首都圏5球場巨人戦観戦記

東京ドームを中心に現地観戦を通じて、見て聞いて感じたことを気ままに綴ります。

対ベイスターズ

菅野10勝、大勢新人最多タイ37セーブでシーズン最終戦は白星を挙げた試合。

10月のデーゲームでしたが、日差しが強く辛かったです。試合途中から3塁側は日陰になったので一息つきましたが、1塁側は最後までなので、ベイファンのデーゲーム観戦は苦行なのではないでしょうか。6月の神宮デーゲームも辛かったですが、屋外球場のデ…

邪な球団の後塵を拝した2022シーズン。

コロナ禍でここ数年は異常でした。異常な年には邪な球団が幅を利かすものです。 異常なので邪道が通る。 来年以降、通常の年になれば正道が通ることでしょう。 来年3月までしばらく冬眠いたします。 では、また。

雨予報だったが雨が降らなかった試合。

天気予報サイトはアクセス数を稼ぐために、敢えて雨予報を出して、人々の不安心理を煽って広告収入を得ているとのことです。雨予報を真に受けてレインコートを用意していきましたが、全くの無駄になりました。 元々残り6試合で4勝2敗でOKですので、本日…

ベイの必死さを感じさせられたがキッチリ勝ち切った試合。

1点ビハインドとはいえ、入江、伊勢、山崎の勝ちパターン継投を投入した三浦監督に、勝利への執念を感じさせられました。一方の巨人も無死1、2塁で、4番・中田に送りバントをさせるくらいでしたので、原監督の執念も感じられました。中田に送らせて作っ…

ドーム巨人戦の本領発揮!一発攻勢でベイ今永に黒星を付けた試合。

今永投手の1試合4被弾はプロ初だそうです。CSでの対戦も予想されますので、相手エースに苦手意識を植え付けたという点でも良かったかと思います。 巨人は2年連続で本拠地負け越しとなったようです。ドーム巨人戦は、本日の試合のようにHR連発で圧勝す…

ほぼ互角の展開で競り負けた試合。

相手チームから併殺打3つを奪っていたら、試合の流れをつかみそうなところですが、9回裏の土壇場での場面で、この試合初めての併殺打を奪われ、逆転の機運が急速に萎みそのまま敗戦となりました。 先週の日曜から続いた連勝は3でストップ。 来週の日曜ま…

結果オーライで勝ち越しを決めた試合。

諸般の事情により今季最初で最後の4階席3塁側で観戦してみました。結論的にはビジター側ですが空いているので、非常に快適。というものでした。 個人的には前夜の大勝を受けてスタメン捕手・小林を希望していましたが、相手先発・ロメロで右なので大城スタ…

連戦が続く投手事情からDeNAの実質試合放棄により18得点爆勝した試合。

吉川尚の2試合連続HRで2点リードとなって迎えた4回裏。1死1,2塁で打者・小林、送りバントで2,3塁として、打撃のよい先発・山崎伊の一打に期待するのかと思いきや、小林の初球を捉えた打球はレフトフェンス直撃のタイムリー2ベース。山崎伊のセ…

癌細胞・北村拓己 絶好のサヨナラ機で空振り三振 チームを延長負けに導く

左のエスコバーに対して、同点HRの吉川尚に代打・中島を起用したのであれば、右の入江に対しては、代打・ポランコを起用するのかと思いましたが、北村をそのまま打席に立たせました。延長10回裏1死満塁。ヒットでなくても、外野フライ、押し出し四球で…

連勝中のDeNAの勢いに飲まれた試合。

チームで戦っている感のあるDeNAと、選手個々人が勝手にやっている感の巨人の差が出た印象があります。 本拠地連勝中なので負けられないというベイの選手達に対して、何となく惰性で個人記録目指して試合している感じがあります。 中田の1000打点、戸郷…

3点リードが、4点ビハインドになった試合。

序盤で3点リードした時点では、3-0か3-1くらいで勝利かなと見込んでいましたが、5回裏にそれまでノーヒット・ピッチングをしていた先発・メルセデスがポランコの拙い守備もあり一挙にリードを吐き出すと、両軍共に継投勝負となりましたが、継投勝負…

坂本復帰戦はノーヒット しかし振り逃げで出塁。

坂本振り逃げ後の岡本2ベースで1死2,3塁。普通に考えれば少なくとも1点は入りそうな場面で、ウォーカーは内角を攻められて空振り三振。次打者・大城は初球を打ち上げてチェンジ。格好の追撃機を逸したことで、そのままゲームセットとなりました。 ヒッ…

岡本・ウォーカーは無症状感染者(?)

ヤクルトは大量24名の感染者を出して2試合連続中止です。そのヤクルトと先のカードで巨人は3連戦を行っていますので、巨人側にも影響が及んでいたとしても不思議ではありません。 先のヤクルト戦で山田選手の打撃が明らかにおかしかったです。金曜日の試…

代打・重信ではなくて中島ではないかと思った試合。

昨夜は先発・今永に8回を投げ切られましたが、本日も先発・浜口に8回途中まで投げ切られてしまいました。 9回裏2死1塁で、右対左の関係で代打・重信が起用されましたが、出会い頭期待で、闇雲に手を出すタイプで、粘ることはできず三振の多い打者ですの…

窒息寸前で2度蘇生した試合。

ほぼ負け確定の試合展開で2度の土壇場で追いついていますので、引分けとはいえ、勝ちに等しい引分けだったかと思います。 9回裏2死無走者、相手は抑えの山崎投手なので、そこから追いついた吉川尚の同点ソロHRは値千金です。先発・今永投手の1安打投球勝…

