首都圏5球場巨人戦観戦記

東京ドームを中心に現地観戦を通じて、見て聞いて感じたことを気ままに綴ります。

10月13日(土)対スワローズ@神宮球場

試合前の報道によると、初戦は小川vs今村なので、負け試合を覚悟。
菅野、メルセデスを起用する2、3戦目で勝負をかけるという論調でしたので、
負け試合を覚悟して球場に向かいました。
そうは言っても、個人的にはヤクルト的には勝って当然の初戦なので、
仮に今村で初戦を取ることができれば、2戦目は菅野なので、
ヤクルトは詰んでしまうのではないかと思いました。

気温は11月上旬並みということで上着が必要なレベルの寒さを感じましたが、
試合開始後は徐々にエキサイトしてきましたので、気になりませんでした。

初回に田中が四球出塁。盗塁で1死2塁の先制機をつくり、
マギーの2ベースで先制かと思いきや、何故か田中は3塁のまま。
ライトが捕球したと勘違いしたのでしょうか。
後続が断たれて無得点だったら怒り心頭でしたが、岡本が初球を犠牲フライにしてくれたため、最悪の事態は免れました。

2回裏に2死2塁から、次打者は小川なのに、中村に2ベースを許して、
あっさり同点に追いつかれた場面も、何を考えているのかと思いましたが、
次の回に坂本がレフトスタンドに勝ち越しソロHRを放ってくれたので、
疑念も霧消しました。

試合を通じて一時同点とはなったものの、一度もビハインドの展開とはなりませんでしたので、気分的にはゆったりと観戦できました。

この試合のハイライトは、5回裏2死2塁で山田を迎えて、
今村の後を継いだ上原が三振で切り抜けた場面と、
7回表のヒットで出塁の長野と打者・陽とのヒットエンドランで、
3点目を追加した場面かと思います。

シーズン中には見られなかった、由伸監督の
思い切った采配が功を奏した場面かと思います。

ポストシーズンは個人記録は関係ないので、
今村を5回投げ切らせる必要はないし、
抑えの山口の2イニング投球も元々体力があるので、
全然OKかと思います。

負けたら終わりなので、ラミレス監督ばりに
マシンガン継投をすればよいと思います。

明日は菅野なので、今夜とは逆に巨人としては勝って当然の試合となりますが、
3戦目までもつれるとヤクルトが息を吹き返しかねないので、
サクッと明日で決めてもらいたいですね。

では、また。

10月1日(月)対スワローズ@神宮球場

台風一過の好天で雨の不安もなく、日中は30度を越える暑さだったので、
ナイターでも寒さを感じることなく、快適な観戦ができるだろうと
事前の期待はありましたが、
結果的に自然環境は不都合はありませんでしたが、肝心の試合内容は何とも残念なものでした。

良かったことは、
坂本、阿部、亀井の3人のHRを見ることができたことです。
1試合3発ですので、相当に点数が入りそうなものですが、
いずれもソロであったことが残念でした。

一方のヤクルトもHR3発でしたが、
今季ここまで2本の大引というベテラン選手に
先制2ラン、ソロHRを被弾し、
先発・吉川光からスイッチしたアダメスが
雄平に3ランを5回裏に浴びた時点で実質試合終了でした。

吉川光については、前回登板のDeNA戦時にダメ出しさせていただきましたが、
今夜についてもダメでした。
負のオーラがまとわりついて勝ち運がないかと思われます。
来季以降については、球団職員、他球団移籍、中継ぎ起用のいずれかを検討してもらいたいものです。

アダメスについては、名前が悪すぎます。
アダメス=「アーッ、ダメッス」という音の響きなので、
縁起が悪すぎます。
前回の広島戦時の5失点、今夜の3失点で、
本当に「アーッ、ダメッス」という感じでした。

英語表記を読んだ限りでは、
「サミュエル」とか
「アダムス」でもいいのではないでしょうか。
来季は登録名=呼び方を変更して、再起を期待したいと思います。

阪神DeNAに大敗したため順位も入れ替わってしまいました。

ヤクルトに代理でDeNAを叩いてもらいたいと思います。

では、また。

9月30日(日)対カープ@東京ドーム

ホーム最終戦を逆転サヨナラ勝ちで締めることができました。

初回に先制して追いつかれ、
3回に2点追加して再びリードするも、
投手の大瀬良にヒットを許した直後に、
田中に2ランを浴びて再び追いつかれます。
畠の2イニング目となる8回に勝ち越しを許し、
9回の山口俊も追加点を奪われかねない場面でしたが、
辛うじて無失点でしのぐと、
9回裏に相手守護神・中崎に対して、
先頭の坂本ヒット、田中四球で無死1、2塁。
マギーの外野フライで1死1、3塁となり、
岡本が同点タイムリー。
試合途中からJR在来線は20時で運行終了とのアナウンスがありましたので、
延長までもつれると、試合後のセレモニーと杉内引退セレモニーが
かなり観客減になりかねないので、
何としても9回裏で決めて欲しいと願っていましたが、
阿部四球で1死満塁。
長野はフルカウントまで粘り、押し出しでもサヨナラの場面でしたが、
センター前に運んで試合終了。
苦手の広島相手に辛うじて一矢報いることができました。

