首都圏5球場巨人戦観戦記

東京ドームを中心に現地観戦を通じて、見て聞いて感じたことを気ままに綴ります。

祝・連敗ストップ&貯金生活復帰!!

3タテ&借金生活回避を無事に達成できました。 苦しい試合でしたが、見事な逆転&再勝ち越しの試合でした。 火曜からは本拠地で形式上は1位・2位の直接対決です。(首位攻防とは言い難いですが) 本拠地なのだから恥ずかしくない試合を見せてもらいたいも…

再三の得点機をモノにできず無得点のままサヨナラ負けとなった試合。

6回表1死3塁で、丸の投ゴロで三走・吉川尚が飛び出し無得点。ゴロゴーの指示があったのかも知れませんが、無駄な指示。 8回表1死1,3塁で、打席に吉川尚。三走・増田大なので、何か指示があるのかと思いきや、四球を選び満塁。丸、一ゴロ、ウォーカー…

2週間前のリプレイ 代打・石川慎吾の三球三振で流れを失った試合。

後半戦スタートの中日戦で大野相手に代打・起用されてへっぴり腰で三球三振を喫した場面は記憶に新しいですが、2週間前と同様に無死1、2塁の場面で代打起用され、送りバントかと思いきや、空振り、見逃し、へっぴり腰で三球三振とビデオのリプレイのよう…

村上と比較して不安定な岡本

延長10回裏1死1塁で、谷元投手の力ない球に空振り三振。5打席で2四球あるもののノーヒット2三振。ライバルとされる村上選手は本日2ラン2発ですので、大分差が開きました。 村上と岡本の4番の差がチーム順位・状況の違いを表しているかのようです。…

7回裏以降は安心して見ていられた試合。

裏を返せば、7回表まではいつ追いつかれるか、リードされるのかわからないヒヤヒヤした試合でした。 アクシデント先発の高橋優は四死球こそ1にとどめましたが、2死無走者から連打を許すなど不安定さは否めませんでした。 結果的に5回2死から登板した桜…

10点取っても1点差で負けた試合。

同点の8回裏に村上に3ランを献上し、岡本の足をまたしても巨人中継ぎ陣が引っ張ってきます。敬遠して満塁策で次打者勝負するかなと思いましたが、タイムリーに止まらず最悪の3ランでしたので、勝負あったかと思いました。 しかしながら、9回表に2死無走…

猛暑の中で6発19得点と爆勝した試合。

試合開始してしばらくすると3塁側内野スタンドは日陰に入りましたので、それほどでもありませんでしたが、1塁側スタンドは最後まで日差しが照り付けていましたので、試合展開と相俟ってヤクルトファンは苦行を強いられたのではなかったでしょうか。 打順変…

空気を読まず敗戦処理相手に手を緩めないヤクルト打線

今季最多の16失点を喫した今夜の試合でしたが、これまでの最多失点は、5月6日の13失点でしたが、こちらもヤクルト戦でした。 負けを受け入れてレベルの劣る敗戦処理投手を起用しているのに、情け容赦なく不必要なまでの得点を取ってくる。 阿吽の呼吸…

球界の盟主としてベイ若手野手陣に活躍機会を提供した試合。

12球団で最も優勝から遠ざかっているDeNA相手に本気で打ち負かしては下品ですので、最下位DeNAに活力を与えるべく若手野手陣に活躍機会を提供した試合でした。 森選手にプロ入り初のHRとなる2ランを献上し、1番に起用された蝦名選手に2度のタイムリーを…

ウォーカーの一発でグダグダ試合にケリを付けて勝利。

メルセデスが本来のメルセデスであったならば、2回裏時点で勝利確定だったかも知れませんが、自身の走塁ミスも絡んで、毎回失点、連続先頭打者・四球など、リズムがつかめず5回途中で降板となりました。続いた井納もストレート四球と全く締まらない展開で…

11安打で1得点 非効率打順により終盤で勝ち越しを許した試合。

11安打放ったら普通には5、6得点するかと思います。四球を選べず、無駄打ち、早打ちする弊害が如実に表れた試合でした。 ネアンデルタール系大城を接戦の試合の終盤まで起用し続けたことが誤りです。ビエイラを制御できず致命的な8回2死からの2失点。…

久々の日曜勝利で連敗ストップ

4点差で大勢投手なので勝利確実かと思われましたが、高橋周選手に2ランを浴びて2点差に。投手・根尾が打席に立ちましたが三振で2アウト。大島は初球サードフライでゲームセット。 4月17日以来の日曜勝利。日曜連敗は8でストップ、チーム連敗も4で止…

唯一の得点機で代打・石川慎吾の謎采配で後半戦黒星発進した試合。

大野と菅野の先発両投手が無失点のまま投げ続けた試合。巨人側としては唯一の得点機となった8回表。代打・中田がもぎ取った四球で2死満塁。菅野に代えて代打は中島かと思いきや、この日一軍昇格を今季初めて果たした石川慎吾。 中田の後で、石川慎吾はあり…

2回裏9失点-日曜の呪い(?)が引き続き作用した試合。

辰己に先制ソロHRを許したものの2死無走者から4連打を浴びて、先発・山崎伊は2週連続で早々に降板。後を継いだ鍵谷も連続四球後のタイムリー、打者一巡後の辰己に1イニング2発目となるとどめの3ランを浴びて、この回トータル9失点。実質試合終了と…

打線を分断し最低限の仕事もしない助っ人野手により大敗した試合。

2回表、先頭岡本が2ベース、坂本が進塁打で1死3塁。ボール球に手を出して空振り三振。4回表、吉川、岡本、坂本の3連打で1点を取って、尚1死1,3塁で初球に手を出して浅いレフトフライ。 原監督も堪忍袋の緒が切れたのか直後に増田陸をレフトに廻し…

