首都圏5球場巨人戦観戦記

東京ドームを中心に現地観戦を通じて、見て聞いて感じたことを気ままに綴ります。

対ベイスターズ

丸ダメ押し2ランにより久々の4点差勝利となった試合。

7回表終了時点では2点リードでしたが、代打・丸のダメ押し2ランにより4点差となり、終盤を安心して見届けることができました。坂本の先制タイムリー、吉川尚の2点目タイムリー、そして丸のダメ押し2ランと、最近の活躍が今一つだった中堅以上の選手が…

岸田捕手の攻守に渡る活躍により首位・再浮上できた試合。

得点は岸田捕手の2ランのみでしたが、失点は1点のみでしたので、結果的に勝利となりました。 先発・山﨑投手は好投でしたが、4回裏のバントエンドランのサイン見落としが響いたのか、直後の5回表に失点してしまいました。山﨑投手の好守備で併殺にして後…

理想的勝利の裏で不適格選手の入れ替えについて

5回裏1死満塁の大ピンチで登板した堀田投手が、牧選手をサードゴロ併殺打に仕留めて2年ぶりの勝利投手になりました。 1番・丸、2番・佐々木が共に猛打賞の活躍で2人で5打点。3番・吉川尚もタイムリーを放って上位3人で6点を挙げました。 一方で坂…

抑え捕手・小林が功を奏した試合。

当ブログでは数年前から抑え捕手の起用を推奨しておりましたが、前夜の悪夢を反省してかようやく実施の運びとなりました。 2点リードが1点リードとなったのは想定外でしたが、目的はリードを保って勝利することなのでその目的は達成できました。 横川投手…

チーム防御率を悪化させる似非正捕手クオリティが十全に発揮された試合。

12球団一のチーム防御率を誇っていた巨人軍でしたが、久々のスタメン起用となった似非正捕手が、今季チーム最多失点となる7失点の汚点を残し、これまで無失点記録を続けてきた西舘に初失点を記録させ、ひたちなかで活躍した高梨にグラスラ被弾をさせ、戸…

ベイ林選手のアシストを活かして連敗ストップできた試合。

先発・高橋礼投手は6イニング無失点。中川投手は三者連続三振。8回の西舘投手も三者凡退とスイスイと来ましたが、土壇場の9回に抑えの大勢投手が2死満塁のピンチを作り、代打・宮崎選手で一発で逆転されうるというシーンを迎えましたが、初球セカンドゴ…

負け組・ア〇面投手の登板により試合中盤で負け確定した試合。

いつも鼻水を垂らしていそうな負け組・ア〇面投手が同点の2死満塁で登板して、二者連続押し出し四球の上に、あわや三者連続になりかけたところでマウンドから姿を消してくれました。日曜日の阪神戦でもダメのダメ押しをしてくれましたが、即座に菊地大稀投…

3度の併殺打 繋ぎの意識を欠いたお粗末打線で逆転負けを喫した試合。

先頭打者の出塁がベイは5度。巨人は4度。得点につなげたイニングはベイが2度。巨人が1度。共に1得点ずつでしたので、そのまま試合結果となりました。 アウトになっても走者を進めるという意識が欠片もみられず、ただ打っているだけ。ヒットがでれば得点…

終わりと始まり-来季への希望を感じさせた今季最終試合。

賞味期限切れ監督が辞任してくれたのは良かったです。投手陣再建のために投手出身監督=工藤監督、桑田監督を希望していましたが、既定路線で阿部監督となりました。捕手出身なので多少は投手のことを配慮できることを期待するしかありません。 原路線の踏襲…

2試合連続0-1負けに天の声が聴こえてきた感のあった試合。

普通にやっていればどちらも巨人の勝利の試合でした。であるにもかかわらず2試合連続で0-1で負けたというのは、通常ではない力が作用したからだと解する他はありません。 ベイの得点は昨夜は8番打者のポテン打球のタイムリー今夜は普通にはファール打球…

ハマスタ・ブリンソンを起用せずに負けた試合。

問題児B選手を1軍昇格させたのは、中田負傷もありますが、相性の良いハマスタ3連戦を見据えてのことだったのではないでしょうか。 右の大貫投手相手だったのでスタメン起用は無かったにしても代打起用場面は少なくとも2回はあったかと思います。 7回裏…

真のエース・戸郷がエース対決を制して完封勝利を挙げた試合。

満足度130%の素晴らしい試合でした。MAZDA並みのカルト球場と化しているハマスタは3塁側でもDeNAユニ着用ファンが多いです。そのような環境でもものともせず真のエース・戸郷は完封勝利を成し遂げました。 加えて2ラン&3ランで一人で5打点のミ…

3カード連続3戦目のみ勝利で、またも一矢報いた試合。

先発する度にリードを吐き出す「ぬるま湯」井上温水の先発試合でしたが、3点リードの2回に1死も取れずに満塁被弾含む6失点。序盤で早々に試合を壊しかけましたが、丸選手の4安打、決勝タイムリー含む3安打の門脇選手等の活躍および無失点継投を貫いた…

続・再生不能な廃品投手により終盤で破壊された試合。

連夜の終盤での大量失点。8回裏には内野手のK選手が登板する醜態振り。3タテを喰らうと自力CSも消滅するとのことです。 では、また。

再生不能な廃品投手により終盤で破壊された試合。

3連覇しそうなチームは選手の見極めが確かです。一方で賞味期限切れ監督に率いられるチームは、他球団で見切られた選手を有り難く頂戴して重用し、本来活用すべき選手を他球団に放出してしまいます。 高齢者の家屋はゴミ屋敷と称されることも多いですが、価…

