首都圏5球場巨人戦観戦記

東京ドームを中心に現地観戦を通じて、見て聞いて感じたことを気ままに綴ります。

松原の2ランを最小得点差で守りきってタイガース戦に連勝!!

1点差ゲームは心臓に悪いですね。抑え捕手は何故、小林でなく炭谷なのでしょうか。
四球の梅野の代走・植田に楽々と決められて一打同点の場面を迎えました。
フリー盗塁捕手を土壇場の場面で起用する理由がわかりかねます。

両チームとも得点はHRのみでしたが、2ランとソロの違いがそのまま試合結果となりました。

DeNAー広島戦も並行視聴しましたが、両チームともノーガード打ち合いのような試合が続いていますね。

火曜からはDeNA戦です。得点期待値が高まりそうですので、打線爆発の展開に期待したいところです。

では、また。

丸、バックスクリーンへの2ラン含む猛打賞で阪神追撃への狼煙を上げる

リードしているとはいえ1点差ですので終盤はわからない展開でしたが、
8回表に藤浪から丸がこの日3安打目となる2ランHRを放ち3点差に。
ほぼ勝利が確定しました。

阪神追撃のためには丸の復調が不可欠ですが、
その切っ掛けとなりうる一発でした。

昨夜は散々に非難を浴びた捕手・大城でしたが、
勝ち越しのソロHRもあり相対的に機能した試合でした。

6番・中島は前夜に引き続いて機能しませんでした。
ウィーラーのレフト守備でミスが2回ありましたので、
ウィーラーはファースト、レフトは亀井で6番が、

明日は右の秋山投手ですので、
望ましいように思われます。

では、また。

6番・中島が好機で連続凡退 3回裏で実質コールド負け

スモークの突然の退団が響きました。
序盤の2度の好機で中島がいずれも凡退。
坂本の後が中島だと勝負を避けられてしまいます。

亀井の当たりがいいので、
明日以降は亀井スタメン、ウィーラーをファーストに廻した方がいいのではないでしょうか。

相手先発が左だから中島起用が続くかも知れませんが。

戸根が3イニング無失点で抑えましたが、
両チームとも4回以降は調整のための試合の様子でしたので、
参考記録かと思います。

負けるにしても最後まで勝負の行方がわからないような試合を期待したいところです。

では、また。

マーティンの2度の好守備にやられた試合。

5点ビハインドから4点を追い上げて、なお2死1、2塁。
中島の打球はライト前ヒット。
同点のランナー2走・岡本は本塁に向かいましたが、
マーティンの好返球で本塁手前でタッチアウト。絶好の同点機を逸しました。

1点差の9回表2死1塁。坂本の放った打球はライト前ヒット性の当たりでしたが、
マーティンが地面スレスレでキャッチした模様。

現地ではワンバン捕球なのかノーバン捕球なのか判然としませんでしたので、
よくわからないままゲームセットを迎えてしまいました。

試合のキーポイントでマーティンの守備にやられた気がします。
一昨日の試合ではマーティンの守備の乱れで5点目が入っていたので、
守備が苦手かと思っていましたがそうでもなかったようです。

個人的にはスタメンDHがスモークでなく石川で愕然としました。
DH制なのにスモークを使わない理由が分かりません。

菅野が本調子でなかったことが最大の敗因かと思いますが、
松原に代打・若林で二打席連続三振。

打撃が期待できる香月、スモークは最後まで使わずじまいでした。

途中まではオリックス戦の3戦目と同様に、
ワンサイド負けかと思っていいましたので、
1点差まで追い上げたところは良かったです。

本日は千葉県民デーだったらしく地元応援感を強く打ち出されていたので、
3タテするのは忍びない感じでしたので、敗戦は止む無しな印象でした。

阪神とは7ゲーム差にはなりましたが、
2008年には、13ゲーム差を逆転した実績がありますので、
まだ半分程度かと思います。

では、また。

f:id:hidemet:20210613205429j:plain

 

3回表で10得点!試合時間1時間で実質コールド勝ち!!

岡本の2打席連続3ランが効果的でした。
戸郷は立ち上がり2失点しましたが、余りの大量リードで開き直れたのか、
その後はスイスイ投げられましたので、余裕の勝利でした。

楽勝の試合展開でしたが、8回に登板した戸根は2失点した上に、
1死も取れずに降板。
その後を継いだ田中豊が結局2イニングを投げ切って試合終了。
勝ちが決まった試合をややこしくしかねた戸根は猛省してもらいたいものです。

一方、スパッと試合を終わらせた田中豊は、個人的には評価が高まりました。
結果が分かった試合は、素直に終わらせるべきです。
楽勝展開でストライクが入らない戸根投手は切腹級の大罪を犯したに等しい投球のように思われます。

ともあれ、交流戦は5割に戻しました。
明日の菅野投手で何としても勝ち越しを果たしてもらいたいものです。

では、また。

坂本復帰で連敗ストップ!チームは反転攻勢へ

8回表は相手投手が交代したこともあったのかも知れませんが、
ここ最近には珍しく面白いように打線がつながりました。
先頭の松原のレフトフェンス近くまで飛んだ2ベースを皮切りに、
ウィーラーが勝ち越し2ベース。亀井が犠打を決めて1死3塁。
外野フライでも1点のところ岡本が軽くスイングした感じで放った打球は、
バックスクリーン右横まで届く17号2ラン!!
坂本のヒット&ライトファンブルで1死2塁。中島三振に倒れるものの、
若林のファースト方向への打球がファーストミットを弾くような感じでライト前へ&再びライトファンブルでこの回4点目。スタンドは大いに盛り上がりました。
終盤で4点リードとして、7回まで好投したメルセデスから、畠、ビエイラとつないで試合終了。
先週金曜日以来、ちょうど1週間ぶりの勝利となりました。

やはり打線の中核に坂本がいるとつながりが出てきますね。
1点目も岡本ヒット、坂本四球でつないでの中島同点2ベースでした。

個人的には、3年ぶりのマリンスタジアムでしたが、
前回来場時は、9回裏にカミネロ乱調で逆転サヨナラ負けという
悲惨な試合でしたので、その思いも払拭できた気分です。

いずれもノンアルですが、ビール系、サワー系の売り子さんも
場内巡回販売しているので感覚的には、
コロナ禍以前の時代のスタジアム観戦を楽しめたような気がします。

今夜はセリーグが5勝でゲーム差は縮まりませんでしたが、
残り2試合ですので、明日からはマシンガン継投しても影響は軽微でしょうから、
積極的に勝ちを掴みにいってもらいたいものです。

では、また。

f:id:hidemet:20210611235953j:plain



ワンサイドな上に無得点という今季最悪の酷い試合で4連敗。

今季完封負けは3試合ありましたが、いずれも失点は2に留まり、
最後まで試合の緊張感は持続しました。
しかしながら今夜の試合は5回裏時点で6失点となり実質コールド負けとなる上に、
得点もゼロという攻守両面において救いようのない今季ワーストゲームでした。

今夜をシーズンの底として、坂本が復帰する明日からは反転攻勢をかけてもらいたいものです。

では、また。