首都圏5球場巨人戦観戦記

東京ドームを中心に現地観戦を通じて、見て聞いて感じたことを気ままに綴ります。

対スワローズ

坂本、岡本、中田にHRが出て、久々の2桁安打7得点でも9連敗となった試合。

いわゆるルーズベルトゲームでしたが、終盤に逆転を許し連敗ストップとはなりませんでした。 連敗中は貧打がやり玉に挙がっていましたが、久しぶりの打線爆発7得点でもそんな試合に限って、投手陣が守りきれず白星は明日以降にお預けとなりました。 素人目…

継投8回ノー・ノーでも9回裏にサヨナラ負けを喫した試合。

CSを見据えて強力ヤクルト打線をいかに封じるかが課題ですので、2試合連続でのファースト捕球ミスによる決勝点献上は枝葉の要素かも知れません。 北村や若林など本来ファーストではない選手を臨時で守らせている以上、ミスが出るのは致し方ないかと思いま…

悪夢再び!疫病神・北村スタメンが攻守に大ブレーキとなり完封負けを喫した試合。

右のサイスニードなので吉川尚がセカンドで、若林ファーストかと思いましたが、何故か右の北村がファーストスタメン起用。 序盤のサイスニードは不安定で3イニング連続でチャンスを作りますが、得点できず。特に決定的だったのは無死1,2塁で大城に送りバ…

オープナー捕手・小林という発想を感じさせた試合。

マシンガン継投や、カウント途中からの投手交代、リーグで唯一の中5日先発起用の他にも、画期的な球界の新機軸としてオープナー捕手というコンセプトを導入しているのかと感じさせた試合でした。 大城がスタメン捕手だった際に、序盤で大量失点という試合が…

本気で試合をせずに引き分けた試合。

スタメン野手の打率に大きな違いがあったかと思います。ヤクルトは1~8番まで打てる可能性がある選手がスタメン起用されているところ、巨人は6番以降はほぼ打率1割台の選手をスタメン起用しているからです。 いわばハンディ付きで試合しているようなもの…

金曜夜の悪夢。5週連続で金曜は黒星が続く。

普通にはカード頭はエース級が投げるので勝てる可能性が高いはずなのですが、確かに高橋はチームの勝ち頭ではあるものの前半戦の貯金によるものであって、後半戦以降は怪しいです。先週は5回5失点。今夜も4回3失点とリードを許し、負けパターン継投陣が…

9回裏の土壇場で追いついて価値あるドロー

ビエイラの無失点記録が途切れて1点差で9回裏に。岡本が途中交代していましたので一発のある打者は少ない打順になっていましたが、先頭の吉川尚がヒットで出塁。岡本に代走で出た増田大が送って1死2塁。次打者・若林が初球を振り抜いて前進守備のセンタ…

サイクル未遂・吉川尚、地元での大活躍で2桁得点勝利!!

8回裏の最終打席で2ベースが出れば、先日のDeNAの牧選手に続いて達成でしたが、レフトフライに終わりました。金沢での北村選手もそうでしたが、地方球場での試合は地元選手がヒーローになる傾向にあるようです。 6回裏に4点差でダブルスコアになった時点…

対ヤクルト連敗ストップ!!中継ぎ5投手の無失点リレーもあり終盤に逆転勝利!!

9回に入って雨も強くなり1点差で先頭打者を四球で出塁を許すという、最悪のシナリオも頭によぎる展開でしたが、直球ではなくスライダーのみを投げるように切り替えてからはヤクルトの代打攻勢、川端・三振、坂口・一ゴロで辛うじて逃げ切り対ヤクルトの連…

疫病神・北村の連続捕球ミスにより1イニング9失点の惨敗となった試合

記録上は坂本と岡本のエラーになっていますが、普通のファーストなら捕球して当然のワンバウンド送球です。慣れない地方球場だからといってグラブに当てることくらいはできるでしょう。打者の走力を考えれば体を伸ばして捕球する必要がないのに、無理に伸ば…

2試合連続で大敗して前半戦終了。2ゲーム差の2位で後半戦へ

凡そ1ヵ月試合がありませんので、当面の見納めのためにドームに向かいました。9回まででしたが4時間超の長い試合。被安打12に加えて14四死球11失点でしたので守備時間が長くなったことと、巨人側も同じ12安打で6四球で7得点でしたので攻撃時間…

1試合7被弾で今季ワースト14失点を喫した試合。

前半戦残り2試合だから中継ぎ投手を惜しみなく投入できたはずですが、飛翔癖のある桜井が2番手で3イニングを投げたため3被弾5失点で、早々に実質試合終了となりました。 先発サンチェスの1イニング3被弾も酷かったですが、いずれもソロHRでしたので…

両チームHRのみの得点しかし岡本21号3ランが出て7連勝!

前日の雨予報は何だったのでしょうか。試合を通じて1滴も降りませんでした。雨具を用意して降雨コールドも覚悟して球場に向かいましたが杞憂に終わりました。 先頭打者の松原HRでいきなり先制!連日3回で勝負が決まっていましたので、今日も同様の展開に…

2桁得点で6連勝!!阪神とは3.5差に急接近!

先週の土曜以来負けナシの6連勝です。北村の3回表の3ランで実質試合終了でしたので、阪神-DeNA戦を並行視聴しました。 あちらは僅差の試合でしたので緊迫感がありました。 巨人は13安打で10得点でしたが、DeNAは同じ13安打でも3得点のみ…

岡本3ラン含む4打点の活躍で5連勝!!阪神と4.5差に!

