首都圏5球場巨人戦観戦記

東京ドームを中心に現地観戦を通じて、見て聞いて感じたことを気ままに綴ります。

3塁側

菅野10勝、大勢新人最多タイ37セーブでシーズン最終戦は白星を挙げた試合。

10月のデーゲームでしたが、日差しが強く辛かったです。試合途中から3塁側は日陰になったので一息つきましたが、1塁側は最後までなので、ベイファンのデーゲーム観戦は苦行なのではないでしょうか。6月の神宮デーゲームも辛かったですが、屋外球場のデ…

邪な球団の後塵を拝した2022シーズン。

コロナ禍でここ数年は異常でした。異常な年には邪な球団が幅を利かすものです。 異常なので邪道が通る。 来年以降、通常の年になれば正道が通ることでしょう。 来年3月までしばらく冬眠いたします。 では、また。

雨予報だったが雨が降らなかった試合。

天気予報サイトはアクセス数を稼ぐために、敢えて雨予報を出して、人々の不安心理を煽って広告収入を得ているとのことです。雨予報を真に受けてレインコートを用意していきましたが、全くの無駄になりました。 元々残り6試合で4勝2敗でOKですので、本日…

ベイの必死さを感じさせられたがキッチリ勝ち切った試合。

1点ビハインドとはいえ、入江、伊勢、山崎の勝ちパターン継投を投入した三浦監督に、勝利への執念を感じさせられました。一方の巨人も無死1、2塁で、4番・中田に送りバントをさせるくらいでしたので、原監督の執念も感じられました。中田に送らせて作っ…

勝利確定なので村上に54&55号を献上した試合。

M11のヤクルトとしては、V決定試合を本拠地ゲームである9月22~25日をXデーとしたいという狙いがあるはずです。試合途中で負け濃厚になれば、無理に追いかけることはせず勝ちを譲るものと想定できました。 塩見の先制ソロでリードを許しましたが、…

結果オーライで勝ち越しを決めた試合。

諸般の事情により今季最初で最後の4階席3塁側で観戦してみました。結論的にはビジター側ですが空いているので、非常に快適。というものでした。 個人的には前夜の大勝を受けてスタメン捕手・小林を希望していましたが、相手先発・ロメロで右なので大城スタ…

3点リードが、4点ビハインドになった試合。

序盤で3点リードした時点では、3-0か3-1くらいで勝利かなと見込んでいましたが、5回裏にそれまでノーヒット・ピッチングをしていた先発・メルセデスがポランコの拙い守備もあり一挙にリードを吐き出すと、両軍共に継投勝負となりましたが、継投勝負…

ポランコ一人で3打点、結果勝利となった試合。

井納投手が移籍後初勝利となりました。村上の40号達成シーンを目撃することが最初からなかったことも幸いしました。 危険球退場というアクシデントがありましたが、直江投手も好投したかと思います。 アクシデントの後を受けた、高木投手、井納投手の好投…

外国人投手の走塁意識の欠如が敗因となった試合。

投手は走塁意識はナシでもOKなのでしょうか。丸のタッチアップ可能飛球でもタッチアップせず、岡本のヒットでも本塁タッチアウト。それまでに進塁できる余地は十二分にあったはずです。 絶好の勝ち越し機に自らの走塁ミスで無得点に終えたのちに、大勢もいな…

猛暑の中で6発19得点と爆勝した試合。

試合開始してしばらくすると3塁側内野スタンドは日陰に入りましたので、それほどでもありませんでしたが、1塁側スタンドは最後まで日差しが照り付けていましたので、試合展開と相俟ってヤクルトファンは苦行を強いられたのではなかったでしょうか。 打順変…

11安打で1得点 非効率打順により終盤で勝ち越しを許した試合。

11安打放ったら普通には5、6得点するかと思います。四球を選べず、無駄打ち、早打ちする弊害が如実に表れた試合でした。 ネアンデルタール系大城を接戦の試合の終盤まで起用し続けたことが誤りです。ビエイラを制御できず致命的な8回2死からの2失点。…

4万人超前売り完売の観客数の圧に屈した試合。

この週末の2試合は前売り時点でチケット完売だったそうで、コロナ以降は満員のスタンドは珍しい方に属するようになっていますので、周囲の観客の圧に対して、中田は粘って四球を選ぶことができましたが、やはり北村では役不足でショートゴロに終わってゲー…

延長12回5時間超の長い試合でも勝利した試合。

コロナ禍もあって遠出は難しかったですが、4年振りに甲子園球場まで観戦に訪れました。 4年前は2戦2敗でしたが、個人的にはその雪辱が果たせて良かったです。 9回裏2死無走者から同点に追いつかれるとは思いませんでしたが、 周囲の阪神ファンは多いに盛り上…

拙守連発の不条理を乗り越えた試合。

先頭打者の桑原のレフトフライをウォーカーと中山の落球で2ベースにして先制点を許すという最悪レベルの出だしでしたが、試合を通じて失点はその1点のみ。ポランコ、廣岡、中山の拙守で走者を許すものの、そこはエース菅野の懐の深さでそれ以上の失点は許…

無抵抗なベイ相手に7点リードでも大勢を投入した試合。

前夜に続いてワンサイドゲームでした。前夜は2軍落ちの直江を投入して2失点してベイファンへの盛り上がり機会を提供しましたが、今夜は1週間登板機会のない大勢を投入して、ほぼほぼ盛り上がり機会を一切提供することなく試合を終えました。 初回の岡本2…

6回投げて4併殺!勝ち運のある堀田賢慎投手!

