首都圏5球場巨人戦観戦記

東京ドームを中心に現地観戦を通じて、見て聞いて感じたことを気ままに綴ります。

緊急先発・畠が6回無失点の好投!丸の2発!好守備続出で連敗ストップ!M33

予想外に畠がナイスピッチングでした。今季好投しても危険球退場とか、続投して逆転被弾とかがありましたので何とか5回までと思っていましたが無事に6回まで投げ切ってくれました。
3連敗していましたので勝ちパターン中継ぎ陣は休養十分。
7回は高梨、8回・中川、9回・デラロサで無失点リレー。
3タテを目指して勢いに乗りかけたDeNAに対して、
完封勝利でカウンター攻撃を喰らわせることが出来たかと思います。

初回に坂本のタイムリーで先制。
4回に丸の2ランで3点目。
6回に丸のこの日2本目の一発となるソロHRで4点差。
残り3イニングで4点差ならほぼ勝利と思われましたが、
7回表に2死無走者から連打と盗塁を仕掛けて2塁悪送球を誘い、
セカンドがボールを見失っている間に、三走の吉川尚がホームインして5点目。
勝利を揺るぎないものとしました。

守備面でもパーラが2度のダイビングキャッチによるファインプレーで畠を救い、
最終打席でようやくヒットが出ましたので明日以降の復調に期待したいです。

文句のつけようのない試合運びで連敗ストップ。
3タテさえ免れればOKでしたのでカードとしてみれば合格点かと思います。

まだ阪神の試合が終わっていませんが2点ビハインドですので、
このまま推移すればM32となりそうです。

1マジック=1日で換算すると、大体来月下旬くらいがXデーとなるのでしょうか。
来月下旬にドームで阪神がありますので出来れば直接対決で、
勝利、即胴上げというのが理想ですね。

では、また。

パーラ大ブレーキで3連敗となるも阪神敗れてM34

7回表1死満塁でのパーラ併殺打が勝負を分けたポイントかと思いました。
個人的には代打・亀井でしたが、今日の勝ちというよりも今後のパーラの復調に賭けて、そのまま打席に立たせたのでしょうが大きく裏目に出ました。

直後に桜井が登板した時点でベンチとしては勝ちにいってない姿勢だと理解しましたので、案の定2ランを浴びて実質試合終了となっても特に驚きはありませんでした。

堀岡の方が遥かにまともな投球をしていましたので、
今後は、堀岡>>桜井の優先順位で起用してもらいたいものです。

個人的には昨年の9月20日以来のハマスタでした。

9月20日(金)対ベイスターズ@横浜スタジアム - 首都圏5球場巨人戦観戦記

ほぼ1年ぶりのハマスタです。

本日から観客数上限規制緩和に伴い、レフトウィング席がオープンになるということでしたので、様子見を兼ねて早速行ってきました。

感覚としては東京ドームの4階席上段ポール寄りからの眺めに近い感じでした。

当たり前ですが本日からオープンとのことで、お手洗いも広くてキレイ。

試合前から階段に大行列が出来ていて何かと思ったら中華のお店に並んでいるようです。
中華街が近くにあるのにスタジアムの中華に並ぶとは何かしら理由があるのでしょうが、私にはサッパリわかりませんでした。

ビール売り子さんは現金でも従来通り対応してくれますが、
コロナ対応でQR決済にも対応が始まったようでした。
早速、PayPay決済で買ってみましたが、コンビニ利用時のようにバーコードを呈示するのではなく、売り子さんが呈示するバーコードを買い手側のスマホで読み取って、
金額をこちらで入力するという方式のようです。
最初は戸惑いましたが、その後は慣れました。
釣銭のやり取りがないのは便利です。

天気予報では明日は横浜方面は雨のようですので中止かもしれません。

ドームに戻っての広島戦で連敗ストップとしてもらいたいですね。

では、また。

f:id:hidemet:20200919205814j:plain

 