1週間前は8ゲーム差でしたので、凡そ半分近くまで詰めました。単純計算で行くと来週は1ゲーム差になりますが、どうでしょうか。 神宮は売店の営業時間は20時までということでしたが、試合終了時間は20時4分でしたので実質最後まで営業していた感じで…

岡本、逆転サヨナラ3ラン!!!

勝ち試合に負けパを起用して当然に逆転された試合を、 4番の一発でチャラにしました。 素晴らしい。 ナイスゲームでした。

想定外が目白押し!菅野の緊急降板により3点リードからまさかの逆転負け

初回に坂本、ウィーラーの連続HR、3回裏にも無死満塁から岡本の犠牲フライで3点目。相手先発スアレスは早々に3回途中で降板ですので、よっぽどのことがない限り今夜は勝利確定。ハマスタの阪神戦の様子をチェックしようと思っていたのですが、好調の菅…

高橋投手開幕5連勝!チームも連勝で首位・阪神と1差に!!

打線は昨夜と同様に初回から4回まで連続イニング得点。前夜の展開がありますので少なくとも5点リードは必要かと思われましたが、5回裏に連続四球から走者を溜めてノーヒットで1点を失い3点差にまで迫られてしまいます。しかし6回表に丸がバックスクリ…

岡本100号達成!21安打14得点でも楽勝じゃなかった試合。

2021完全体の打線が実現しましたが、テームズが守備機会で自爆して交代。僅か3イニングで完全体は崩れました。 初回に3点、以降4回まで毎回得点ですので、流石に2021完全体の打線だと言いたいところですが、先発・畠含めて投手陣がザル状態で何度…

貴重な戦力!代打・廣岡の勝ち越し3ベースで終盤に逆転勝利!!

昨日は廣岡選手を揶揄するような記事を書いてしまい申し訳ありませんでした。スタメン起用ではありませんでしたが、廣岡選手が名誉挽回の活躍をしてくれました。今季2度目の公式戦現地観戦でしたが、脳天炸裂、テンション爆上げで、とても満足度の高い試合…

ご祝儀起用・廣岡の代打・若林による9回裏2死からの同点2ベースで引き分ける

最後の打者となった吉川尚に一打が出ていればサヨナラ勝利でしたが、今季ノーヒットの呪縛は強かったようです。フルカウントまで粘ったので次打者の梶谷につないで欲しかったですが、負けなかっただけ良かったです。 それにしても打てませんね。先週は阪神が…

ヤクルト小川投手に好投され無得点のまま試合終了

ヤクルトはDeNA戦で抑えの石山投手を3連投させていますので、9回の登板はない。実際、マクガフ投手でしたので、土壇場に勝機があるかと思いましたが、三者凡退で試合終了。 今季初めての零封負け。全く盛り上がらない試合でした。 青木、内川が不在なので…

オープン戦3連勝と秋広選手について

オープン戦は初戦こそ敗れたものの、その後は3連勝とチームは順調なようにも思えます。コロナ禍の影響で新外国人選手が来日困難な状況が続いているため、秋広選手がスタメン機会を得て、結果を出し続けています。 普通のシーズンだったら新外国人選手がスタ…

坂本2000安打達成!しかし逆転負け

坂本が第1打席で2ベースを放ち2000安打を達成。第2打席ではバックスクリーンに飛び込む2ランHR。第3打席では内野安打で猛打賞。第4打席は四球を選んで、7回の守備から交代となりました。 プロ初先発となる横川投手も5回1失点の好投。勝ち投手…

岡本2打席連続HR30、31号!!坂本も残り1本に!

上限3万4千人に緩和された初めての試合でしたが、実際の入場者数は26649人だった模様です。外野スタンドは昨年並みにほぼ満員。1階内野席もポール寄りエリアは埋まっているものの、ネット裏のシーズンシートエリアは緩和前と同じレベル。2階席も通路前方…

畠プロ初完封勝利!!

畠投手が、ヤクルト打線を相手に被安打3与四球2でのプロ初の完封勝利を挙げました。巨人もヒット4本でしたので試合展開も早く2時間半で試合終了となりました。 この日久し振りに1軍復帰の陽が2打席連続で三振の後、左手に死球を受けて交代。巨人に移籍…

菅野もチームも連敗ストップ!岡本3ラン、丸・岸田ソロHR含む15安打で快勝!!

9回表にデラロサがピンチを招き緊急登板の田口が切り抜けて勝利したのが先週の金曜の夜。その間に5連敗があり、リーグ優勝があったため遥か昔のことのようにも思えますが、8日間の間に目まぐるしく諸々ありました。 10月の不調は菅野の開幕連勝記録が止…

熱狂なきニューノーマルな優勝決定試合

9回裏2死満塁からのサヨナラ勝利なら劇的な試合でしたが、延長の末、引分け。しかもDeNA-阪神の引き分けが先に決まったため、10回表終了時点で、優勝が決定するというなんとも微妙な優勝決定試合となりました。 勝利が決まってマウンドに選手が駆け…

岡本の2冠復帰弾で底を脱した感のある試合

前夜はヤクルトのこれしかない勝ち方(=勝ちパターン継投での逃げ切り)にやられてしまいましたが、逆にいえば中盤までにリードを確保すれば負けパターン投手しか出てこないので、序盤、中盤までに如何にリードするかがポイントとなります。 この試合は、そ…

V引延し作戦継続中~ヤクルトさんへの感謝の試合

前夜は1塁側に空席が目立ちましたが、この試合は防寒に役立つボアパーカープレゼント試合ということもあり、見た目には満席のように見えました。 試合内容としては、石川投手に今季2勝目を献上し、相手4番・村上選手に逆転2ランを献上した上に、打点王で…