首都圏5球場巨人戦観戦記

東京ドームを中心に現地観戦を通じて、見て聞いて感じたことを気ままに綴ります。

丸6打点!チームは10勝目に到達!!

攻撃面では丸6打点プラス坂本の2試合連続HRが
特筆すべき点でしょうか。

投げる方では、先発・田口が3イニングほぼ完ぺきな投球でしたが、
脚の張りで急遽降板。
後を継いだ鍬原も4、5回は抑えましたが、勝ち星が付いて気が緩んだのか、
6回は無死満塁のピンチを作り、大島に2点タイムリーを浴びて降板。
新人のときからそうですが、どこか薄笑いを浮かべながら投球しているように見えるので、どこか真面目にやっていないように感じてしまいます。
結果が出てればいいのですが、時折ポカをやりますので、
中大先輩の澤村と同様にどうにも信頼が置きかねるところがあります。

その先輩の澤村も名誉挽回のために4点差の9回に登板。
四球を一つだしましたが、無失点でゲームセット。
再炎上は回避できました。

明日はサンチェス。
抑えのデラロサの登板機会がこの所ありませんので、
調整を兼ねても登板できるような試合展開を望みたいところです。

では、また。

先発・菅野の完投・完封勝利で5カード連続カード初戦勝利!

前日の桜井が8回を投げ切ってチーム内最長イニング達成という事実が、
負けん気の強い菅野のハートに火をつけて完投しようという意欲を喚起したのではないでしょうか。
完投だけではなく完封という更に素晴らしい結果につながりましたが、チーム内の競争があるのは戦う集団としては好ましいですね。
某関西系球団では逆ベクトルで作用しているように思われますが。

先制したのは坂本のレフトポール寄り外野最前列に飛び込むHR。
DeNA3連戦でノーヒットに終わり、前日当ブログにおいて「右に流せばいいのに、強引に引っ張ろうとしている」と批判したところ、強引に引っ張ってスタンドインですので、恐れ入りましたという他はない気分になりました。

同様に前夜はノーヒットだった岡本が2安打ですので、
好不調の波のある選手が組み合わさってチームとしての打線が機能していることを
再認識いたしました。

中盤までは最少得点差での展開でしたので、どう転ぶかわからない不安がありましたが、7回裏のビシエド・京田の捕球競合による2点目。
8回裏の代打・北村の走者一掃2ベースで試合の趨勢は決まりました。

残る興味は菅野の完封なるかという点でしたが、
相手も戦意喪失している感じでしたので三者凡退に仕留めてゲームセット。
5カード連続カード初戦に勝利することが出来ました。

田口も桜井・菅野に続いて長いイニングを投げてほしいですね。

では、また。

8回1失点の桜井の好投でカード勝越し!!

桜井の好投が光った試合でした。
被安打2、失点1なので十分すぎる好成績でした。

そのような桜井に対して打線の援護が7回まで炭谷の2点タイムリーのみ。

その時点で7安打放って2点に留まっていたので、攻撃がチグハグな印象を受けました。

特に3回裏の先頭の吉川尚がヒットで出塁して初球に走ったところ
坂本が強引に打ちあげてレフトフライ。帰塁できずにダブルプレーといった場面です。

この3連戦、坂本はノーヒットに終わりました。
DeNAバッテリーの特徴なのか、ほぼアウトコースに偏った配球がされています。
逆手にとって右打ちをすればいいのに、手を出さずに見送り三振も目に付きました。
上記の場面も進塁打を心がけていれば右に打てばいいのに、無理に引っ張って併殺。
昨夜の初回もショートゴロ併殺打で先制の良い流れを途切らせています。

岡本も外角一辺倒気味の配球に調子が狂わせられたのか今夜はノーヒットでした。

しかし、坂本、岡本以外の野手陣が見事なバッティングを8回裏に披露してくれたため
このイニングは実に痛快でした。

昨夜、4者連続三振を奪われたパットンを相手に、
中島、パーラ、炭谷の3連続タイムリーによる3得点で一挙に4点差としてほぼ試合を決めました。

昨夜は、8回に3点を失って煮え湯を飲まされたので、
見事にやり返すことができました。
澤村は勝ちパターンとは言い難いので、相手の勝ちパターンを攻略しての3得点は、
今後を見据えても効果的かと思います。

9回裏は4点差もあったためデラロサを起用せずにもすみました。

明日からの中日戦も勝ち越しを果たしてもらいたいものです。

では、また。

2週連続終盤の澤村起用で3失点 結果逆転負け

リードを保って8回を迎えましたが、澤村の独り相撲という見慣れた光景。
ストライクが入らずボール先行。四球で2走者を残したところで降板。
ピンチの場面で高木京がマウンドに上がり好投しましたが、
打撃が下降気味の坂本の不用意なプレー(昨年の交流戦終戦の初回にも同様のプレーをして失点。交流戦の優勝を逃す遠因となった。)で1死満塁に。
ソトは三振で切り抜けるものの、このカードでここまでノーヒットに抑えていたオースティンにフェンス直撃の3ベースを打たれ走者一掃。
終盤で手痛い3失点となりました。

