位の直接対決となった試合でしたが、山口がロペスに2ランを浴びて2点先制を許します。 5回裏に若林の2ランで追いつくと、6回裏は先発・山口俊の2ベースで得点機に走者…

5月23日(木)対ベイスターズ@東京ドーム

ようやく本拠地での連敗が5でストップしました。個人的にも生観戦連敗が4でストップしましたので一安心です。 今夜はプレーヤーズデーで丸選手でしたがノーヒットに終わりました。先週の阪神戦では菅野プレーヤーズデーで菅野が先発でしたが悪夢の10失点…

5月22日(水)対ベイスターズ@東京ドーム

球界の盟主を自認する巨人は、最下位のDeNA相手には、手加減せざるを得ないところが苦しいところです。広島のようにリーグ全体の盛り上げを考えることなく勝手に9連勝するチームは、身勝手なものだと思います。 最下位のDeNA相手に本気を出してしま…

5月6日(月)対ベイスターズ@横浜スタジアム

GW10連休の締めにハマスタまで遠征してきました。前回の遠征時は、試合内容と共に気温も低く寒い・ツライ思い出しかありませんでしたが、今夜の試合は昨季苦杯を舐めさせ続けられた東が先発。故障上がりということで立ち上がりがポイントと思っていまし…

4月29日(月)対ベイスターズ@東京ドーム

現DeNA監督のラミレスは、元・巨人の選手であり、2007~2009年の3連覇に非常に貢献してくれた選手なので、ベイ・ファンに采配につきDisられると心苦しいところがあります。正直、本日の試合が負けたところで巨人としては痛くも痒くもない一方で、De…

4月28日(日)対ベイスターズ@東京ドーム

昨日は9回2死までどう転ぶかわからない緊迫した試合でしたが、本日は5回裏の亀井の2ランで6-0となった時点で決着した試合だったかと思います。DeNAが連敗中ということは知っていますが、だからといって手加減すると八百長になりますので、現時点での…

4月27日(土)対ベイスターズ@東京ドーム

4回裏で5-0となった時点で勝利は間違いないと思っていましたが、結果的にはギリギリ薄氷での勝利となりました。 DeNA打線は2点が限界というイメージがありましたので、3点差をつければ安全圏、ましてや2死満塁からの大和の失策での2得点は、ほぼダメ…

4月6日(土)対ベイスターズ@横浜スタジアム

試合序盤は気温も高くて試合的にも巨人側が押せ押せでしたが、16時半過ぎには、スタンドは一部日陰となり、試合内容と相俟って、寒くて仕方ないツライ試合となりました。 結果的には、DeNAファン感謝デーのような試合だったかと思います。7回裏に筒香の一…

9月28日(金)対ベイスターズ@東京ドーム

今夜負ければ実質今季終了という状態での試合でしたが、9回裏の長野のサヨナラHRで辛うじて一命をとりとめました。 2回裏の無死2、3塁の大チャンスで無得点に終わった時は、憤怒の情に満たされていましたが、終わったことは仕方がないと努めて気持ちを切…

9月19日(水)対ベイスターズ@東京ドーム

3回表のロペスの3ランで実質試合終了という今シーズン・ワーストレベルの試合の一つでした。同じ負けるにしても試合の緊張感を保って終盤まで至れば納得できますが、序盤で試合終了というのは「金返せ!」のレベルです。 ルーキーでも打者に向かって投球し…

9月15日(土)対ベイスターズ@横浜スタジアム

雨の影響で試合開始時間が30分ほど遅くなりました。しかし、淡々とした攻撃でチームを通じてわずか3安打1得点。四死球ゼロという攻撃でしたので、予定通り開始して、それなりに攻撃した場合と同程度の時間で試合終了となりました。 この試合で印象に残っ…

8月22日(水)対ベイスターズ@横浜スタジアム

筒香の2ランが両チーム通じて唯一の得点シーンで、そのまま終わった試合でした。 初回1死3塁の絶好の先制機でマギー、岡本が連続三振で終わったところが痛かったです。岡本はその後の2打席も三振で、井納とは相性が悪かったようです。 8回表は井納が降…

8月21日(火)対ベイスターズ@横浜スタジアム

当初観戦予定は全くありませんでしたが、諸般の事情により、急遽観戦することになり、そのため、過去ハマスタでの巨人戦では、一度もなかったホーム側となる1塁側内野席で観戦することになりました。最近のハマスタのチケットは入手困難で加えてホーム側で…

7月5日(木)対ベイスターズ@東京ドーム

敗戦となりましたが、余り悔しくもないし、首脳陣を責める気にもなりませんでした。ポストシーズンを除けば、由伸巨人の試合も残り67試合ですので、日々残り試合が少なくなる中で、真剣勝負ができる試合も限られていくでしょうから、試合終盤までゲームが…

