首都圏5球場巨人戦観戦記

東京ドームを中心に現地観戦を通じて、見て聞いて感じたことを気ままに綴ります。

菅野10勝、大勢新人最多タイ37セーブでシーズン最終戦は白星を挙げた試合。

10月のデーゲームでしたが、日差しが強く辛かったです。
試合途中から3塁側は日陰になったので一息つきましたが、
1塁側は最後までなので、ベイファンのデーゲーム観戦は苦行なのではないでしょうか。
6月の神宮デーゲームも辛かったですが、屋外球場のデーゲームは
今後、原則として観戦しないことに決めました。

さて、試合の方ですが、勝敗は関係ないとは言え、
菅野の10勝と、大勢の新人最多セーブ記録には強い関心がありましたがので、
最終的に達成できてよかったです。

終わり良ければ総て良しなので、
来年は本気モードでV奪還を果たしてもらいたいものです。

では、また。



邪な球団の後塵を拝した2022シーズン。

コロナ禍でここ数年は異常でした。
異常な年には邪な球団が幅を利かすものです。

異常なので邪道が通る。

来年以降、通常の年になれば正道が通ることでしょう。

来年3月までしばらく冬眠いたします。


では、また。

記録に残らないミス連発で大敗した試合。

3回裏、2失点目につながるポランコの捕球ミス。
6回裏、誘い出された一走を挟殺できずにセーフにしたミス。
ビシエドのレフトフライでチェンジのはずが犠牲フライになり6失点目。
更に盗塁のタッチが緩くてリクエストでセーフになった後のタイムリー7失点目。

中日は野手の新戦力が来季への伸びしろを期待させますが、
巨人の伸びしろは、助っ人外国人野手の守備能力の向上程度でしょうか。
投手陣は世代交代を感じさせられましたが、野手陣には課題があるかと思います。
新戦力の獲得でカバーするのでしょうか。

本日の敗戦により自力CSがなくなりました。
優勝は決まっているかもしれませんが、
来週は、阪神、広島と2連戦づつで対戦するヤクルトを応援して、
他力を期待するしかなさそうです。

では、また。

小笠原投手のカーブに翻弄された試合。

戸郷投手も6回2失点と好投しましたが、
それを上回るピッチングを小笠原投手にされてしまいました。

岡本の30号到達ソロが唯一の得点となってしまいました。

野投手には頑張ってもらいたいものです。

では、また。

ワンサイド勝利で4位と1.5差 CSクリンチ2.5とした試合。

阪神さんが初回に4得点してくれたため当面のライバルの広島との差を1.5差にまで広げることができました。
残り4試合で2勝1分でCS進出確定です。

中日戦の試合後は、神宮の方を見ていましたが、
7点ビハインドから9回裏に2点差にまで追い上げるのは、
ベイの投手陣が不甲斐ないのか、ヤクルト打線のあきらめのなさが凄いのか。

天候と点差を考えれば、5回裏時点で降雨コールドでよいのではと思いましたが、
仮に追いついていたとしたら大変なことです。

9回裏の村上の打席が終わった時点で帰路についた姿も見られましたが、
最後まで見届けた観客にはそれなりの満足感が得られたのでないでしょうか。

巨人側は、井上投手がプロ初勝利。
昨夜は完封負けを喫した巨人打線でしたが、今夜は打線がつながり、
打者一巡5得点で実質試合終了。
主力を軒並み下げて、明日のデーゲームに備えることができました。

戸郷の最多勝がかかるので打線の奮起を続けて期待したいところです。

では、また。

雨予報だったが雨が降らなかった試合。

天気予報サイトはアクセス数を稼ぐために、敢えて雨予報を出して、
人々の不安心理を煽って広告収入を得ているとのことです。
雨予報を真に受けてレインコートを用意していきましたが、
全くの無駄になりました。

元々残り6試合で4勝2敗でOKですので、
本日の敗戦は織り込み済みです。

ハマスタでの勝利試合のみ提供される花火ショーを見てから、
帰路に着きました。

ハマスタで余りに連勝してしまうとベイファンに申し訳ないので、
CS進出に影響のないところでガス抜きをしておくのも
球界の盟主として果たすべき責任かと思いました。

では、また。

 

ベイの必死さを感じさせられたがキッチリ勝ち切った試合。

1点ビハインドとはいえ、入江、伊勢、山崎の勝ちパターン継投を投入した三浦監督に、勝利への執念を感じさせられました。
一方の巨人も無死1、2塁で、4番・中田に送りバントをさせるくらいでしたので、
原監督の執念も感じられました。
中田に送らせて作った6回表1死満塁で、ポランコ、ウォーカーの助っ人の打順でしたが、
ポランコに対しては田中健、ウォーカーに対しては、森原と一人一殺の継投の前に、無得点。
一打が出ていれば試合が決まる場面でしたので、ベイの必死さが伝わりました。

どうせならポランコに代打・中島でも良かったのではと思いましたが、
1点リードのまま試合は終わったので、どちらでもOKでした。

直接対決残り3試合でゲーム差4ですので、
2位の可能性は残されているかと思います。

明日も今夜の調子で戦ってもらいたいものです。

では、また。