首都圏5球場巨人戦観戦記

東京ドームを中心に現地観戦を通じて、見て聞いて感じたことを気ままに綴ります。

6月17日(日)対マリーンズ@千葉マリンスタジアム

1-0の僅か1点リードでカミネロならこのような結果になるだろうことは
事前に想定しておりましたので、別段ショックはないです。
本日の敗戦自体は特にこだわることはありませんが、
むしろ逆転サヨナラ負けを契機として、
カミネロと澤村の順番を入れ替える等、後半戦に向けて、
勝ちパターン継投のあり方を再考してもらえるのであれば、
むしろ意味のある敗戦だったかと思いました。

本日は佐倉市デーということで、荻野目洋子が国家を唄い、
試合途中もダンシング・ヒーロー・タイムがあり球場スタッフが
踊っていたので、ビジターゲームとしては勝たせてあげても結果的には
止む無しの気分で観戦していました。

吉川尚のスクイズで1点先制しましたが、
その後も再三の得点機がありましたので、
そこで決めていれば、普通の勝ち試合だったかと思います。
6回表の1死2、3塁での岡本。
7回表の2死満塁での田中俊。個人的には代打・マギーかと思いましたが、
凡退。
9回表も2死満塁で代打・大城でしたが空振り三振。
絶好の追加点機でいずれも無得点で終わったことが、
このような結果を招いたかと思います。

カミネロは制球が定まらないので、僅差での登板は信頼性が著しく低いです。

リーグ戦再開後は配置転換を強く望みたいと思います。

試合途中から雲が晴れて強い日差しが直接差すようになって、
暑くなりましたが、外野の壁の穴から水平線が見えるとは思っていませんでしたので、
球場体験としては、それなりに満足のいくものでした。

この球場を訪れるのはあと2年はないかと思いますが、
金曜にナイター、本日はデーゲームと雰囲気の違いを楽しめました。

金曜の教訓を生かして、試合後は歩いてJR駅まで向かいましたが、
20分程度で着きましたので、シャトルバスの利用をしなくても、
却って早く帰宅することができました。

4日間の休みの間に、是非カミネロの処遇について再考いただきたいと思いました。

では、また。

6月15日(金)対マリーンズ@千葉マリンスタジアム

天気予報は雨予報でしたので試合の開催自体が危ぶまれていましたが、
結局、試合中も試合前後も雨は降ることなく、菅野が完封勝利を挙げました。

天気予報を見る限り、仮に試合があっても雨は不可避という状態でしたので、
G-poポイントアイテムで獲得したオレンジ・ポンチョを遂に使うことになるかと思い
カバンに忍ばせて球場入りしましたが、使うことなく済みました。

この球場で巨人が勝利するのを観戦するのは、2012年の内海先発時以来ですので、
実に6年ぶりのことです。
交流戦の仕様が変更となり、2016年以降、ホーム/ビジターが隔年で入れ替わることになりましたが、何故か2年連続でロッテ戦はドーム開催でしたので、
こちらの球場を訪れるのは2015年以来となります。
前回の観戦時は、マイコラスが1年目で、送りバントからのバスターで2ランを浴びるというあり得ない展開で敗戦していただけに、
3年越しでリベンジすることができました。

この試合、初回に陽のタイムリーで先制。
3回にも陽の2ランで3点リード。
先発・菅野を考えると、ほぼ勝ったかなと思いましたが、
4回表に坂本の2点タイムリーで5点リードとなったことで勝利を確信しました。

菅野自体は、4回裏に無死1、3塁のピンチを迎えますが、
ここからギアを上げて相手のクリーンアップを三者凡退に仕留めて、
1点も許さなかったことで、以降はピンチらしいピンチもなく、
完封勝利となりました。

試合は21時前には終わりましたが、JRの海浜幕張行きのバスを待つ行列に
30分以上並び、バスに乗っても渋滞のため駅に着いたのは22時過ぎとなりました。
雨が降っていたわけでもないので、普通に歩いた方が遥かに早いと思いました。
次回以降は原則歩いて戻ろうと思いました。

他球場ではDeNAとヤクルトが共に敗れたため、
久々にセリーグで2位に浮上、広島も敗れたため首位とのゲーム差も4となりました。
2016年8月の広島3連戦で3.5になるか否かで優勝の行方が左右されましたが、
それと比較しても2か月近く前の段階で4ゲーム差ですので、
今季の今後は十二分に期待できるかと思います。

助っ人外人がスタメンから外れることで、チームのまとまりがアップしているように
思われますので、この調子で残り2試合を頑張ってもらいたいものです。

では、また。

6月10日(日)対ライオンズ@東京ドーム

今季初めてライトスタンドで観戦しましたが、
今季初のサヨナラゲームとなりました。

9回表先頭の岡本が投手強襲ヒットで出塁して代走が吉川大。
続く5番打者は阿部でしたが、まさかの送りバント
昨夜も同様の場面で陽に送りバント指示があって結局三振でしたので、
本気なのかと思いましたが、辛うじて走者を送って1死2塁。
亀井は申告敬遠で1死1、2塁。
次打者・陽はカウント3-0から打ちに出て、
打球がどこに転がったのかわかりませんでしたが、
内野ゴロで1死満塁。

