首都圏5球場巨人戦観戦記

東京ドームを中心に現地観戦を通じて、見て聞いて感じたことを気ままに綴ります。

祝・連敗ストップ&貯金生活復帰!!

3タテ&借金生活回避を無事に達成できました。

苦しい試合でしたが、見事な逆転&再勝ち越しの試合でした。

火曜からは本拠地で形式上は1位・2位の直接対決です。
(首位攻防とは言い難いですが)

本拠地なのだから恥ずかしくない試合を見せてもらいたいものです。

では、また。

再三の得点機をモノにできず無得点のままサヨナラ負けとなった試合。

6回表1死3塁で、丸の投ゴロで三走・吉川尚が飛び出し無得点。
ゴロゴーの指示があったのかも知れませんが、無駄な指示。

8回表1死1,3塁で、打席に吉川尚。三走・増田大なので、
何か指示があるのかと思いきや、四球を選び満塁。
丸、一ゴロ、ウォーカー三振で無得点。

9回表、四球の坂本を犠打で送るも、途中起用の増田陸が三振で無得点。

ほぼほぼチャンスのなかった広島に対して、
9回の平内がヒットを許した後で、4番・マクブルームにサヨナラ2ラン被弾でゲームセット。

先週のヤクルト戦でも4番・村上に逆転3ランを終盤に献上しています。
1週間以内に2度も同じ失敗を繰り返しているのですが、
それでも平内を使うべきなのでしょうか。
昔からの破壊神癖は抜け切れていないかのように思われます。

最大11あった貯金も使い切って、
明日からゼロスタートです。

負ければ3位転落&借金生活ですので、
3タテだけは回避してもらいたいものです。

では、また。

2週間前のリプレイ 代打・石川慎吾の三球三振で流れを失った試合。

後半戦スタートの中日戦で大野相手に代打・起用されてへっぴり腰で三球三振を喫した場面は記憶に新しいですが、2週間前と同様に無死1、2塁の場面で代打起用され、
送りバントかと思いきや、空振り、見逃し、へっぴり腰で三球三振と
ビデオのリプレイのようなシーンを見せつけられました。

ボール球を振って、ストライクを見逃す。
同じ失敗を何度繰り返せば気が済むのでしょうか。
ベイに放出された中井もこのパターンでした。

上滑りな選手は本当に要りません。

右左関係なく強攻するならポランコそのままで打席に立たせてもらいたかったです。

DeNAがヤクルトの連勝を止めてくれました。
来週にはドームでDeNA戦がありますので、
上滑りな選手に出場機会を与える余裕をかましていると、
借金生活ももうすぐです。

適切な選手起用をお願いしたいものです。

では、また。

村上と比較して不安定な岡本

延長10回裏1死1塁で、谷元投手の力ない球に空振り三振。
5打席で2四球あるもののノーヒット2三振。
ライバルとされる村上選手は本日2ラン2発ですので、
大分差が開きました。

村上と岡本の4番の差がチーム順位・状況の違いを表しているかのようです。

延長になる前に試合を決めないといけなかった。

6連敗中の中日に白星を献上してしまいました。

広島に抜かれないよう金曜からの直接対決では、
頑張ってもらいたいものです。

では、また。

7回裏以降は安心して見ていられた試合。

裏を返せば、7回表まではいつ追いつかれるか、リードされるのかわからない
ヒヤヒヤした試合でした。

アクシデント先発の高橋優は四死球こそ1にとどめましたが、
2死無走者から連打を許すなど不安定さは否めませんでした。

結果的に5回2死から登板した桜井が打者一人を三振に仕留めて
勝利投手になるという棚ボタ勝利。
高橋優投手には何とも報われない結果でした。

7回裏の清水投手には感謝です。
3連続四球で無死満塁。
坂本のセンターフェンス直撃2ベースで2点追加。
吉川尚の犠牲フライで4点リードとなり、ほぼ勝利が見えてきました。

5連敗中のチームには心が折れる展開で、その後は無抵抗に終わって6連敗。
明日も連敗記録を伸ばしてもらいたいものです。

では、また。

10点取っても1点差で負けた試合。

同点の8回裏に村上に3ランを献上し、
岡本の足をまたしても巨人中継ぎ陣が引っ張ってきます。
敬遠して満塁策で次打者勝負するかなと思いましたが、
イムリーに止まらず最悪の3ランでしたので、
勝負あったかと思いました。

しかしながら、9回表に2死無走者から抑えのマクガフから重信の2点タイムリー2ベースで1点差まで追い上げましたので、なおのこと村上勝負が悔やまれます。

巨人の打線としては3連戦いずれも2桁安打でしたので、
敗因は投手継投、中継ぎ陣の背信投球かと思います。

平内も連投の影響があったのか、同点の8回だったのでビビったのか。

再び11ゲーム差になってしまいましたが、
火曜から頑張ってもらいたいものです。

では、また。

猛暑の中で6発19得点と爆勝した試合。

試合開始してしばらくすると3塁側内野スタンドは日陰に入りましたので、
それほどでもありませんでしたが、1塁側スタンドは最後まで日差しが照り付けていましたので、試合展開と相俟ってヤクルトファンは苦行を強いられたのではなかったでしょうか。

打順変更が功を奏し、1番・増田陸が一発含む猛打賞。
6番・ポランコがソロ&3ランの2発。
丸、ウォーカー、湯浅にも一発が飛び出て19得点。

お腹いっぱい大満足の試合でした。

本日は13時試合開始ですので、
3塁側でも最初は強い日差しを浴びそうです。
球場に向かわれる方はご注意ください。

では、また。