首都圏5球場巨人戦観戦記

東京ドームを中心に現地観戦を通じて、見て聞いて感じたことを気ままに綴ります。

横浜スタジアム

菅野10勝、大勢新人最多タイ37セーブでシーズン最終戦は白星を挙げた試合。

10月のデーゲームでしたが、日差しが強く辛かったです。試合途中から3塁側は日陰になったので一息つきましたが、1塁側は最後までなので、ベイファンのデーゲーム観戦は苦行なのではないでしょうか。6月の神宮デーゲームも辛かったですが、屋外球場のデ…

邪な球団の後塵を拝した2022シーズン。

コロナ禍でここ数年は異常でした。異常な年には邪な球団が幅を利かすものです。 異常なので邪道が通る。 来年以降、通常の年になれば正道が通ることでしょう。 来年3月までしばらく冬眠いたします。 では、また。

雨予報だったが雨が降らなかった試合。

天気予報サイトはアクセス数を稼ぐために、敢えて雨予報を出して、人々の不安心理を煽って広告収入を得ているとのことです。雨予報を真に受けてレインコートを用意していきましたが、全くの無駄になりました。 元々残り6試合で4勝2敗でOKですので、本日…

ベイの必死さを感じさせられたがキッチリ勝ち切った試合。

1点ビハインドとはいえ、入江、伊勢、山崎の勝ちパターン継投を投入した三浦監督に、勝利への執念を感じさせられました。一方の巨人も無死1、2塁で、4番・中田に送りバントをさせるくらいでしたので、原監督の執念も感じられました。中田に送らせて作っ…

3点リードが、4点ビハインドになった試合。

序盤で3点リードした時点では、3-0か3-1くらいで勝利かなと見込んでいましたが、5回裏にそれまでノーヒット・ピッチングをしていた先発・メルセデスがポランコの拙い守備もあり一挙にリードを吐き出すと、両軍共に継投勝負となりましたが、継投勝負…

拙守連発の不条理を乗り越えた試合。

先頭打者の桑原のレフトフライをウォーカーと中山の落球で2ベースにして先制点を許すという最悪レベルの出だしでしたが、試合を通じて失点はその1点のみ。ポランコ、廣岡、中山の拙守で走者を許すものの、そこはエース菅野の懐の深さでそれ以上の失点は許…

無抵抗なベイ相手に7点リードでも大勢を投入した試合。

前夜に続いてワンサイドゲームでした。前夜は2軍落ちの直江を投入して2失点してベイファンへの盛り上がり機会を提供しましたが、今夜は1週間登板機会のない大勢を投入して、ほぼほぼ盛り上がり機会を一切提供することなく試合を終えました。 初回の岡本2…

久々の勝利で連敗ストップ!!CSクリンチは1.0へ!

昨夜は雨が降って寒い試合でしたが、今夜は風が強くて寒い試合でした。CSの球場はどちらも屋外球場ですので相当に厳しい観戦環境が予想されます。通常ならば10月開催なので耐えられそうですが、今年は例外的に11月開催ですので、一段と強いレベルの防…

雨の中のドローでCSクリンチ2.0へ

天気予報が夕方から雨予報でしたので、防寒・防雨グッズを揃えて球場に向かいましたので、観戦自体には支障はありませんでした。 中盤までは天候も持ちこたえていましたが終盤以降は比較的雨量も増えてきたため、8回裏、9回裏のピンチはつらい状況でした。…

憑き物を振り落とした感のある9回2死からの3点差同点劇!

試合時間3時間43分の長い試合でしたが見ごたえ十分な濃厚な試合でした。試合が長引いたために試合後の3Dプロジェクションマッピングとドローンを活用したDeNA10周年イベントは中止となり、ベイファンにとっては二重の意味で散々な試合だったようです…

連日の土壇場にドラマ!9回2死から岡本の同点2ランで引き分ける。

本来であれば緊急事態宣言は解除になっていたはずでしたのでチケットを手配していましたが、延長により緊急事態宣言継続状態での観戦となりました。 観客数は7469人とのことでしたが、体感的にはベイファン6千人。巨人ファン1469人という感じでした…

菅野完封勝利!打線も19安打7得点で5連勝!!!!!

ソト、オースティンが並ぶ打線なので一発攻勢をくらうかもしれないと懸念しておりましたが、全くの杞憂でした。先週は初回に菊池、鈴木の一発を浴びて敗戦投手となった菅野でしたが、この試合、先頭の桑原にヒットを許すも、次打者の牧が初球併殺打を打って…

V引延し作戦継続中~ウレーニャ・スタメン起用で2三振後即交代

試合開始前のグラウンドでその日のスタメン選手が軽く体を動かし、キャッチボール等をしていましたが、松原や吉川尚の姿はなく、見慣れない背番号の選手がいるなと思ったらこの日1軍登録されたウレーニャでした。阿部2軍監督の贔屓を受けて一度1軍に昇格…

接戦を無に帰する桜井俊貴の破壊力

ここ数年のハマスタは3塁側でもベイファンの姿が多く、体感的には7~8割がベイファンという印象でしたが、この試合に限っては、実質的消化試合という背景もあったためか、3塁側については6~7割が巨人ファンで占められていたようにも見えました。5、…

DeNA的にはベストゲームだった試合(?)