今夜はリハビリ試合(?)。明日から本気モードで。

坂本、岡本がスタメンに3日ぶりに復帰し、パーラと小林も1軍に戻ってきて、
主要メンバーが揃ってきました。
いきなりエンジン全開とはいきませんので、今夜は様子見、リハビリのための試合だったかと思います。

明日くらいからは本気モードで試合に取り組めるかと思います。

昨夜は阪神に勝ちを譲った感のある試合でしたが、
DeNAにも今季ずいぶんと貯金させてもらっているので、
相手方本拠地で一つくらい白星を献上することもやむを得ないかと思います。

明日からは観客数も増えるので終盤まで緊張感が持続するような試合展開を期待したいところです。

ではまた。

阪神さんへのお礼の試合

今シーズン何かとお世話になっている阪神へのささやかなお礼の気持ちが出た試合だったかと思います。
前夜と同じ控え組中心のスタメンで勝ちの見込みは元々薄かったところに、
2回2死無走者から守備のミスも重なり3失点で5点ビハインドになったところで、
実質試合終了でした。

負け確定でも先発・サンチェスは5回まで投げ切り、
負けパターン投手がどの程度踏ん張れるかに興味を移して見守りましたが、
桜井は締まりがなく、
9回に登板の田中豊も、田中俊の2つのエラーに足を引っ張られて打者一巡4失点。
全くの惨敗となりました。

神宮でDeNAも大敗していますので、
明日の対戦は大敗チーム同士で条件は同じですので、
気分一新で向かっていってもらいたいものです。

では、また。

余裕の7点リードから終盤に6失点 抑えデラロサは再考すべき

坂本、岡本がスタメンに名を連ねずレギュラー組も中盤でベンチに引き下がるという7点リードのワンサイドゲームと思われました。

7回まで被安打1と試合の先頭打者の近本以降はパーフェクト投球をしていた先発・田口でしたが、スタミナが低下したためか8回1死からヒット3本を打たれて2失点。

交代した田中豊も木浪に2点タイムリーを打たれてこの回4失点。

大江が連続三振に仕留めて窮地を脱するものの、3点リードの9回表にデラロサが四球後に大山に2ランを浴びて1点差まで追い上げられます。
中川がボーア、陽川を連続三振に仕留めて事なきを得ましたが、
一歩間違えれば大惨事になりかねない展開でした。

先月末のドーム中日戦の1点差で3四死球で1死満塁。大島の併殺打で辛うじて切り抜けた試合以降、デラロサがすんなり3人で切り抜けた記憶が余りありません。
常に四球で走者を許し、よもやの展開にしてしまいます。

現状のままでは日本シリーズでの抑えは任せられないかと思います。
スピードよりも制球が重要なので、11月末に向けて、デラロサの配置転換を検討すべきです。

青柳対策で左打者一辺倒に並べた打線で、控え組中心で7点を挙げた中盤までの試合展開は、十分に満足のゆくものでしたが、8回、9回で楽勝ムードから一気に目を覚まされたような気分になりました。

田中俊太のソロHR含む猛打賞の活躍、
立岡のタイムリーヒットと、その時点で試合を決めたと思った3ランと、
下位打線を中心に連打が続きましたが、中盤以降に追加点を取れなかったために、
よもやの展開まで追い込まれてしまいました。

中盤以降は、野手が全員控え組でしたので、阪神打線が舐められたと感じて、
反骨心に火を点けてしまったのかも知れません。

明日は手を抜くことなく試合をしてもらいたいと思いました。

では、また。

f:id:hidemet:20200916232652j:plain



下位打線の決定力が勝負を分けてM38点灯!菅野は開幕11連勝!!