球界の盟主としてベイ若手野手陣に活躍機会を提供した試合。

12球団で最も優勝から遠ざかっているDeNA相手に本気で打ち負かしては下品ですので、最下位DeNAに活力を与えるべく若手野手陣に活躍機会を提供した試合でした。 森選手にプロ入り初のHRとなる2ランを献上し、1番に起用された蝦名選手に2度のタイムリーを…

ウォーカーの一発でグダグダ試合にケリを付けて勝利。

メルセデスが本来のメルセデスであったならば、2回裏時点で勝利確定だったかも知れませんが、自身の走塁ミスも絡んで、毎回失点、連続先頭打者・四球など、リズムがつかめず5回途中で降板となりました。続いた井納もストレート四球と全く締まらない展開で…

11安打で1得点 非効率打順により終盤で勝ち越しを許した試合。

11安打放ったら普通には5、6得点するかと思います。四球を選べず、無駄打ち、早打ちする弊害が如実に表れた試合でした。 ネアンデルタール系大城を接戦の試合の終盤まで起用し続けたことが誤りです。ビエイラを制御できず致命的な8回2死からの2失点。…

拙守連発の不条理を乗り越えた試合。

先頭打者の桑原のレフトフライをウォーカーと中山の落球で2ベースにして先制点を許すという最悪レベルの出だしでしたが、試合を通じて失点はその1点のみ。ポランコ、廣岡、中山の拙守で走者を許すものの、そこはエース菅野の懐の深さでそれ以上の失点は許…

連休は終わっても連敗は続く。打線が沈滞中。

初回にウォーカーの拙守を突かれて3失点。試合を通じての失点はこれだけでしたので、先発・山崎伊は好投したと思います。まともなレフトだったら3失点はなかったでしょう。 問題は打線。助っ人外国人が全く役立たずな上に、主力のはずの丸も岡本も不振。 …

無抵抗なベイ相手に7点リードでも大勢を投入した試合。

前夜に続いてワンサイドゲームでした。前夜は2軍落ちの直江を投入して2失点してベイファンへの盛り上がり機会を提供しましたが、今夜は1週間登板機会のない大勢を投入して、ほぼほぼ盛り上がり機会を一切提供することなく試合を終えました。 初回の岡本2…

中島満塁弾等により中盤で実質試合終了のワンサイドゲームとなり連敗ストップ!!

DeNA打線は5番以降に抵抗力が感じられませんので、走者がいる場合には、ソト、牧と無理して勝負する必要がありません。そのため、1回裏にソト、牧に四球を与えて1死満塁となりましたが、後続を連続三振でピンチを切り抜けることができました。 その後は7…

5回裏に5失点 ヘタレ投手戸郷が再発した試合。

投手のロメロに四球を出したことで動揺したのか、桑原、佐野に連打を浴びて2点リードを逆転され、2死後に牧に2ランを浴びて5失点。イニングを投げ切ることもなくKOされました。 今季はこれまでよく投げていた方でしたが、昨年に再三見られた序盤はパー…

不完全体ベイスターズ相手に連勝させてもらった試合。

昨夜は大活躍したらしいですが、DeNAの1番・梶原選手が4三振もしてくれたため、試合としては僅差でも抵抗感なく勝利することができました。 相手2番の蝦名選手もソフトな歯ざわり感で、サクサクとアウトになってくれるので、ソト、宮崎選手の2人当たりが…

久々の勝利で連敗ストップ!!CSクリンチは1.0へ!

昨夜は雨が降って寒い試合でしたが、今夜は風が強くて寒い試合でした。CSの球場はどちらも屋外球場ですので相当に厳しい観戦環境が予想されます。通常ならば10月開催なので耐えられそうですが、今年は例外的に11月開催ですので、一段と強いレベルの防…

雨の中のドローでCSクリンチ2.0へ

天気予報が夕方から雨予報でしたので、防寒・防雨グッズを揃えて球場に向かいましたので、観戦自体には支障はありませんでした。 中盤までは天候も持ちこたえていましたが終盤以降は比較的雨量も増えてきたため、8回裏、9回裏のピンチはつらい状況でした。…

逆転サヨナラ勝ち寸前で引き分けた試合。

5回表、宮崎に先制ソロHRを許した後で、1死1、3塁で投手の今永に四球を与えた場面が決定的だったかと思います。普通に考えれば2アウトで、次打者・神里を三振に仕留めていますので1失点でチェンジだったはずです。しかし2死満塁となり佐野に2点2ベー…

2年連続坂本メモリアルデーに泥を塗りかける田中豊樹

昨年は坂本の2000本安打達成試合に終盤での逆転を許し黒星化した田中豊樹投手でしたが、本日も坂本の400本2塁打達成試合に登板し、2点リードの4回表にボール連発で先頭打者に四球、次打者の宮崎にフルカウントから2ベースを浴びて無死2、3塁。…

異常から平常に近づいて連敗ストップとなった試合。

緊急事態宣言が解除されて、ドーム売店でも4月中旬以来でのアルコール販売が再開されました。ノンアル販売は続いていましたが、やはり紛い物感は否めず、釈然としない感を持ちながら球場観戦が続いていましたが、ようやく本日において2019年レベルに近…

新戦力&主力サカ・オカの活躍で9回裏3得点逆転サヨナラ勝利!!!

喜怒哀楽の情動が試合中何度も目まぐるしく巡った試合でした。 「怒」は、先発・戸郷の2試合連続初回3失点です。試合開始でいきなり負けムードが漂い重苦しい気分になりました。 「哀」は、代打・丸の空振り三振です。素人目に見ても力ないスイング。この…