今季2度目のハマスタ観戦でしたが、前回に引き続き先発は今村。6回無失点と結果だけ見れば好投と呼べるのかも知れませんが、いつ決壊してもおかしくないピンチは何度かありベイ打線の拙攻に救われた形だったかと思います。 一方、巨人側も拙攻続きで得点機…

パーラ大ブレーキで3連敗となるも阪神敗れてM34

7回表1死満塁でのパーラ併殺打が勝負を分けたポイントかと思いました。個人的には代打・亀井でしたが、今日の勝ちというよりも今後のパーラの復調に賭けて、そのまま打席に立たせたのでしょうが大きく裏目に出ました。 直後に桜井が登板した時点でベンチと…

9月20日(金)対ベイスターズ@横浜スタジアム

9回終了で4時間超の試合でしたが、前回生観戦時の16日阪神戦と比して、内容のある試合でした。 初回、坂本の先制2ランでリードを奪ったものの、直後の1回裏に同点に追いつかれたときには、7点ビハインドを跳ねのけた、前夜の勢いがまだ続いているのだ…

9月11日(水)対ベイスターズ@横浜スタジアム

3連戦の初戦を取っているので、負けても特に痛くない試合でしたが、DeNAの連敗ストップに貢献した試合となりました。DeNAには2位となって初のCS開催をしてもらい、3位には阪神か中日が出場して、広島にはBクラスに甘んじてもらうというのが、…

9月10日(火)対ベイスターズ@横浜スタジアム

先発・今永でしたので、当初から負けは織り込み済。3連戦の内で1勝できれば十分という感じで試合を迎えましたが、まさかの初戦で勝利してしまいました。空気を読まない岡本の2打席連発となる逆転2ラン、ダメ押しソロで、マジック9を点灯することができ…

8月3日(土)対ベイスターズ@横浜スタジアム

5点ビハインドから無抵抗なまま試合終了すれば、怒り心頭でしたが、久々の岡本の3ランと、勝ちパターン継投のパットンから2点を挙げて、同点劇を演出したことで十分に満足できました。 リードされるとシュンとして淡々と試合を終えるということで由伸監督…

5月6日(月)対ベイスターズ@横浜スタジアム

GW10連休の締めにハマスタまで遠征してきました。前回の遠征時は、試合内容と共に気温も低く寒い・ツライ思い出しかありませんでしたが、今夜の試合は昨季苦杯を舐めさせ続けられた東が先発。故障上がりということで立ち上がりがポイントと思っていまし…

4月6日(土)対ベイスターズ@横浜スタジアム

試合序盤は気温も高くて試合的にも巨人側が押せ押せでしたが、16時半過ぎには、スタンドは一部日陰となり、試合内容と相俟って、寒くて仕方ないツライ試合となりました。 結果的には、DeNAファン感謝デーのような試合だったかと思います。7回裏に筒香の一…

9月15日(土)対ベイスターズ@横浜スタジアム

雨の影響で試合開始時間が30分ほど遅くなりました。しかし、淡々とした攻撃でチームを通じてわずか3安打1得点。四死球ゼロという攻撃でしたので、予定通り開始して、それなりに攻撃した場合と同程度の時間で試合終了となりました。 この試合で印象に残っ…

8月22日(水)対ベイスターズ@横浜スタジアム

筒香の2ランが両チーム通じて唯一の得点シーンで、そのまま終わった試合でした。 初回1死3塁の絶好の先制機でマギー、岡本が連続三振で終わったところが痛かったです。岡本はその後の2打席も三振で、井納とは相性が悪かったようです。 8回表は井納が降…

8月21日(火)対ベイスターズ@横浜スタジアム

当初観戦予定は全くありませんでしたが、諸般の事情により、急遽観戦することになり、そのため、過去ハマスタでの巨人戦では、一度もなかったホーム側となる1塁側内野席で観戦することになりました。最近のハマスタのチケットは入手困難で加えてホーム側で…

5月6日(日)対ベイスターズ@横浜スタジアム

当初予定では3連戦の初戦の4日に観戦予定でしたが、チケットが発売当初から完売状態であったため3戦目の本日が現地観戦日となりました。GW連休の影響もあったのかもしれませんが、スタンドは330度がベイファンという感じでした。比較的レフトポール…

4月19日(木)対ベイスターズ@横浜スタジアム

昨シーズンは横浜スタジアムは4度観戦して、3勝1分と一度も負けナシの球場で、比較的好印象を抱いていました。今季初めて訪れましたが、2020五輪会場の準備ということで座席増築のために工事の囲いが何か所かに見られました。また、安全対策強化とい…

9月2日(土)対ベイスターズ@横浜スタジアム

試合開始前の企画として「筒香選手から空振りを奪ってプロポーズする」という 出し物があり、バラエティ番組の一種のようなものなのかも知れませんが、 CS圏内に留まるか否かが懸かる緊迫した試合開始直前に、 このような企画を実施するベイスターズは随分…

7月21日(金)対ベイスターズ@横浜スタジアム

当ブログの昨年の記事にもありますが、後半戦に突入後の最初の横浜スタジアムの試合は2年連続で延長12回までもつれました。 昨年は筒香にサヨナラHRを浴びて、打ちひしがれて帰路につきましたが、 この試合は、3-3の引き分けでしたので、敵地で引き…

5月19日(金)対ベイスターズ@横浜スタジアム

先制し、逆転されても追いつき、突き放して勝利するという最近の巨人の戦い方としては珍しい試合を堪能することができました。 大量リードしてそのまま逃げ切るか、リードされてそのまま負けるという淡泊・単線的な試合展開が多かったので、広島・阪神のよう…