プロ初登板で初勝利の堀田賢慎投手でしたが、6イニングの投球で併殺が4回というのは通常では考えられないレベルかと思います。勝ち運が強い投手なのではないでしょうか。相手先発・原投手に3イニングはパーフェクトに抑えられていましたが、坂本・四球を…

シニア選手福留選手のお陰で開幕戦勝利!!

皆さん、こんばんは。今シーズンもよろしくお願いいたします。 早速に開幕戦に行ってきました。 結論としては、 中日の3番打者がまともな3番打者だったら、負けていた可能性が高かった試合 ということでした。 3回表と5回表の得点機で、いずれも福留選手…

逆シリーズ男・松原聖弥の不振により今シーズン完全終了した試合。

ファイナルステージで三振ばかりの松原は打順が8番に降格しましたが、4回表無死2,3塁という絶好の追加点のチャンスでフルカウントから、空振り三振という醜態をさらし、チームは引き分け。ヤクルトにストレートでのCS進出を許すことになりました。 シー…

奥川投手の引き立て役に徹した織り込み済みの負け試合。

1回裏の3失点で実質試合終了でした。メルセデスではなくて山口俊を先発させたということは、対奥川投手ということで負けを織り込み済みだったからかと思います。 明日の菅野、明後日のメルセデスで五分に持ち込むという目論見かと理解しました。 5回表の…

最後の最後までヘタレ投手だった戸郷翔征

申告敬遠までして4回裏2死満塁から相手投手・原樹理との勝負を選んだのに、2球で追い込んでおきながら3球目に走者一掃の2ベース浴びるダメ投手っぷり。戸郷を今季は余りに優遇して、甘やかしすぎたのではないでしょうか。打者一巡1イニング6失点の大…

本拠地最終戦白星でCS進出を自力で確定!!

CSクリンチを1までしていたところでしたが、無事に本拠地最終戦勝利で自力CS進出を決めることができました。 広島に抜かれていたらトラウマとなるところでしたので、他力ではなく自力で決めることができてよかったです。 首位ヤクルト相手にワンサイド…

久々の勝利で連敗ストップ!!CSクリンチは1.0へ!

昨夜は雨が降って寒い試合でしたが、今夜は風が強くて寒い試合でした。CSの球場はどちらも屋外球場ですので相当に厳しい観戦環境が予想されます。通常ならば10月開催なので耐えられそうですが、今年は例外的に11月開催ですので、一段と強いレベルの防…

雨の中のドローでCSクリンチ2.0へ

天気予報が夕方から雨予報でしたので、防寒・防雨グッズを揃えて球場に向かいましたので、観戦自体には支障はありませんでした。 中盤までは天候も持ちこたえていましたが終盤以降は比較的雨量も増えてきたため、8回裏、9回裏のピンチはつらい状況でした。…

坂本、岡本、中田にHRが出て、久々の2桁安打7得点でも9連敗となった試合。

いわゆるルーズベルトゲームでしたが、終盤に逆転を許し連敗ストップとはなりませんでした。 連敗中は貧打がやり玉に挙がっていましたが、久しぶりの打線爆発7得点でもそんな試合に限って、投手陣が守りきれず白星は明日以降にお預けとなりました。 素人目…

今月2度目のサヨナラ勝ち寸前での引分けで3位以下が確定した試合。

対阪神でどうこうというよりも対広島でどうかという方向に関心が移っていたので、他球場の経過でベイ打線が爆発してくれたため9回表をビエイラが同点のまま締めてくれた時点でCSクリンチが1減って3.5にまでなりました。土曜日にドームで直接対決があり…

継投8回ノー・ノーでも9回裏にサヨナラ負けを喫した試合。

CSを見据えて強力ヤクルト打線をいかに封じるかが課題ですので、2試合連続でのファースト捕球ミスによる決勝点献上は枝葉の要素かも知れません。 北村や若林など本来ファーストではない選手を臨時で守らせている以上、ミスが出るのは致し方ないかと思いま…

オープナー捕手・小林という発想を感じさせた試合。

マシンガン継投や、カウント途中からの投手交代、リーグで唯一の中5日先発起用の他にも、画期的な球界の新機軸としてオープナー捕手というコンセプトを導入しているのかと感じさせた試合でした。 大城がスタメン捕手だった際に、序盤で大量失点という試合が…

憑き物を振り落とした感のある9回2死からの3点差同点劇!

試合時間3時間43分の長い試合でしたが見ごたえ十分な濃厚な試合でした。試合が長引いたために試合後の3Dプロジェクションマッピングとドローンを活用したDeNA10周年イベントは中止となり、ベイファンにとっては二重の意味で散々な試合だったようです…

1試合7被弾で今季ワースト14失点を喫した試合。

前半戦残り2試合だから中継ぎ投手を惜しみなく投入できたはずですが、飛翔癖のある桜井が2番手で3イニングを投げたため3被弾5失点で、早々に実質試合終了となりました。 先発サンチェスの1イニング3被弾も酷かったですが、いずれもソロHRでしたので…

好投手相手には工夫なく無抵抗な打線で零封負け

先週は広島・九里投手-(バード)-栗林投手リレーに零封負けを喫しましたが、今夜も中日・柳投手-Rマル投手リレーに零封負けを喫しました。2週連続で現地観戦負けですので腹立たしさもひとしおです。 好投手相手なので攻略が難しいのはわかりますが、序…