戸郷完投で7勝目!連勝で交流戦5割に戻した試合。

楽天は最初から負けを織り込み済みだったのしょうか。則本、早川等の名の知れた投手をカード頭には敢えて起用せず、ほぼ無名の投手を相手のエース級が登板する金曜に当ててきました。勝てる確率の高い投手を2,3戦目に起用して、カード単位で勝ち越しを狙…

菅野抹消ショックを坂本復帰で乗り越えた試合。

21:31発の池袋行特急指定券を事前購入していた関係上、それまでに試合終了していないと困る状況に追い込まれていたのですが、無事に勝利の瞬間を見届けることができました。 昨夜は1安打でしたが、今夜は13安打でしたので大変楽しかったです。 安打…

複数名の単細胞打者により1安打完封負け2時間半以内で終わった試合。

相手先発の與座投手が良かったのか、巨人打線に工夫がなかったのかわかりませんが、早々に試合終了となりました。 全体に巨人打線は早打ちかと思います。打てない打者も早打ちするので始末が悪いです。 西武の9番打者の滝澤選手は連日四球を選んでチャンス…

3人の外国人助っ人野手が全く助けてくれなかった試合。

先行してヤクルトが敗れていたため実害はありませんでしたが、3点リードをミス絡みで逆転されるという後味の悪い試合でした。 中田に代わって1軍に上がってきたウィーラーでしたが、3打席ともノー感じ。全く役立たずでした。 ウォーカーも2点目となるタ…

日曜の呪い(?)でまたしても大敗 ロッテに元気と勇気を与えた試合。

得点能力の低さに悩んでいたロッテに対して2桁得点、5本のHRを献上して、ロッテ打撃陣の再活性化に貢献しました。 週明けからパリーグ本拠地での6連戦となりますので、中日とDeNAに対して活性化された攻撃力で打ち負かしてもらいたいものです。 8…

楽に勝てるかと思いきや辛勝となった試合。

予告先発の段階で勝利間違いなし。生観戦連敗も3でストップと個人的には確信していましたが、思いの外苦戦しました。 今季無勝の相手先発・佐藤奨投手なのだから、序盤・中盤で早々にKOしてくれるのかと期待しておりましたが、まさかの無得点。 挙句、ロ…

佐々木朗から5得点、8回裏に5得点の、一粒で二度美味しかった試合。

3試合連続でソロHRでしか得点ができない打線のつながりの悪さが課題でしたが、先制は増田陸のタイムリー2ベース、岡本2ランで3点差とすると、丸タイムリー、ポランコ・タイムリー2ベースで5点差に。ロッテの得点能力を考えるとこの時点で勝敗は決し…

大城二軍降格によりスガコバ復活で連敗ストップ!!

ネアンデルタール系大城が降格したことにより、サピエンス系小林とのバッテリーが復活できました。 苦手のソフトバンク相手に菅野は8回を無失点で投げ切り、大勢が三者凡退に仕留めてゲームセット。3タテを回避できた上に連敗も3でストップできました。 …

ポスト坂本・育成のための交流戦

昨日に続いてスタメン起用された増田陸選手がHRを放ちました。試合は敗れましたが、元よりリーグ戦ではありませんので、本気を出す7月下旬以降までは次世代の育成期間として位置付けて、中山選手や増田陸選手をスタメン起用しているものと思われます。 本…

9回裏まで試合の緊張感が持続したことに感謝すべき試合。

初先発のアンドリース投手が6回を無失点で投げ終えました。柳田選手、グラシアル選手というSBの中軸を連続三振に仕留めるという、ほぼほぼ奇跡の展開もあって、6回を投げ終えたわけですが、中継ぎ陣が毎回失点を重ねてゲームセット。 想定通りに負けまし…

先発不適格・横川凱&チキン・畠世周により中盤で実質勝負が決した試合。

本日はセリーグ全敗でしたので実害はありませんでしたが、だからこそ出し抜くために勝利が必要だった試合。しかしながら、先発・横川凱が4イニング連続で先頭打者に出塁を許すという先発不適格を如実に指し示す不甲斐ない投球でピンチを招き、後を継いだの…

守備固めスタメンが機能して、終盤は中田SHOWとなった試合。

日本ハムは中盤以降の投手は攻略しやすいのではないでしょうか。巨人から自由契約になった古川投手が2番手でイニング跨ぎをするくらいなので、中日やヤクルトを相手にする時のように終盤になると得点できなくくなるというのとは逆の状態かと思われます。 そ…

中山選手の(仮)ランニングホームランが印象に残った試合。

スタメン捕手の小林がマルチ安打を放ち、次打者の中山選手が、10球粘った後の11球目を記録上はヒットですが、ボールがライトフェンスに向かって転々とする間に全力疾走して、一気にホームイン。同点に追いつく価値ある一打を放ちました。 早々に追い込ま…

球界の盟主として敢えて白星を献上した試合。

もちろん本気で試合すれば当然に勝利ですが、関西方面から応援に駆け付けたオリックスファンへのおもてなしの一環として、敢えて白星を献上しました。 西武も劣勢ですし、ヤクルトも諸般の事情を勘案して負けるでしょうから、普通に勝利してしまうと交流戦単…

岡本・逆転3ラン&決勝2点タイムリーで5打点!一人で全得点を叩き出し2連勝!!

2試合連続で8回裏にビドル投手から2得点を挙げて勝ち越し。交流戦を連勝スタートすることができました。 1回の表に1点を惜しんで2点を失うという悪い滑り出しでしたが、直後の1回裏に岡本が逆転となる3ラン! その後3イニングは山崎伊投手は三者凡…