首都圏5球場巨人戦観戦記

東京ドームを中心に現地観戦を通じて、見て聞いて感じたことを気ままに綴ります。

4月14日(日)対スワローズ@東京ドーム

巨人のチーム防御率は、現時点で3.91
1試合やれば平均的に4失点弱ということですので、
普通に考えれば5点以上取れば勝てるということになります。

クリーンアップそれぞれが2ランを放ち、
1試合で3本も2ランが出ても負けるということは、
失点レベルが通常の水準で収まらなかった=異常事態だったということです。

2日続けて、11失点の試合を見せられて、
巨人の投手陣はザルなのか、打撃練習に貢献しているのかと思われるほど、
簡単に先頭打者にヒットを許し、2アウトまで至っても、簡単にタイムリーを打たれて失点します。

一方、巨人側はチャンスを作るものの2アウトから一打が出ずに、
結果的にはダブルスコアに近い得点差の試合に終わりました。

制球力がないのか、リードがおかしいのか。

そもそも論で、昨年までの実績のある田口や今村が先発起用されずに、
澤村や、昨年は中継ぎ起用だった畠が先発するという
先発の組み方自体が不思議に思えます。

畠は無期限2軍ではないでしょうか。
2試合連続で大量失点では話になりません。

吉川尚が抹消されて、代役で起用された吉川大も今一つでした。

普通に田中俊をセカンドで起用して、陽をライトで起用すればよいものを、
昇格した石川をスタメン起用するなど、わざとハンディを付けてるようにしか思えません。

まだ4月なので、お試し期間中なのでしょうか。

平日は勝っても週末が負けると気分がよくないです。

週末に勝てるように、来週以降はまともな先発起用をしてくれることを
望みたいものです。

では、また。

4月13日(土)対スワローズ@東京ドーム

昨日の試合は5回裏満塁からの阿部の2ベースで実質試合終了と思いましたが、
本日の試合は7回表のバレンティンの逆転バックスクリーン3ランで実質試合終了と思いました。

8回表は坂本工、9回表は大江が登板しましたが、オープン戦の延長のような登板でしたので、参考記録かと思います。

ヤングマンがダメダメで、5回表も無死1、2塁で降板しましたので、
その前の4回裏、1点差に詰め寄ってなお2死2塁で、代打を出さなかったことが
惜しまれます。

5回表のピンチも追加点を奪われていれば、試合は決まっていたかと思いますので、
無失点で抑えた桜井は評価したいです。

吉川光とは個人的に相性が悪いです。
生観戦試合で悉く吉川光によって、致命的な失点シーンを見せられています。

願わくば、今後は、吉川光の登板シーンに巡り合わないことを願いたいです。

元々、週末2連戦で観戦予定でしたので、
明日勝って、本日の悔しさをリベンジしたいです。

畠が好投してくれるといいのですが…

では、また。

4月6日(土)対ベイスターズ@横浜スタジアム

試合序盤は気温も高くて試合的にも巨人側が押せ押せでしたが、
16時半過ぎには、スタンドは一部日陰となり、試合内容と相俟って、
寒くて仕方ないツライ試合となりました。

結果的には、DeNAファン感謝デーのような試合だったかと思います。
7回裏に筒香の一発が出て、
7点リードがあるにも関わらずヤスアキ・ジャンプもしていましたので、
DeNAファンには楽しくて仕方のないような試合だったのではないかと推察します。

横浜スタジアムは改装されて、1塁ポールブロック後方に巨大なスタンドが登場していました。
バックネット裏の従来の記者席ブロックも後方に張り出した新築部分と共に、巨大化していました。

ハマスタマツダ化が進行しているなと近年感じていましたが、
更に一層進んでいる感じです。

ビジター客は肩身の狭い思いをします。

今季のハマスタ観戦は、なるべく控えることにしようと思った一戦でした。

では、また。

4月4日(木)対タイガース@東京ドーム

今季の公式戦としては初の生観戦となります。
チームは4連勝中と波に乗るだけに勢いを止めるような結果は避けたいものだと思って、ドームに向かいましたが、全くの杞憂でした。

個人的には初回の3得点でほぼ勝利の雰囲気を感じて、
4回裏の坂本の3ランで確定的になって、実質試合終了と思いました。
理由は、今季の阪神は5試合で10得点なので、1試合平均すれば2得点。
初回の3点でもキツイのに、その3倍の6点をひっくり返す可能性は極めてゼロに近いからです。

よって、その後の5イニングは外形的には試合は行っていますが、
実質的には勝負はついているので、ある種の消化のために試合を行っていたように感じました。

3連覇時代の原監督の巨人が再び蘇ってきたかのように感じました。
3連覇時代は、試合早々に大量点で相手の戦意を喪失させ、
中盤以降は左団扇で試合観戦というのが定番かと思いますが、
今夜の試合も同様の展開でした。

