首都圏5球場巨人戦観戦記

東京ドームを中心に現地観戦を通じて、見て聞いて感じたことを気ままに綴ります。

2階席

坂本、岡本、中田にHRが出て、久々の2桁安打7得点でも9連敗となった試合。

いわゆるルーズベルトゲームでしたが、終盤に逆転を許し連敗ストップとはなりませんでした。 連敗中は貧打がやり玉に挙がっていましたが、久しぶりの打線爆発7得点でもそんな試合に限って、投手陣が守りきれず白星は明日以降にお預けとなりました。 素人目…

3試合連続1得点で7連敗&V逸確定となった試合。

5回表無死1,3塁の場面で先発・メルセデスから田中豊にスイッチ。どう考えても失点の場面で大量失点なら実質試合終了でしたが、まさかの火消しで無失点。2点ビハインドで中盤以降に進んでいきましたが、6回裏には丸タイムリーで1点返してからの二死満…

オープナー捕手・小林という発想を感じさせた試合。

マシンガン継投や、カウント途中からの投手交代、リーグで唯一の中5日先発起用の他にも、画期的な球界の新機軸としてオープナー捕手というコンセプトを導入しているのかと感じさせた試合でした。 大城がスタメン捕手だった際に、序盤で大量失点という試合が…

逆転サヨナラ勝ち寸前で引き分けた試合。

5回表、宮崎に先制ソロHRを許した後で、1死1、3塁で投手の今永に四球を与えた場面が決定的だったかと思います。普通に考えれば2アウトで、次打者・神里を三振に仕留めていますので1失点でチェンジだったはずです。しかし2死満塁となり佐野に2点2ベー…

異常から平常に近づいて連敗ストップとなった試合。

緊急事態宣言が解除されて、ドーム売店でも4月中旬以来でのアルコール販売が再開されました。ノンアル販売は続いていましたが、やはり紛い物感は否めず、釈然としない感を持ちながら球場観戦が続いていましたが、ようやく本日において2019年レベルに近…

土壇場で勝ち切れず痛恨(?)の引き分けとなった試合。

3点ビハインドから岡本がバックスクリーンへの同点3ランを放ち、丸に久々の勝ち越し2ランが出て打者一巡の猛攻で一挙5点。吉川2ベースから坂本のタイムリーが出て中盤で3点リードを付けた試合。 これだけ主力が活躍した試合なので普通には勝てる試合で…

本気で試合をせずに引き分けた試合。

スタメン野手の打率に大きな違いがあったかと思います。ヤクルトは1~8番まで打てる可能性がある選手がスタメン起用されているところ、巨人は6番以降はほぼ打率1割台の選手をスタメン起用しているからです。 いわばハンディ付きで試合しているようなもの…

新戦力&主力サカ・オカの活躍で9回裏3得点逆転サヨナラ勝利!!!

喜怒哀楽の情動が試合中何度も目まぐるしく巡った試合でした。 「怒」は、先発・戸郷の2試合連続初回3失点です。試合開始でいきなり負けムードが漂い重苦しい気分になりました。 「哀」は、代打・丸の空振り三振です。素人目に見ても力ないスイング。この…

憑き物を振り落とした感のある9回2死からの3点差同点劇!

試合時間3時間43分の長い試合でしたが見ごたえ十分な濃厚な試合でした。試合が長引いたために試合後の3Dプロジェクションマッピングとドローンを活用したDeNA10周年イベントは中止となり、ベイファンにとっては二重の意味で散々な試合だったようです…

リハビリ&接待目的で戦略的に白星献上した試合。

5回裏1死満塁で岡本の打席までは試合の緊張感が持続しましたが、昨夜の勝利の立役者が今夜はブレーキとなってしまいました。九里投手は3連続四球で制球が定まらない感じでしたので、外野フライが狙える高めのボールまで待っていても良いように思えました…

巨人・中田初登場するも奇襲継投が失敗して流れを失い連日の大敗となった試合。

この試合はほぼ6回裏と7回表に集約できるかと思います。亀井のこの日3安打猛打賞となる同点タイムリーで追いついてなお、1死1,2塁。大城に代えて、巨人選手として初打席となる中田。貫禄十分でストレートの四球で満塁。不振でスタメン落ちしていたウ…

先発・戸郷の勝利目前乱調が気になるものの後半戦3連勝!!!

5回1アウトまでパーフェクト投球をしていた戸郷でしたが、福留にこの試合初被安打となる2ベースを許すと、次打者・高橋周平の1ゴロ風の2ベースで1失点。7番、8番は打率0割の打者が続くのだから、簡単に切り抜けて勝利投手の権利を手中に収めて高橋…

岡本、丸に一発!3安打でも3得点で連敗ストップ!

日曜の試合は14安打でも2得点で敗戦でしたが、やはり一発の力は大きいです。3安打でも3得点で勝利し連敗をストップさせることができました。 攻撃側の見せ場はほぼありませんでしたが、試合を通じて防戦一方でありながらピンチを切り抜けるという見せ場…

14安打で2得点のみ今季初黒星をDeNAに喫した試合

試合開始前から最後まで中断にはならない程度の小雨・霧雨が降り続く中での試合でした。快適なドーム環境とは異なり悪コンディション下の試合だったためか、打線の噛み合わせがいつもとは異なり、再三の得点機にも関わらず、14安打を放ちながらも得点はス…

山口俊、8回被安打1失点1でも負け投手 チームの連勝もストップ

8回投げ終えて1失点なら普通なら勝利投手かと思います。先週の山口俊登板時にはベイ今永投手相手に丸選手がHR2発含む活躍で勝利に貢献してくれましたが、今夜に関しては丸選手がブレーキになってしまったかと思いました。 初回にラッキーな内野安打2つ…

両チームHRのみの得点しかし岡本21号3ランが出て7連勝!

