首都圏5球場巨人戦観戦記

東京ドームを中心に現地観戦を通じて、見て聞いて感じたことを気ままに綴ります。

東京ドーム

5月22日(水)対ベイスターズ@東京ドーム

球界の盟主を自認する巨人は、最下位のDeNA相手には、手加減せざるを得ないところが苦しいところです。広島のようにリーグ全体の盛り上げを考えることなく勝手に9連勝するチームは、身勝手なものだと思います。 最下位のDeNA相手に本気を出してしま…

5月15日(水)対タイガース@東京ドーム

昨夜に引き続きタイガース相手に連敗、ヤクルト戦と併せて4連敗となりましたが、全く悔しくありません。首位・巨人は変わらず、1ゲーム差を付けて広島・阪神・ヤクルトが並び、実質4チームでセリーグはペナント争いをすることになっただけで、金曜から再…

5月14日(火)対タイガース@東京ドーム

敗れはしましたが、余り悔しくはない試合でした。坂本の連続出塁記録が気になって、目の前の試合に集中できない感じでしたので、記録も途絶えたことも明日以降のリセットにつながってよいかと思いました。 ヤクルト戦での失態にも関わらず1番スタメン起用に…

5月12日(日)対スワローズ@東京ドーム

山田、青木、バレンティン不在の1.5軍のヤクルト相手に勝って当然の試合でしたが、まさかの敗戦となりました。 試合前から普通にやれば勝って当然、試合を盛り上げるために敢えて相手にリードをさせるのかなと訝っていましたが、結局、初回の亀井の犠牲フ…

5月10日(金)対スワローズ@東京ドーム

5点ビハインドからの、ほぼ4倍返しとなる23安打19得点で、大逆転勝利となりました。個人的には19得点の試合を生観戦した記憶はありません。数年前に阪神戦で1イニング12得点の記憶はありますが、試合トータルで19得点は恐らくは個人的には最多…

5月2日(木)対ドラゴンズ@東京ドーム

カード勝ち越しを懸けた一戦でしたが、3点ビハインドから、岡本の天井直撃のラッキーな同点タイムリーを経て、陽の勝ち越し3ランで実質勝負が決まった一戦となりました。 先発・ヤングマンはピンチを作るも連続併殺チェンジなど、辛うじて無失点投球をして…

5月1日(水)対ドラゴンズ@東京ドーム

令和新時代の初戦となったこの試合。先発・菅野は惜しくも完封ならずも完投勝利。坂本も歴史に名を残す令和第1号HRを放つなど、連敗ストップとなる快勝となりました。 初回にタイムリー2本を含む4点を獲得した時点で、通常であれば、実質試合終了の感を…

4月29日(月)対ベイスターズ@東京ドーム

現DeNA監督のラミレスは、元・巨人の選手であり、2007~2009年の3連覇に非常に貢献してくれた選手なので、ベイ・ファンに采配につきDisられると心苦しいところがあります。正直、本日の試合が負けたところで巨人としては痛くも痒くもない一方で、De…

4月28日(日)対ベイスターズ@東京ドーム

昨日は9回2死までどう転ぶかわからない緊迫した試合でしたが、本日は5回裏の亀井の2ランで6-0となった時点で決着した試合だったかと思います。DeNAが連敗中ということは知っていますが、だからといって手加減すると八百長になりますので、現時点での…

4月27日(土)対ベイスターズ@東京ドーム

4回裏で5-0となった時点で勝利は間違いないと思っていましたが、結果的にはギリギリ薄氷での勝利となりました。 DeNA打線は2点が限界というイメージがありましたので、3点差をつければ安全圏、ましてや2死満塁からの大和の失策での2得点は、ほぼダメ…

4月14日(日)対スワローズ@東京ドーム

巨人のチーム防御率は、現時点で3.911試合やれば平均的に4失点弱ということですので、普通に考えれば5点以上取れば勝てるということになります。 クリーンアップそれぞれが2ランを放ち、1試合で3本も2ランが出ても負けるということは、失点レベル…

4月13日(土)対スワローズ@東京ドーム

昨日の試合は5回裏満塁からの阿部の2ベースで実質試合終了と思いましたが、本日の試合は7回表のバレンティンの逆転バックスクリーン3ランで実質試合終了と思いました。 8回表は坂本工、9回表は大江が登板しましたが、オープン戦の延長のような登板でし…

4月4日(木)対タイガース@東京ドーム

今季の公式戦としては初の生観戦となります。チームは4連勝中と波に乗るだけに勢いを止めるような結果は避けたいものだと思って、ドームに向かいましたが、全くの杞憂でした。 個人的には初回の3得点でほぼ勝利の雰囲気を感じて、4回裏の坂本の3ランで確…

3月23日(土)対マリーンズ@東京ドーム

都内では桜の開花宣言がされたものの一転して冬に戻ったような低気温に。つくづく屋外球場でなくてよかったと思いながらドームに向かいました。個人的には今週は3度目のドーム観戦です。当ブログの趣旨に反するので特に記事化はしませんでしたが、月曜と水…

3月2日(土)対スワローズ@東京ドーム

長かったシーズンオフ期間も終わりを告げて、ようやく観戦シーズンが再び巡ってきました。ファンフェスタ以来の久々の東京ドーム。 例年オープン戦は客の入りが今一つで外野席も上半分は空席気味。3塁側はガラガラで、1塁側も上半分は空席気味。自由席の4…