平成元年も巨人が優勝し日本一ですので、
令和元年も同様に展開してもらいたいですし、
十分にその可能性があるのではと感じられた
今夜の試合でした。

文句のつけようのない試合でしたので手短に。

では、また。

3月23日(土)対マリーンズ@東京ドーム

都内では桜の開花宣言がされたものの一転して冬に戻ったような低気温に。
つくづく屋外球場でなくてよかったと思いながらドームに向かいました。
個人的には今週は3度目のドーム観戦です。
当ブログの趣旨に反するので特に記事化はしませんでしたが、
月曜と水曜のイチローの試合は現地観戦しておりました。
イチロー旋風も収まったので、通常モードに戻りたいと思います。

先発・菅野でしたので、どう考えても勝ち試合と見込んでいましたが、
まさかの3回で交代。
後を継いだ上原が1失点で2点差に。
直後の4回裏に陽の同点2ランで追いつきますが、
7回表にこの日3イニング目となるヤングマンが内野ゴロの間に1失点して、
1点差になります。

個人的には怒り心頭なのが8回に登板した吉川光です。
セットアッパーの役割ながら2ランを2度被弾して4失点。
重要な試合終盤で試合の趨勢を決定づける不甲斐ない投球に心底呆れました。
当ブログでも昨年9月19日及び、10月1日の試合での不甲斐ない投球を評して、
2019シーズンは球団職員への異動を勧告させていただいておりますが、
今季開幕前なので、そのように処置していただきたい気分に改めてなりました。

8回裏に陽がこの試合のチーム全得点となる3ランを放ち2点差まで追い上げますが、
クックがまたも背信投球で1失点。

9回裏にノーアウト満塁、一打出れば逆転サヨナラの場面を作り出しますが、
丸が浅い外野フライ、岡本併殺打であえなくゲームセット。
最後まで希望を持てた展開は評価したいですが、
マリナーズ戦も含めて、終盤以降の失点が重なる継投陣には不安が募ります。

普通に、大江や戸根、坂本を起用した方がよいのではないでしょうか。

鍬原、吉川光、クックには不信感を抱いたオープン戦の印象でした。

では、また。

3月16日(土)対スワローズ@神宮球場

3月の屋外球場はデーゲームであっても寒いので当初は観戦予定はありませんでしたが、雨の予報が小雨になり、曇りになりと徐々に好転してきたため、球場に向かいました。全席自由席なので、どの程度の混み具合なのか見当もつきませんでしたが、
感覚としては内野は8割程度の埋まり具合、外野はライト側は7割程度、レフト側は2~3割といった印象でした。
自分の前後隣は、埋まっていましたので、身辺の観客密度は高かったように感じました。
試合中盤には陽もさして、薄い青空がのぞくことがありましたが、終盤にかけて雲が厚くなったように推移しました。一応、レインコートを用意していきましたが使うことはありませんでした。外套は着用したままでしたが、手袋を使うことはありませんでした。

試合は先発投手が高田投手ということで、昨年の高田投手のデビュー戦は現地観戦していましたが、初回の立ち上がりに4失点して躓いたので、同じ轍を踏むことのないように心配していましたが、味方が亀井の満塁弾などで1回表にノーアウトで5点も取ってくれたので、気分的には楽に投げられたのではないでしょうか。
それでも初回、3回に内野ゴロの間に1点づつ献上して3回2失点。
5回まで投げるのかと思ってましたが、交代になってました。

3回にビヤヌエバの2点タイムリーで7-1と大量リードになったので、
どう考えても勝ちだなと高を括っていたところ、
その後1点づつ返され、
9回裏に登板の桜井がパットせず、後を受けた吉川光も四球連発で、
一打出れば逆転サヨナラ負けという結果的にはギリギリの試合となりました。

7回表の坂本のソロHRが最後に効いたことになります。

ソフトバンク戦では散々だったクックが、無失点で1イニングを抑えたのは良かったかと思いました。

では、また。

3月2日(土)対スワローズ@東京ドーム

長かったシーズンオフ期間も終わりを告げて、
ようやく観戦シーズンが再び巡ってきました。
ファンフェスタ以来の久々の東京ドーム。

例年オープン戦は客の入りが今一つで外野席も上半分は空席気味。
3塁側はガラガラで、1塁側も上半分は空席気味。
自由席の4階席は比較的満席という感じでしたが、
今季からは、内野指定席をネット裏近傍に限定して、
それ以外は自由席にしたうえで、タダ券を大量に配布した影響もあってか、
個人的な印象ではシーズン中よりも満席であるかのように見えました。
公式発表では3万9千人とのことですが、1階席から見た限り(4階席は見えないので)では、4万6千規模の印象を受けました。

試合展開としては、菅野の3回完全投球。
丸の先制2ベース。
岡本の2点3ベースで3点リードして、余裕の展開。
3イニング投げた野上がソロ被弾して1点献上するも
ヤクルトファンのためにはいいのではという感じでしたが、
7回に登板した鍬原が2アウトから、同点2ラン、逆転ソロを浴びたあたりから、
心機一転、鍬原disリモード全開となりましたが、
9回裏の岡本の逆転サヨナラ2ランで、
全てが一掃されました。

結論として、岡本は今季も期待できそう。
鍬原は、課題満載ということが判明した今夜の試合だったかと思います。

オープン戦なので勝敗は関係ないのかも知れませんが、
逆転サヨナラはそうそうあることではないので、
上機嫌でドームを後にしました。

この調子を継続してもらいたいものです。

では、また。