坂本が2試合連続ノーヒット。丸が復調の一方で坂本が下降傾向です。

個人的にポイントだと感じたのは、
4回裏に2点を追加して、なお2死2、3塁の場面でツキのある増田大に代打で、
吉川尚が起用された場面かと思います。

ヒットで5点差とすれば試合が決まっていたかと思いますが、外野フライでチェンジ。
流れを引き寄せられませんでした。

終盤はDeNAが攻勢で、防御一辺倒になったことも気になります。

9回裏は2死2塁で、山崎に相性が良い代打・重信かと思っていたところ、右の石川。
重信が見たかったなと思いました。

澤村を起用するくらいなら、イニングの頭からの宮國や、鍬原の方が現状ではマシなようにも思えます。
由伸監督の時代から続いて、何度も菅野の勝ちを消しているにも関わらず、
一向に進歩がないというのはどうしたものでしょうか。

大竹か、制球力がアップしたビエイラが出てくれば、いずれ役割交代にはなるかと思いますが。

明日の3戦目で勝ち越しを決めてもらいたいものです。

では、また。

見どころ十分なナイスゲームで首位攻防初戦を勝利!

締まった良い試合でした。
初回こそ2失点でしたが7回途中まで投げた先発・戸郷がナイスピッチング!
DeNA相手の好投なので今後も期待できそうです。

打つ方では、
中島、丸、岡本のソロ3発。
岡本の技ありの同点タイムリー。
パーラの守備シフトの関係もあったのかショートゴロと思わせての三遊間を抜く勝ち越しタイムリー。
移籍初戦のウィーラーのヒットもありました。

守る方では、
8回表の先頭・梶谷のセンターオーバー級の当たりをキャッチした丸のファインプレー。その時点では1点差でしたので、後続の打順を考えても、
DeNAの勢いを削ぐ好守備だったかと思います。

直後の攻撃で今季1号が出ていますので、守備と攻撃は連動しているものだと思いました。

オースティンが相当打ちそうな事前の想定があったのですが、
今夜はノーヒットで抑えることができました。
ウィークポイントの分析が進んできたのでしょうか。

明日はメルセデスが先発。
先週が不甲斐なく早々に降板していますので、
リベンジを期待したいところです。

では、また。

前日の倍返し(?)大量12得点で完封勝利!!

前日の1イニング7失点のトラウマがあるため序盤で大量リードの試合でしたが、
終盤まで万が一を考えて集中して試合を観ることができました。

先発・サンチェスが強力ヤクルト打線相手に6回無失点でしたので、
今後も期待できそうです。

7回から継投に入りましたが、7回は澤村。
その後は、前日の汚名返上シリーズで、
8回は藤岡、9回は宮國が登板しそれぞれ無失点で抑えました。

イニングの頭から登板すれば抑えられる力はありますが、
修羅場で起用するとアップアップになりがちですので、
原則として、
1)負け試合
2)大量リード試合
のいずれかに起用場面を限定すべきかと思います。

火曜からドーム6連戦。
DeNAとの首位攻防3連戦が楽しみですね。

では、また。

逆転直後に大量7失点で再逆転負け

先発・小川に襲い掛かり一挙4点で逆転。
先発・田口のタイムリーも飛び出し、田口続投だと思いきや、謎の代走・北村。
追加点を奪うこともできず6回から継投に入ったのが運の尽きでした。

昨夜の試合は6回に先発・菅野が5失点で逆転され、好投の石川に謎の代打を出して、
ヤクルトは逆転劇を喰らったわけですが、その逆パターンをやり返されてしまいました。
素直に田口続投で良かったわけです。

開幕戦で阪神が先発・西を6回で降ろして逆転されたように、
余力のある先発を下手に代えない方がいいと思います。

高木京が村上にソロを浴びますが、そのまま続投で良かったと思います。まだ6回なのだから。

交代した宮國はストライクが1球も入らずストレートの四球、直後に逆転タイムリーを浴び、
更に交代した藤岡も同様に、ストライクが1球も入らずストレートの四球、直後に山田に満塁弾を浴びて、実質試合終了となりました。

宮國、藤岡が悪いとは思いません。
練習試合を通しても、走者がいる場面で登板して、この2人につき
ストライクが1球も入らずストレートの四球
を何度か目にしました。

要するに、豆腐のメンタル=デリケートなハートの持ち主なので、
走者のいる場面で起用すると、実力が発揮できません。

それがわかったうえで、使う方が悪いのではないでしょうか。

その弱点を克服するために敢えて起用したのかも知れませんが…

勝ちパターン継投を使わずに済んだのは良かったかと思います。

明日は、勝ち越しを決めてもらいたいものです。

では、また。