11月23日(祝)ファンフェスタ@東京ドーム

昨年は事前申し込みコンビニ発券であったためか、ポール近くで今一つの座席でしたので、今年は従来通りの朝の当日引換の方式に戻しました。ハガキ上は9時から引換開始(予定)との記載ですが、実態上は混雑回避のためか早めに引換をしているので、1時間前…

9月30日(日)対カープ@東京ドーム

ホーム最終戦を逆転サヨナラ勝ちで締めることができました。 初回に先制して追いつかれ、3回に2点追加して再びリードするも、投手の大瀬良にヒットを許した直後に、田中に2ランを浴びて再び追いつかれます。畠の2イニング目となる8回に勝ち越しを許し、…

9月29日(土)対カープ@東京ドーム

野球の質の高い広島に対して、野球の質が低い巨人ということを再認識させられた試合でした。 既に優勝を決めているので勝っても負けてもどちらでもいい広島に対して、CS出場を懸けて本気モードで立ち向かっているはずなのに、抑えは中崎ではなく、一岡。ピン…

9月28日(金)対ベイスターズ@東京ドーム

今夜負ければ実質今季終了という状態での試合でしたが、9回裏の長野のサヨナラHRで辛うじて一命をとりとめました。 2回裏の無死2、3塁の大チャンスで無得点に終わった時は、憤怒の情に満たされていましたが、終わったことは仕方がないと努めて気持ちを切…

9月22日(土)対スワローズ@東京ドーム

久々に文句のつけようのない素晴らしい試合で、試合後気分よく過ごすことができましたので、ブログ更新が遅くなりました。 個人的には1回裏の長野の2点タイムリーで3点リードとなった時点で、実質試合終了のように感じました。1点リードではわかりません…

9月19日(水)対ベイスターズ@東京ドーム

3回表のロペスの3ランで実質試合終了という今シーズン・ワーストレベルの試合の一つでした。同じ負けるにしても試合の緊張感を保って終盤まで至れば納得できますが、序盤で試合終了というのは「金返せ!」のレベルです。 ルーキーでも打者に向かって投球し…

9月17日(月)対ドラゴンズ@東京ドーム

2連戦を1勝1敗。阪神もDeNAに1勝1敗でしたので、結局、下位4チームのゲーム差変動はナシ。但し、残り試合数は2減少していますので、下位4チーム中最上位の巨人としては、ベストではないにしても最悪でもない結果に終わったかと思います。 先発・…

9月16日(日)対ドラゴンズ@東京ドーム

3週間振りに心の平安が訪れた気がします。阿部の8年ぶりとなる満塁弾が、その間いろいろありましたが、その一切を流し去ってくれました。 巨人は8月25日以来となる本拠地ドームでの勝利。2桁得点も8月18日以来と凡そ1ヵ月振りの快勝となりました。 …

9月13日(木)対スワローズ@東京ドーム

9回表の青木の2ランが出るまでは、どちらに転ぶかわからない緊迫した試合でしたが、生まれつきなのかも知れませんが、ニヤけた表情の左対策で起用された中川投手の左相手の不甲斐ない投球で1死もとれずに試合の趨勢を決定づけた上で、全くの役立たずで降…

9月12日(水)対スワローズ@東京ドーム

そのまま無難にいっていれば、20時半には試合終了の試合でした。個人的には生観戦時はなるべく長め少なくとも21時過ぎまでは試合をやっていてもらいたいものだと願っていたのですが、3時間54分の試合となり22時近くまで要しましたが結局、延長12回の引き…

8月30日(木)対カープ@東京ドーム

真剣に試合に取り組んでいるカープに対して、適当に緩く試合をしている巨人という印象の試合でした。 その傾向が顕著に表れたのは9回表かと思います。2死2、3塁で菊池の打球はショートゴロ。無失点で切り抜け1点差のまま9回裏に突入かと思われましたが…

8月29日(水)対カープ@東京ドーム

延長10回、試合時間も3時間55分と4時間近くの試合で、最後の最後までどちらに転ぶかわからない試合でしたので、結果的に敗れはしましたが観戦体験としては満足の行くものでした。前夜は3回表で実質試合終了でしたので、10回裏まで楽しめた時点で満…

8月28日(火)対カープ@東京ドーム

先発が内海とジョンソンということで勝ち試合は当初から想定していませんでしたので、無難な結果に終わった試合かと思います。負け試合であっても試合の緊迫感を保った試合であって欲しいという願いを持っていましたが、3回表に裏切られ実質試合終了となり…

8月26日(日)対タイガース@東京ドーム

精神異常者・澤村拓一のお陰で、精神に失調を来したGファンが多数発生したように思います。5点リードの8回に逆転されるということは、通常の感覚としてはあり得ない事態です。先週は4点ビハインドからまさかの逆転サヨナラ勝利を挙げましたが、翌週は、5…

8月24日(金)対タイガース@東京ドーム

投げても打ってもメルセデスに尽きた試合だったかと思います。試合前、メルセデスに対しては左打者が打率が高く、右打者は打率が低いというデータが出ているにも関わらず、右打者を並べた阪神スタメン起用を眺めて、ある種の敗退行為ではないかと感じました…