小林に代えて代打・大城でしたが、カウント2-1から、
犠牲フライには十分で結果的には頭を越えたサヨナラヒットで、
巨人は今季初のサヨナラ勝利となりました。
この大城の打球もフェンスの死角に入ってしまったので、
捕球されたのか、ヒットだったのかはその時点ではわかりませんでした。
ただし、1死満塁であったこととフェンス際まで打球が来ていたので、
サヨナラ勝利なのだろうと類推したうえで、歓喜しました。

周囲のGファンとハイタッチして盛り上がりましたが、
現場に近いが故にわかりにくいのは困ったものだと思いました。

自分の観戦していたブロックに初回の坂本のHRも、
亀井のHRも着弾しました。
6回の森の打球もグングン近づいてきましたが、
フェンスに当たって、亀井が好処理して2塁進塁を阻止したのでしょうが、
こちらもフェンスの死角に入ってしまうので、
リアルタイムではどうなったのかが、さっぱりわかりませんでした。

ガチのGファンが多いので、周囲の熱に圧倒されながら観戦しましたが、
少なくとも今季は2度と行くことはないかなと思いました。
自分には向かないように感じました。

では、また。

6月9日(土)対ライオンズ@東京ドーム

打ってほしい、ここぞの場面で出た7回裏の坂本の逆転3ランと、
1点差に追い上げられた8回裏に出た阿部の3ランのいずれについても、
目から電光石火が飛び出る感覚で打球がスタンドまで着弾するのを見届けることが出来ました。
長野応援歌の歌詞に「夢の弾道」というフレーズがありましたが、
2本の3ランのいずれもが、その言葉に相応しい一発だったかと思いました。

試合終盤に素晴らしい3ランを2発見届けたので、
昨夜までの記憶は全て上書きされた感じがします。

素人の感覚として、対西武の攻略法がわかったような気がしました。

 先発投手を降板させて、中継ぎ投手陣を引っ張りだせれば、終盤で勝負できる。

ということです。

よって、試合序盤は持球作戦で球数を稼ぎ、相手投手を消耗させ、
巨人の先発投手は、終盤でも追いつけないほどの大量失点をせずに、
今夜の田口のように中盤まで粘ることが出来れば、
パリーグ首位の相手といえども、
勝機が見いだせるということです。

明日の内海も先週のオリックス戦と同様の投球ができれば、
中盤~終盤でチームとして勝負できるかと思いました。

もちろん序盤で大量リードが出来れば、
その心配は無用ですが、巨人の苦手な外人投手なので、
今季のこれまでの傾向からすると、
動くボールで打ち損じが頻発するという展開が予想されます。

ボールを振らない、
追い込まれるまでスイングしない、等の持球作戦を取れると良いように
素人考えでは思うのですが、どうでしょうか。

今夜の試合については、序盤の岡本の2本のタイムリーが良かったと思いました。
田口の後を継いだ、谷岡・池田・田原も前夜に引き続いて、
無失点継投をしてくれたので、終盤の逆転劇につながったかと思いました。

明日勝って、久々のカード勝ち越しを決めたいですね。

では、また。

6月8日(金)対ライオンズ@東京ドーム

敗れはしましたが、観戦体験としてはそれなりに満足度の高い試合となりました。
菅野と菊池の両先発ということで僅差のゲームになるのではという試合前の想定がありましたが、期待に反して、一方的な展開。
秋山の先頭打者HRは仕方ないにしても、
3回の2失点、4回、5回の失点もいずれも2死からで、
菅野らしくないように思いました。
西武打線がそれだけ強力なのかもしれませんが…
個人的には序盤で4点ビハインドまではギリOKとは思ってましたが、
5回2死無走者から、5点目を取られた時点で、今夜の敗戦は覚悟しました。
よって、あとは巨人が一矢報いることが出来るか否かに、
興味をシフトして観戦していました。
待球作戦が功を奏したのか、2回で球数50球近くまで投げさせ、
菊池の降板を促進する作戦を取っていたように感じましたが、
大量リードになってからは、早めに打つようになってしまい、
4回以降7回までいずれも三者凡退で淡泊な攻撃となってしまいました。
ファンが5点ビハインドで試合を諦めるのは納得できるのですが、
選手及びベンチまで諦めるのは納得できかねます。
0-5のまま試合終了なら怒り心頭の場面でしたが、
菊池から交代したワグナーを相手に、吉川尚が一矢報いる2ランを放ち、
岡本・四球、陽がヒットでつなぎ一打出れば同点の場面を迎えて、代打・阿部。
初球に手を出しますが、あえなくレフトフライでチェンジ。
しかしスタンドは盛り上がりました。
菅野は5回で降板しましたが、
池田、谷岡、田原が1イニングずつ無失点で切り抜けます。
勝利を確信しているので雑なバッティングだったのかもしれませんが、
追加点を取られれば完全終了となりましたので、よく継投したと思います。
9回表は昨夜敗戦投手となった上原が連投で登板。
先頭打者にヒットを許しますが、その後は締めてリズムを作ります。
3点ビハインドで9回裏となりますが、
相手守護神・増田に対して、長野が内野安打。代打・亀井が2ベースで、無死2、3塁。田中俊、坂本が内野ゴロでそれぞれ打点を挙げて1点差に。
吉川尚の打球は1ゴロでしたが弾いてくれて出塁します。
ゲレーロが2ベースを放ちますが、3塁ストップで2死2、3塁。
個人的にはホームに突っ込んでもらいたかったです。
4番・岡本にまで打席が回り一打出れば逆転サヨナラの場面までを迎えますが、
見逃し三振でゲームセットとなりました。

