首都圏5球場巨人戦観戦記

東京ドームを中心に現地観戦を通じて、見て聞いて感じたことを気ままに綴ります。

対ドラゴンズ

川上超えは本拠地で(?) 代打・重信の見逃し三振が響き追いつかれてドロー

1点ビハインドの8回表に、丸、ウィーラーの連打で掴んだ絶好のチャンス。吉川尚は送りバントと見せかけて強攻。打球は右中間を抜ける逆転タイムリー3ベース。なおも無死3塁ですので、少なくともあと1点は取れる場面。代打に起用されたのは、このところ…

坂本3打席連続HR!チームは4連勝!貯金20に到達!!

広いナゴヤドームでの3発ですので価値が高いかと思います。昨夜、阪神・大山がハマスタで満塁弾、2ランを2打席連続で放ちましたが、空砲となりましたので、坂本の3発は必ず勝ちに結びつけてもらいたいと思いましたが、先発・田口はピリッとせず、得点を…

菅野開幕10連勝達成!!完投大野との投手戦を制する!!

大野は投手ながらチーム6安打中の2本を放っており、最近は投手に打たれると負ける試合もいくつかありますので、嫌な予感がしましたが、先発・菅野は7回まで投げて無失点、8回・中川、9回・デラロサと無失点で繋いで2-0で勝利しました。 打つ方では吉…

最後はデラロサ劇場 負けていたらショックの大きい試合を寸前で勝ち切る!

初回にヒット5本が出て3点を先制して、なお1死満塁。タイムリーが出て5点差とすれば、ほぼ勝利確定というところでしたが、昨年からの悪いジンクスが払拭しきれず、満塁での若林は、やはりバットにボールがかすりもせずに三球三振。次打者が先発・直江で…

今村7回126球1失点!打線は12得点で大勝!4週間ぶりの週末勝利!!

苦手なロドリゲス投手相手で厳しい戦いが予想されましたが、3度目の正直で早々に2回裏打者一巡5得点で攻略。想定外のワンサイド大勝となりました。 ポイントは1死満塁で迎えた打者・今村の場面でしょうか。個人的には併殺チェンジは最悪なので振らずに立…

3点リードから、まさかの中盤以降での逆転負け…先頭打者への不用意な四死球から自滅

先発・田口は、被安打5でしたが、四死球が7でしたので、内容的には今一つ。5回まで無失点だったのは3連敗中の中日打線の不振ぶりのお陰だったのかもしれません。勝ち投手の権利をつかんでマウンドに上った6回に、先頭の高橋周平に死球を与え、阿部に2…

チキンハート宮國の続投が裏目。終盤8回に自爆して4失点、接戦の試合を壊す。

7回表に8番から三者凡退に抑えたので、もう1イニングという欲目が裏目に出ました。下位打線は抑えられても上位打線を迎えると自縄自縛に陥りがちのいつもの宮國でした。いくら巨人戦に相性のよい福田とはいえストレートの四球は酷いです。運よくビシエド…

中島200号3ラン含む6得点でワンサイドゲーム!本拠地3連勝!!!

昨夜もHR含む猛打賞の活躍を見せていた中島でしたが、今夜は記念の200号3ランを含むマルチ安打。凡退した2打席もヒット性の外野飛球ですので、ここ数日に限っては野手陣の中で、最も状態がいいのは中島選手なのではないでしょうか。 ウィーラーも先制…

延長10回ドロー 首位チームの引き分けは勝ちに等しいのでGood!

勝率は勝ち数と負け数を分母として算出します。仮にゲーム差が同じとした場合には、分母が小さいほど勝率が高くなることになります。 例:同じ貯金1として、2勝1敗(分母3)なら勝率:.66651勝50敗(分母101)なら、勝率:.505 よってビ…

今季2度目の3連敗…7回表1死1、3塁での無策が響いて直後に逆転被弾

ワンサイド負けが2試合続いての試合でしたが7回までは1点リードの投手戦でした。試合を分けたのは巨人の絶好の追加点のチャンスとなった7回表1死1、3塁。打者は先発・畠でした。この試合も先週の広島戦でも見事な送りバントを決めていましたので、当…

同点の8回表に一挙5点!完封負けの翌日に快勝してカード勝ち越し!!

大城のソロHRで先制したもののビシエドに同点タイムリーを浴びて1-1。珍しく先発・メルセデスが7回まで投げ切ったのに勝ちを付けられないのは気の毒だなと思っていましたが、8回表に中日の勝ちパターン、ここまで防御率0.00の福に対して、亀井が…

7連勝後の一休み

7連勝中は負けパターン投手の登板機会がありませんでしたので、それらの投手陣に登板機会を提供することができたという点で意味のある試合でした。 相変わらず藤岡投手は走者のいる場面で起用されると、1死も取れずに四球を連発。満塁にして自ら苦境に陥っ…

祝・7連勝!!!今季2度目の菅野完封勝利!!

戦前の予想ではほぼ勝ちが見込める試合でしたが、想定以上の完封勝利となりました。初回の菅野は制球が定まらず球数を要して調子が悪そうでしたが、その後は尻上がりに調子を取り戻して今季2度目の完封を成し遂げました。 個人的には5回表の岡本の2ランを…

ちょっと一息

余りに勝ちすぎると後々に息切れすることも考えられますので、シーズン序盤は2勝1敗ペースで十分ではないでしょうか。 本日の試合については、育成上がりのスタメン外国人捕手の活躍と、相手イケメン先発投手の活躍ぶりを見て、敗戦も止む無しと思いました…

丸6打点!チームは10勝目に到達!!