7月3日(火)対ベイスターズ@東京ドーム

5回裏までパーフェクトに抑えられていましたので、試合展開が早い早い。そのまま行けば20:30には試合終了というペースでしたが、7回裏に粘りに粘り、相手DeNAも7回裏に3投手を登板させるという継投で時間を要し、結果的には、3時間14分という試…

5月18日(金)対ベイスターズ@東京ドーム

先発・菅野の試合なのでサクサク試合が進んで20時半頃には試合終了かなと思っていましたが、3回裏途中で19時になるなど事前の想定外の展開となった試合でした。菅野が失点するとすれば、初回の立ち上がりかなと思ってましたが、1死後、ソトの緩い3ゴロ…

5月6日(日)対ベイスターズ@横浜スタジアム

当初予定では3連戦の初戦の4日に観戦予定でしたが、チケットが発売当初から完売状態であったため3戦目の本日が現地観戦日となりました。GW連休の影響もあったのかもしれませんが、スタンドは330度がベイファンという感じでした。比較的レフトポール…

4月19日(木)対ベイスターズ@横浜スタジアム

昨シーズンは横浜スタジアムは4度観戦して、3勝1分と一度も負けナシの球場で、比較的好印象を抱いていました。今季初めて訪れましたが、2020五輪会場の準備ということで座席増築のために工事の囲いが何か所かに見られました。また、安全対策強化とい…

4月17日(火)対ベイスターズ@自宅

今夜は自宅でのTV観戦でしたが、山口俊投手が素晴らしいピッチングでした。一人で9回を投げ切って、アウト27個の内14個が三振。先週に引き続いて130球超の球数でしたが疲れた様子もありませんでした。 昨年は騒動があって登板機会が限られましたが…

4月11日(水)対ベイスターズ@東京ドーム

ドームで目の前の試合の経過を追いかけながらも、スマホで他球場の経過も追いかけていたので、同率首位の広島・ヤクルトが共に敗色濃厚の試合展開でしたので、仮に今夜負けたとしても2ゲーム差であることは変わりないので、いかに劇的な展開の可能性が開か…

4月10日(火)対ベイスターズ@東京ドーム

試合の勝敗が第一優先であることに間違いはないのですが、個人的には試合の緊張感の持続を第二優先で観戦しております。初回で8点リードして、後は淡々と決着が付くのを見守るよりも、終始一球の行方により形勢が入れ替わるような試合の方が観る立場として…

9月17日(日)対ベイスターズ@東京ドーム

試合開始前のスタメン発表時に、「7番・レフト 中井」で、 どよめきがあったように感じました。 左の濵口投手なのだから、普通に石川かと思いましたが違いました。 本日の分も含めて、今季のお立ち台登場回数(ビジター球場でのヒーローインタビューを含む…

9月16日(土)対ベイスターズ@東京ドーム

先発・マイコラスが梶谷の一発のみに留める1失点のみでも敗戦投手になってしまうという今シーズンの巨人打線お得意の見殺し展開が今夜も炸裂して、 0-1で敗戦となりました。 いくらなんでも無得点といういことはないだろうと信じて最後までスタンドで応…

9月2日(土)対ベイスターズ@横浜スタジアム

試合開始前の企画として「筒香選手から空振りを奪ってプロポーズする」という 出し物があり、バラエティ番組の一種のようなものなのかも知れませんが、 CS圏内に留まるか否かが懸かる緊迫した試合開始直前に、 このような企画を実施するベイスターズは随分…

8月20日(日)対ベイスターズ@東京ドーム

この3連戦を全て現地観戦させていただいた立場から申し上げますと、 「白目を剥いた回数」が試合毎に異なりました。 金曜日の試合は、少なくとも2度は白目を剥いて窒息しかけました。 2度は3点ビハインドになったからです。 昨日の土曜の試合は6回表の…

8月19日(土)対ベイスターズ@東京ドーム

6回表の1死満塁と7回裏の1死満塁の行く末が、 そのまま試合結果を決した感じの試合でした。 6回表、1死満塁で打者・ロペス。打球はサードゴロで 村田が捕球後3塁を踏んで1塁へ送球して併殺チェンジ。 最大のピンチでしたが、失点ゼロで切り抜けまし…

8月18日(金)対ベイスターズ@東京ドーム

防御率2点台の田口が5失点となった時点で、負けたかなと思いましたが、 直後に坂本が1点差に迫る2ランを放ち、 7回表に西村が2失点で再び3点差で負けたかなと思いましたが、 直後に陽岱鋼が同点3ランで追い上げると、 延長の10回裏に、宇佐見がプ…

7月30日(日)対ベイスターズ@東京ドーム

昨夜の記事で、「4週間前のリベンジを果たすことができました。」と書いたのですが、フライング気味で正確ではありませんでした。 ビハインドの展開から相手・守護神を打ち崩してこそ真にリベンジに値するかと思いますが、本日の試合は、相手守護神・山崎康…