5点ビハインドで負け確定の試合でしたので、
もしかしたら逆転サヨナラの場面まで至ったので、
個人的には満足です。

試合を通じて一番主張したいのは、
マギーは不要ということです。
打てない守れないでは話になりません。
この試合、相手チームの3度の出塁にマギーの拙い守備が絡んでいました。
菅野に余計な負担を課したのが、マギーの守備です。

単純に、サードは田中俊にして、
マギーを2軍降格させ、ヤングマンを先発起用すればよいと思います。
下手に1軍にいると起用せざるを得なくなるので、
2軍に行ってもらった方が踏ん切りがつきやすいかと思います。

エース菅野で一方的なゲーム展開になるというのは、
セリーグはどれだけレベルが低いのだろうと疑念を感じざるを得ないところでしたが、
Gナインの反骨心で1点差まで追い上げる展開を見せてもらえたので、
まぁ良かったです。

普通に考えると強力な西武打線相手では3タテの可能性も少なからずありそうですが、
今夜終盤に示してくれた反骨心を明日以降は序盤から示してもらいたいものです。

では、また。

6月6日(水)対イーグルス@東京ドーム

個人的には生観戦戦績が5連敗でストップしましたので、非常に大きな勝ち星となりました。
加えて、1回裏にゲレーロの2ランでリードして、試合終了までリード状態を保てましたので、落ち着いてゆったりと試合を観戦することができました。
ビハインド展開になると、気分的にグレーになりますので、
沈滞ムードとなりがちですが、
常にリードを保った状態だと、
例え結果的に2桁残塁となろうがならまいが、
勝利するか否かが重要なので、
残塁数1ケタで敗れるよりも、残塁数2桁でも勝つ方が遥かに重要です。

今夜も結果的に2桁残塁になったようですが、
終始リードを保っていたので、
特に気になりませんでした。

むしろ一方的な試合展開とならず、
最後まで試合の緊張感が保てたので、
良かったかと思います。

明日は相手・先発は岸投手ですが、
個人的には楽天打線は相当に低調ですので、
少しでもリードを奪えれば、鍬原投手のプロ初勝利も
十二分にありうるのではないかと思います。

久々のカード勝ち越しを決めてもらいたいものです。

では、また。

6月5日(火)対イーグルス@東京ドーム

今夜も素晴らしい精神修養の機会を与えていただきました。
由伸巨人は「他者への奉仕」を第一に優先されていることが、よくわかりました。

今季の交流戦、ここまで一勝もしていない楽天に対して初白星を献上するとともに、
先発・ルーキーにもプロ初勝利を献上しました。

被安打3でありながら4失点。
一方、8安打を放ちながら得点は1点しかあげないという、
相手チームを立てた謙抑的な姿勢にほとほと頭が下がります。

先発投手は、四球のち被HRで効率的に2点を献上というシーンを、
先週の1試合2度に引き続いて、今夜も披露してくれました。

救援投手は2死満塁でワイルドピッチで1点を献上というシーンを、
先週に引き続いて、今夜も披露してくれました。

相手が喜ぶことであれば、何度でも繰り返すという
「他者への奉仕」精神が遺憾なく発揮されているように思います。

制球に苦しむ相手チームの元・守護神相手に、
ストライクが一球も来ていないのに、自分本位で3回空振りする
助っ人外人も素敵です。
続く打者が二連続四球で、チャンスが到来し、代打・阿部の姿が見えたところで、
併殺打を放つところも「他者への奉仕」の精神が垣間見られました。

自己利益よりも、「他者への奉仕」を優先するチーム運営は
なかなか珍しいかと思います。

これからも精神修養をさせていただくために、
ドームに通いたいと思いました。

では、また。