攻撃面では丸6打点プラス坂本の2試合連続HRが特筆すべき点でしょうか。 投げる方では、先発・田口が3イニングほぼ完ぺきな投球でしたが、脚の張りで急遽降板。後を継いだ鍬原も4、5回は抑えましたが、勝ち星が付いて気が緩んだのか、6回は無死満塁の…

先発・菅野の完投・完封勝利で5カード連続カード初戦勝利!

前日の桜井が8回を投げ切ってチーム内最長イニング達成という事実が、負けん気の強い菅野のハートに火をつけて完投しようという意欲を喚起したのではないでしょうか。完投だけではなく完封という更に素晴らしい結果につながりましたが、チーム内の競争があ…

9月5日(木)対ドラゴンズ@東京ドーム

試合途中でDeNAが6点ビハインドであると知って、今夜の試合は勝ってもいいが、負けても特に痛くもないと思いました。残り試合が20試合を切った状況においては、自軍が勝つことと、2位チームが敗れることは、効果的に同じなので、仮に負けても1歩前…

7月3日(水)対ドラゴンズ@東京ドーム

サヨナラ勝ちで決着しましたが、四球、盗塁、犠打、エラーでサヨナラという何とも地味な展開でしたが、結果的に勝利したので文句はありません。 試合途中にネットで他球場の経過を追っていて広島が一時は6点ビハインドでしたので、仮に負けても損失ナシとし…

7月2日(火)対ドラゴンズ@東京ドーム

兎にも角にも1回表がどうなるか次第と思っていましたが、交流戦期間中の初回ゴタゴタを無難にすり抜け、三者凡退で終えたことで、菅野も通常モードに戻ってきたのかなと思いました。 直後の亀井の先頭打者HRで先制すると、2死満塁からのビヤヌエバ死球で2…

6月2日(日)対ドラゴンズ@東京ドーム

高齢性痴呆症と思しき異常行動を繰り返す人物により、試合への集中が妨害された試合でした。自分の席からは距離があったので直接の被害は受けておりませんが、当該人物の近隣席の方は観戦どころではなかったかと思います。アルコール類を購入しても金を払わ…

5月31日(金)対ドラゴンズ@東京ドーム

久々に怒り心頭に達する試合でした。4番・岡本は剥奪して、坂本を4番にして、岡本は7番辺りにすべきかと思いました。リーグ首位で余裕をかましていた間は、形式を重視して4番・岡本を容認していましたが、ここまでダメダメだと話になりません。亀井・山…

5月2日(木)対ドラゴンズ@東京ドーム

カード勝ち越しを懸けた一戦でしたが、3点ビハインドから、岡本の天井直撃のラッキーな同点タイムリーを経て、陽の勝ち越し3ランで実質勝負が決まった一戦となりました。 先発・ヤングマンはピンチを作るも連続併殺チェンジなど、辛うじて無失点投球をして…

5月1日(水)対ドラゴンズ@東京ドーム

令和新時代の初戦となったこの試合。先発・菅野は惜しくも完封ならずも完投勝利。坂本も歴史に名を残す令和第1号HRを放つなど、連敗ストップとなる快勝となりました。 初回にタイムリー2本を含む4点を獲得した時点で、通常であれば、実質試合終了の感を…

9月17日(月)対ドラゴンズ@東京ドーム

2連戦を1勝1敗。阪神もDeNAに1勝1敗でしたので、結局、下位4チームのゲーム差変動はナシ。但し、残り試合数は2減少していますので、下位4チーム中最上位の巨人としては、ベストではないにしても最悪でもない結果に終わったかと思います。 先発・…

9月16日(日)対ドラゴンズ@東京ドーム

3週間振りに心の平安が訪れた気がします。阿部の8年ぶりとなる満塁弾が、その間いろいろありましたが、その一切を流し去ってくれました。 巨人は8月25日以来となる本拠地ドームでの勝利。2桁得点も8月18日以来と凡そ1ヵ月振りの快勝となりました。 …

8月19日(日)対ドラゴンズ@東京ドーム

8回裏の攻撃終了後に自分の周囲の相当数の方々が帰路に着かれていたようでした。普通に考えれば、残り1イニングで4点ビハインドですので、99.5%は負けゲーム。負け確定の場面は見たくないという心理も理解できます。個人的には、どんな大敗の試合で…

8月17日(金)対ドラゴンズ@東京ドーム

淡々とした、ひたすらつまらない試合を眺めて終わった2時間47分でした。4回裏のマギーの同点HR以外は盛り上がる場面もなく、前夜のヤクルト戦の完封負けに引き続いて、打線が沈滞ムードに入ったようです。 先発・メルセデスはそれなりに投げたと思います…

7月29日(日)対ドラゴンズ@東京ドーム

本日は先発したTVショッピング投手のお陰で、1回表途中で実質試合終了でしたので、以降、居酒屋東京ドーム・モードに入ったため、試合経過は明確には認識しておりません。 試合開始前にマシソン抹消の報に接しましたので、チームとして本日以降はしばらく…

7月28日(土)対ドラゴンズ@東京ドーム

台風接近で試合開催自体が危ぶまれましたが、結局、台風の影響はそれほどでもなく、ドームに向かう間は、ほぼ降っておらず、ドームを出た際には風が強くて、傘を広げられませんでしたが、雨は気にならないレベルでした。試合中にはそれなりに降っていたよう…

7月27日(金)対ドラゴンズ@東京ドーム

試合開始前のバッテリーの場内アナウンスで、「キャッチャー小林」が告げられて場内から歓声が上がりました。凡そ1ヵ月振りのスタメン起用。6月末のマツダでの3連敗で干されていましたが、先週の3連敗は小林をスタメン起用しなくても3連敗でしたので、…