大瀬良の最多勝を阻止して、相手・守護神を打って勝ったというのは、
勝っても負けてもどちらでもいい広島相手とはいえ、
それなりに大きな成果だったかと思います。

終戦で巨人の意地が垣間見られてよかったです。

試合後セレモニーでは、
由伸監督のあいさつ。
杉内セレモニーでは、あいさつと場内一周でイベント終了。
18時過ぎには、ドームを出ることができました。

台風接近という割には、雨も風も全然強くなかったように思います。
これから強くなるのかも知れませんが。

とりあえずDeNAが試合がありませんでしたので、
ゲーム差的には金曜と同じ0・5差を付けて、再び単独3位となりました。

残り3試合全て勝ち切ってもらいたいものです。

では、また。

9月29日(土)対カープ@東京ドーム

野球の質の高い広島に対して、野球の質が低い巨人ということを
再認識させられた試合でした。

既に優勝を決めているので勝っても負けてもどちらでもいい広島に対して、
CS出場を懸けて本気モードで立ち向かっているはずなのに、
抑えは中崎ではなく、一岡。
ピンチでも左打者に対してフランスアではなく、永川という、
どうぞ勝ってくださいと、ある種の舐められた状態でも勝てないという情けなさ。

選手個々の能力では、決して劣ることはなく、むしろ上回ってさえいるかと思いますが、選手起用、作戦面が拙劣なため試合では勝てません。

頭の中に方程式があって、局面が訪れたら、それに当てはめているように感じます。
試合の状況や、個々の選手の特性は度外視して、
右打者だから右投手、左打者になったから左投手という
人間が采配を振るっている意味がないです。

原監督だったら、5回表に先頭の田中をヒットで走者を出した時点で、
投手交代していたでしょう。
シーズン終盤なのだから先発に5イニング投げさせる必要はありません。
4回表に小林の盗塁阻止や亀井のバックホームのお陰で失点を免れていましたが、
先発・今村の状態がよくないのは、素人目にも明らかでした。

恐らく5回裏に打順が廻って来るから、5回表も行かせたのでしょうが、
菊池、丸に連続四球で無死満塁になってから、
アダメスにスイッチするのもどうかと思いました。
先月末のドームでの試合で、延長10回表にアダメスが4四球でノーヒットで決勝点を献上したことを忘れてしまったのでしょうか。
アダメスも回の頭からならまだしも、無死満塁というプレッシャーのかかる場面では、
本来の力を出し切れません。案の定、鈴木に押し出し四球で同点となり、
更に3連続タイムリーを浴びて、この回5失点。
ようやく左打者が出てきて中川に交代となりました。

とにかく由伸監督の采配は、後手、後手が多いです。
満塁のピンチになってから投手交代ではなくて、
投手交代するなら傷口が広がる前に手を打つべきです。
あるいは腹を括って、この回は今村に任せてしまうのもありかと思いました。

本気モードの広島ではありませんので、
攻撃は残り5イニングもあり、
多少のビハインドなら追いつく余地があると思われたためです。

実際、想定外の4点ビハインドとなりましたが、
それでも坂本の2ランや阿部のタイムリーで追いつくことができました。

そのような選手の踏ん張りも、拙劣な采配によって、
勝利に結びつけることが出来ません。
無能な首脳陣の下で、
頑張っている選手たちが不憫です。

そして、そのような試合を見せつけられている
多くのファンに対しても
失礼極まりないと思います。

就任の経緯はどうあれ、
3年契約の満了となる今季限りで、

選手のためにも、ファンのためにも
由伸監督には潔く退いていただきたいと思いました。

では、また。

9月28日(金)対ベイスターズ@東京ドーム

今夜負ければ実質今季終了という状態での試合でしたが、
9回裏の長野のサヨナラHRで辛うじて一命をとりとめました。

2回裏の無死2、3塁の大チャンスで無得点に終わった時は、
憤怒の情に満たされていましたが、
終わったことは仕方がないと努めて気持ちを切り替えて
試合を見守りました。

試合前の村田の挨拶で、物理的には泣いていませんが、
心理的には涙しましたので、
試合後の場内一周の際に、巨人が負けてしまうと、
スタンドに残るファンはレフトスタンドの半分と3塁側前方に限られることになり、
かなり気まずい事態になりかねないので、
何としても巨人に勝ってもらいたいと願っていましたが、
この試合、打席の登場曲を村田の曲にあやかった
日大・後輩の長野が土壇場でソロHRを放って、
何とか面目を保つことができました。