実質1回裏で試合終了したストレスフリーだった試合。

またしてもB選手が活躍して初回満塁弾で試合を初回で決着してくれました。以降の8イニングは確定した結果を確認するためのような展開でした。B選手は対ベイ戦においては貴重な戦力ですが、対他の球団に対してはお荷物扱いかと思います。 今後、ベイ戦にお…

山崎伊好投&B選手の大活躍により連敗ストップできた試合。

本拠地連敗が4でようやくストップしました。お盆休みで連日盛況なのに試合内容は残念なものでしたので、ようやく満足してスタンドを後にされた方も多かったのではないかと思います。 B選手の先制2点タイムリー2ベースは大変効果的でしたが、前進守備だか…

チームスローガンは「GIANTS SHAME」に変更すべきと感じさせた試合。

試合開始前の映像では「GIANTS PRIDE」とデカデカと映し出されますが、実態にそぐわない。むしろ実力が劣るのに変にプライドが邪魔をして益々窮地に陥っている。そんな印象を受けました。 先発・横川投手が8回1失点の好投をして、ルーキー浅野選手がプロ初…

後半戦連勝スタートで5割復帰できた試合。

メンデス投手の7回無失点の好投が光りました。加えて吉川尚、秋広選手の連日の一発も効果的でした。更に大城選手のタイムリーでHR以外でも得点を挙げることができました。 本拠地5連敗とはベイさんも相当に低調のようです。前半戦はハマスタでは負けない…

秋広様の決勝2ランにより全てが好転した試合。

今夜も4得点は全てHRによるものでした。3回表に無死1、2塁の好機をつくりながら、秋広の犠打失敗からの連続凡退で1点も入らなかったことで相変わらずの得点能力の無さに憤慨していましたが、犠打失敗の汚名返上の秋広の決勝2ランで試合に決着をつけ…

佐渡島Dayが裏目に出た試合。

延長12回表には佐渡島・出身の菊地投手がマウンドに登りましたが、1死後に悲劇が待ち構えていました。失点しなければ最悪でも引分け。負けはないという場面で、不幸にも牧の放った打球はレフトスタンドへ。四球で歩かせても以降の打者は大して打てないの…

久々のワンサイド勝利で浅野プロ初出場が記録できた試合。

先発・菅野が7回無四球無失点の好投が最大の勝因かと思いますが、吉川尚の2点タイムリーも効果的でした。無死2,3塁の大チャンスに、大城、中田が揃って初球を打って凡退。無得点なら流れが相手に行きかけるところでしたが、ショートの頭を越えるタイム…

チームを蝕む害虫のスタメン起用により当然の如く敗れた試合。

先ずもって 害虫とは駆除すべき対象であって、育成の対象ではない。という原理・原則を確認すべきです。今永という相手先発が左投手という理由でスタメン起用されましたが2打席連続三振。7回裏1死2,3塁という絶好のチャンスで左対策でスタメン起用され…

3連戦での勝ち越しを目指し達成したチームの戦略性が感じられた試合。

DeNA3連戦で2勝1敗。敢えて(?)ダメ投手を初戦に先発させ勝ちパとは言い難い投手に3イニングづつ投げさせて勝ちパを温存。2戦目はエースの戸郷で完封勝利で中継ぎを起用せず、3戦目は先発を4回で降ろしてビハインドでも勝ちパを投入。狙い通りに(…

エースと4番の活躍で1-0完封勝利!解説も試合内容も高品質だった試合。

NHKBS1での中継で見ていましたが、藤川の解説も試合内容も共に高品質でした。8イニング中7度も先頭打者が出塁しているのだから普通にやれば追加点を重ねて、もっと楽な展開になってもいいはずでしたが、結果的には追加点は無関係でしたので、最小得…

甘え体質・覇気無き赤星優志の不甲斐ない投球により序盤で試合の趨勢が決した試合。

9回裏に岡本ソロHRと秋広2ランが飛び出したので観戦体験としては満足ですが、試合展開としてはワンサイドゲームでハラハラドキドキ感のない興の薄い試合でした。 その要因は先発機会を与えられながらも気の抜けた投球をした赤星投手です。初回の失点は岡…

妥当なスタメン起用により当然に勝利した試合。

左の先発・東投手だからといってセカンド廣岡を起用するのではと不安視していましたが杞憂でした。巨人の今季のここまでの低迷を招いた要因は極端な左右病かと思います。先発が右左どちらであろうが9回まで同じ投手が投げるわけではないのだから、相手に合…

スーパー門脇・大活躍!!戸郷完投で久々のワンサイド勝利により連敗ストップした試合。

勝ち越し点は門脇選手の1塁へのスライディングがバウアーのミットをかいくぐりリプレー検証の結果セーフに判定が覆り内野安打となった間の梶谷ホームインでした。3点目も2死3塁からのタイムリー。バウアー投手からとどめの2ランで6点目と7点目。3安…

佐賀の夜は快勝で連敗ストップ! 吉川尚&山崎伊が大活躍!!

地方開催でもスタンドには空席が目立ちましたが、試合内容は良かったかと思います。先発・山崎伊が先制を許すも7回1失点で好投。久々のセカンド・スタメン起用の吉川尚が勝ち越し犠牲フライ。リードを広げる2ランと3打点の活躍。 地元の長野や坂本の出場…

熱もなく冷えた試合をサカチョー連続代打でお茶を濁そうとした試合。

セリーグの3試合は僅差の試合でしたが、甲子園は逆転サヨナラゲームと激アツの試合でした。一方、長崎での試合は見せ場なく淡々とした試合。試合に山場がないので、最後の賑やかしに有名選手を代打・起用して、スタンドを盛り上げさせようという苦肉の策です…