決して調子が良いとはいえないし、お立ち台でも「体調がよくなかった」とコメントしていた菅野でしたが、6回を投げ終えた直後にチームが逆転してくれたため開幕11連勝となりました。

序盤から中盤に掛けて押していたのは阪神だったと思います。
特に4回表のサンズ2ベース後の大山振り逃げで1死1、3塁となった場面では
失点を覚悟しましたが、6番ボーア以降が決めきれず無得点に終わったことが、
流れを徐々に巨人側に引き寄せたことにつながったかと思います。

近本にはソロHR2発含む3安打と散々に打たれましたが、
打線のつながりを欠いた阪神に対して、
2回裏は、丸・中島連打からの8番吉川尚のタイムリー。
4回裏は、先頭・岡本2ベースからの丸タイムリー。
特筆すべきは6回裏の攻撃で、
先頭の松原2ベース。亀井ヒットで無死1、3塁。
岡本タイムリーで3点目同点。
続く丸もヒットで無死満塁として、相手先発・高橋遥人をノックアウト。
岩貞にスイッチ後、中島は三振しますが、7番大城が2点タイムリーヒットで勝ち越し、この試合初めてリードを奪います。

残り3イニングで阪神打線と巨人の勝ちパターン中継ぎ陣を考えると、
ほぼ勝利したように思いましたが、
7回表に高梨が無死1、2塁のピンチを作ってしまいます。
2番・梅野が送りバントと見せかけてバスターによるヒットエンドランという奇襲をかけてきますが、空振りとなり三塁で二走の小幡がタッチアウト。
同点機を自爆して潰してしまいます。
普通に送って1死2、3塁となれば試合はわからず、
巨人側は坂本、岡本という飛車角をベンチに下げていましたので、
同点に追いつかれていれば巨人側も不利だったと思いますが、
不可解な采配で助かりました。

8回裏は3点差となる貴重な追加点を7番・大城があげて、
9回表にはデラロサが登板。
1死1、2塁の場面で好調な近本にセンター前に抜けそうなヒット性の当たりを打たれますが、吉川尚の好捕により2塁で封殺。2死1、3塁として、
前の打席での失敗を引きづったのか梅野を見逃し三振に仕留めてゲームセット。

中盤以降の逆転劇で2位阪神を突き放しゲーム差を10.5として、
優勝マジック38を点灯させました。

個人的には6回表の4連打が痛快でした。
松原の2ベースにリクエストがありましたが、
判定がひっくり返らなかったことで、高橋遥人もガックリきたのかも知れません。
亀井、岡本、丸とヒットが続き、同点となり菅野の負けが消えたことで、
球場の雰囲気も変わったように思いました。

では、また。

f:id:hidemet:20200915233344j:plain

 

メルセデス4勝目!丸、中島の一発でチームは7連勝!!

ヤクルト的には8回表の青木の併殺打が痛かったかと思います。
次打者の山田、村上がヒットでしたので、併殺以外だったら少なくとも1点は入っており、1点差ならゲームはわからなかったかと思いますが
2死無走者となってチャンスが潰えました。

先制点はヤクルトで、4回表に四球の青木が今季初となる盗塁を決めてチャンスを拡大し、
山田の右打ちで3塁に進み、4番・村上のタイムリーで先制するという流れはヤクルトの感じでしたが、次打者・中山もヒットで続いても、
それ以降で追加点が奪えなかったことが1点止まりになってしまった要因かと思います。
意外だったのは、6回表の1死1、2塁のピンチに登板したのは、
昨夜イニング跨ぎで好投した鍵谷だったことです。
ナイター→デーゲームでの連投でも大丈夫なのかチェックのための登板だったのでしょうか。
それでも期待に応えて、中山・西浦を連続三振に仕留めて、連日の活躍を見せます。
首脳陣の評価がグンとアップしたかと思います。

7回は大竹で2死無走者からの代打・雄平に対して、こちらも連投となる高梨。
危なげなく空振り三振に仕留めて高評価を揺るぎないものとして、
8回中川が被安打3でしたが無失点。
9回デラロサはボール先行でしたが三者凡退でゲームセット。

打つ方では、失点直後の4回裏の丸の逆転2ラン!
6回裏の岡本、丸を打ち取って小川がホッとしたところでの中島のソロHRが効果的でした。

今夜DeNAが敗れれば自力優勝が消滅するそうなので、
火曜からの阪神との直接対決でマジック点灯となる可能性が高まりましたね。

では、また。