8回裏に岡本の守備妨害で得点機を逸した場面で、
珍しく由伸監督が審判に長時間の抗議を続けていたので、
勝利への執念が珍しく垣間見られたかと思いました。

今シーズン、基本は選手任せで勝っても負けてもどちらでもいいという
雰囲気だった由伸監督が、
何としても勝ちたいという姿勢を対外的に示した
珍しいケースだったかと思います。

その姿勢が伝わったのか、
結果的にサヨナラ勝ちとなりましたので、
クールな由伸監督もチームを鼓舞する姿勢を
残り少ない試合数ですが、せめて今後も示してもらいたいと思いました。

試合終了後は、村田の場内一周の後、
サードベース付近で、巨人、DeNAの両チームによる胴上げで、
いろいろあったしこりも、何となく解消されたかと思いました。

とりあえず3位に復帰しましたので、
残り試合も全部勝てるように、
頑張ってもらいたいものです。

では、また。

9月22日(土)対スワローズ@東京ドーム

久々に文句のつけようのない素晴らしい試合で、
試合後気分よく過ごすことができましたので、
ブログ更新が遅くなりました。

個人的には1回裏の長野の2点タイムリーで
3点リードとなった時点で、実質試合終了のように感じました。
1点リードではわかりませんでしたが、
菅野で3点差なら、ほぼ危なげなくリードを保ったまま
最後まで行けるのではと思えたからです。
実際、完封勝利となりました。

ゲレーロも4点目のタイムリーを放ち、
坂本も5点目となるソロHRが飛び出し、
岡本にもヒットが出れば完璧でしたが、
満足度100%に近いナイスゲームだったかと思います。

菅野には来週のドームでの試合にも
同様の好投を期待したいです。

では、また。

9月19日(水)対ベイスターズ@東京ドーム

3回表のロペスの3ランで実質試合終了という今シーズン・ワーストレベルの試合の一つでした。
同じ負けるにしても試合の緊張感を保って終盤まで至れば納得できますが、
序盤で試合終了というのは「金返せ!」のレベルです。

ルーキーでも打者に向かって投球したDeNA・東投手に対して、
2ストライクまで先に追い込んでも逃げの投球の吉川光投手の姿勢の違いが、
如実に反映された試合だったかと思います。

先日の阪神戦で澤村投手を精神異常認定させていただきましたが、
吉川光投手も同様に精神異常認定させていただきたいと思います。
4回表2死無走者から、捕手・伊藤にヒットを許し、
次打者・先頭打者HRを浴びた大和を迎えた場面で、
走者・伊藤はディレードスチールで12塁間まで飛び出たにも関わらず、
2塁への送球は遥か彼方センター方向に向かう大暴投。
自らのエラーでピンチを作りながら、次の投球で2ベースを浴びて
5失点目となり降板。
左投手でありながら、走者の動きが視野に入っていない視野狭窄の状態であることが
判明しました。
澤村投手と同様に、試合の流れがわかっていない自分のことだけで手一杯という
状態にあることが如実に示された事案かと思います。

このような精神異常系の投手を登板させているということ自体が、
監督・コーチ陣が相当に病んでいるということを推察させます。
伝統ある球団ということで、監督・コーチ陣を生え抜き系で揃えていることが
要因の一つかと思います。

歴史の浅い段階であれば、意思疎通が図りやすい等のメリットがあったかも知れませんが、歴史を積み重ねることによって、当初メリットであった純血主義が、
高度の近親相姦的状態に至り、真っ当な子孫を残せず、
異常者のみ輩出するような土壌になってしまっているのではないかと推察します。

FAをした有力選手に高額の金銭を支出して獲得しても、
素材は良くても、料理人の腕が異常なので、
真っ当な料理が出てこない状態になっているかと思います。

ヤクルトが広島からコーチを獲得して、最下位から2位に浮上したように、
選手ではなく、コーチ・スコアラー等のスタッフ部門に金をかけるべきです。

同じ投手に5戦5敗。スコアラーが無能なのか、スコアラーの分析を活かせない選手・コーチが無能なのかわかりませんが、東投手は、他球団には5敗しているのだから、
一方的にやられているというのは、チームとして異常です。

明日も小川投手なので、現状のチーム編成を考えれば、
対策を立てることなく一方的にやられるでしょう。

昭和時代に成功した成功体験を平成の時代が終わる現在に至っても、
引きずっているかのようなチーム戦略の立て方が、
最近の不甲斐ないチーム状態の要因かと思います。

最下位またはBクラスとなって、
来シーズンに向けて、監督・コーチ陣を外部の人材を取り入れて
一新してもらいたいと感じた今夜の試合でした。

では、また。