前日の雨予報は何だったのでしょうか。試合を通じて1滴も降りませんでした。雨具を用意して降雨コールドも覚悟して球場に向かいましたが杞憂に終わりました。 先頭打者の松原HRでいきなり先制!連日3回で勝負が決まっていましたので、今日も同様の展開に…

岡本3ラン含む4打点の活躍で5連勝!!阪神と4.5差に!

1週間前は8ゲーム差でしたので、凡そ半分近くまで詰めました。単純計算で行くと来週は1ゲーム差になりますが、どうでしょうか。 神宮は売店の営業時間は20時までということでしたが、試合終了時間は20時4分でしたので実質最後まで営業していた感じで…

途中降板するもメルセデス好投!終盤は久々の楽勝展開で3連勝!!!

結果的には大量リードの試合となりましたが7回表まではどう転ぶか分からない試合でした。先発・メルセデスが付け入る余地のないピッチングで、連投の続く中継ぎ陣の負担を軽減してくれそうな期待感を醸し出していましたが、6回表2死でアクシデント発生で…

内海への忖度(?)抑え捕手・小林でも逃げ切れずカード2度目のドロー

一時は4点リードありましたが、またも9回表に2点リードを守り切れず引分け。2死1塁からの2失点ですので想定外の展開でした。個人的には森を歩かせても、栗山が調子悪そうでしたので打ち取れると見込んでいましたが、早めに追い込んでも決めきれません…

17安打9得点の快勝で交流戦は白星スタート!!

結果的には5点差を付けて快勝となりましたが、中盤までは怪しい試合展開でした。先発・戸郷は3イニングを9人で抑えるピッチングでしたが、打線は相手先発・岸に対して3イニングで8安打放つも、得点はスモークのソロHRとタイムリーのみの2点。非効率な…

伝統の一戦2000試合目の記念試合は濃厚味な勝利!!

昨夜の試合がアッサリ味でしたので、その反動か今夜の試合は濃厚味な試合でした。観客数は14957人と緊急事態宣言で上限5千人のところ、その3倍規模の集客でした。見た感じではスタンドの6割が埋まっている感覚。阪神のチャンス時にカンフーバットが…

勝ったけど今一つ盛り上がりに欠けた試合。

2-1で勝利しましたが、大城の2ランのみによる得点。失点も鈴木誠也のソロのみ。投手戦だったのかも知れませんが、試合時間も2時間34分と普通よりも短く、今一つ盛り上がりに欠けるまま試合終了を迎えました。 同じ1点差でも一昨日の阪神戦はどうなる…

岡本の2打席連続HRで同点に追いつき逆転勝利!阪神の連勝を止める!!

1回表に近本とマルテにソロHRを浴びて早々に2失点となった際には、大城のリードが読まれているという噂がありましたので心底、大城をdisりたいムードになりましたが、2回裏に先頭の岡本が一発目のソロHRを放ち1点差となり、4回裏に2発目を同じ…

2夜連続実質3回裏で試合終了。今季初3タテ4連勝!!!!

3番・梶谷が4安打を放ちましたが、続く4番・岡本が4タコでしたので、思いの外、得点は伸びませんでした。それでも3回裏終了時点で前夜と同じく5得点。4点リードでしたので残り6イニングで中日打線の現状を鑑みて、5失点は考え難いのでほぼ試合の趨…

貴重な戦力!代打・廣岡の勝ち越し3ベースで終盤に逆転勝利!!

昨日は廣岡選手を揶揄するような記事を書いてしまい申し訳ありませんでした。スタメン起用ではありませんでしたが、廣岡選手が名誉挽回の活躍をしてくれました。今季2度目の公式戦現地観戦でしたが、脳天炸裂、テンション爆上げで、とても満足度の高い試合…

岡本2打席連続HR30、31号!!坂本も残り1本に!

上限3万4千人に緩和された初めての試合でしたが、実際の入場者数は26649人だった模様です。外野スタンドは昨年並みにほぼ満員。1階内野席もポール寄りエリアは埋まっているものの、ネット裏のシーズンシートエリアは緩和前と同じレベル。2階席も通路前方…

菅野もチームも連敗ストップ!岡本3ラン、丸・岸田ソロHR含む15安打で快勝!!

9回表にデラロサがピンチを招き緊急登板の田口が切り抜けて勝利したのが先週の金曜の夜。その間に5連敗があり、リーグ優勝があったため遥か昔のことのようにも思えますが、8日間の間に目まぐるしく諸々ありました。 10月の不調は菅野の開幕連勝記録が止…

ノーモア・デラロサ 当面の抑えは田口(?)

阪神マルテの1イニング3エラーを含む4エラー。チームとして5エラーも献上してくれた試合。好投手・西から5得点を奪って5回KOしたにもかかわらず、まさかの逆転負けを喰らいそうな場面にまで至りました。 先発・今村が7回まで1失点の好投も、8回で…

岡本の2冠復帰弾で底を脱した感のある試合

前夜はヤクルトのこれしかない勝ち方(=勝ちパターン継投での逃げ切り)にやられてしまいましたが、逆にいえば中盤までにリードを確保すれば負けパターン投手しか出てこないので、序盤、中盤までに如何にリードするかがポイントとなります。 この試合は、そ…

3塁側が密 1塁側が疎だった試合 M7足踏み

ヤクルトのホームゲームでしたが、ホーム側のスタンドがかなり空いているように見えました。秋風の吹く季節ということ、順位がほぼ確定しているということ、声を出しての応援は出来ないこと等もあって、余り観戦気分が高まらないのかも知れません。 一方、ビ…