首都圏5球場巨人戦観戦記

東京ドームを中心に現地観戦を通じて、見て聞いて感じたことを気ままに綴ります。

対ドラゴンズ

記録に残らないミス連発で大敗した試合。

3回裏、2失点目につながるポランコの捕球ミス。6回裏、誘い出された一走を挟殺できずにセーフにしたミス。ビシエドのレフトフライでチェンジのはずが犠牲フライになり6失点目。更に盗塁のタッチが緩くてリクエストでセーフになった後のタイムリー7失点…

小笠原投手のカーブに翻弄された試合。

戸郷投手も6回2失点と好投しましたが、それを上回るピッチングを小笠原投手にされてしまいました。 岡本の30号到達ソロが唯一の得点となってしまいました。 菅野投手には頑張ってもらいたいものです。 では、また。

ワンサイド勝利で4位と1.5差 CSクリンチ2.5とした試合。

阪神さんが初回に4得点してくれたため当面のライバルの広島との差を1.5差にまで広げることができました。残り4試合で2勝1分でCS進出確定です。 中日戦の試合後は、神宮の方を見ていましたが、7点ビハインドから9回裏に2点差にまで追い上げるのは…

リーグ最低チーム打率・防御率により最下位・中日にも連敗した試合。

昨夜終了時点でチーム打率は.243 その上の阪神が.244ですので、「俺たちの野球」よりも打てません。最下位・中日でも.246なので、相手より打てないのは当然です。 チーム防御率に至っては12球団ワーストですので、終盤の勝負どころで守りきれ…

出場即負け試合 害虫・北村拓己について

火曜日から本拠地ドームでの試合が続いています。今夜までの戦績と害虫・北村拓己との出場との関係は、 火曜:出場=>負け試合水曜:出場=>併殺打 勝利木曜:出場機会ナシ 勝利金曜:出場=>負け試合 となっており、出場すれば負け試合若しくは役立たず…

真のエース・スーパー戸郷により勝利した試合。

戸郷だから勝てた試合でした。3回表、無能大仏の捕球ミスにより無死満塁。普通の投手なら失点覚悟の場面でしたが、スーパー戸郷のピッチングにより無失点。6回表、シングルヒットを悉く2ベースにするレフト・ポランコの緩慢な守備により1死満塁。普通の…

終盤の2度のチャンスで1点止まり打線により負けた試合。

7回裏、先頭の丸が2ベースで出塁も、中田・三振、岡本・四球、代打・ポランコ2ゴロで2死2、3塁。若林ショートゴロで無得点。8回裏、2死満塁で中田ショートゴロがエラー誘発で1点目。2死満塁が続くも岡本は合わせただけの打球でライトフライで追加…

諸般の事情により4位浮上となった試合。

諸般の事情により4年ぶりにライトスタンドで観戦することになりました。以前は外野席は満席が通常でしたが、相当に余裕のある環境で観戦できました。先発・菅野が本来的な投球をして、無失点で8回投げ切ってくれたのが良かったです。打線も中田の1千打点…

守備にも異変を兆してきた6番降格・岡本和真

打撃不振で6番降格となった岡本でしたが、守備の方でも不審なプレーをするようになってしまいました。 6回裏1死満塁の場面、木下の打球はサード正面のゴロ。フォースプレーなのでホームに投げて、大城が1塁送球すれば、併殺チェンジです。 岡本は本塁に…

真の4番・中田!9回2死決勝HRで戸郷10勝目をアシスト!!

名目上の4番・岡本は相手守護神R・マルの前に迫力なく空振り三振。ウォーカーが投手ゴロでも気迫のスライディングを見せてくれたのに比較しても、覇気が感じられません。同点での9回表2アウト。チェンジになれば、8回138球も投げた戸郷の10勝目の…

コロナ明け救援陣の調整登板に役立った試合。

勝ちパターン継投陣の平内、今村、赤星が1軍昇格となって、それぞれ1イニングづつ投げて復帰調整登板となりました。 先発・メルセデスは外国人投手なので投げればいいと考えている。先月のヤクルト戦でも走塁意識の欠如で敗戦投手となり、今夜も守備意識の…

村上と比較して不安定な岡本

延長10回裏1死1塁で、谷元投手の力ない球に空振り三振。5打席で2四球あるもののノーヒット2三振。ライバルとされる村上選手は本日2ラン2発ですので、大分差が開きました。 村上と岡本の4番の差がチーム順位・状況の違いを表しているかのようです。…

7回裏以降は安心して見ていられた試合。

裏を返せば、7回表まではいつ追いつかれるか、リードされるのかわからないヒヤヒヤした試合でした。 アクシデント先発の高橋優は四死球こそ1にとどめましたが、2死無走者から連打を許すなど不安定さは否めませんでした。 結果的に5回2死から登板した桜…

久々の日曜勝利で連敗ストップ

4点差で大勢投手なので勝利確実かと思われましたが、高橋周選手に2ランを浴びて2点差に。投手・根尾が打席に立ちましたが三振で2アウト。大島は初球サードフライでゲームセット。 4月17日以来の日曜勝利。日曜連敗は8でストップ、チーム連敗も4で止…

唯一の得点機で代打・石川慎吾の謎采配で後半戦黒星発進した試合。

大野と菅野の先発両投手が無失点のまま投げ続けた試合。巨人側としては唯一の得点機となった8回表。代打・中田がもぎ取った四球で2死満塁。菅野に代えて代打は中島かと思いきや、この日一軍昇格を今季初めて果たした石川慎吾。 中田の後で、石川慎吾はあり…

最大5点差を逆転勝利!中田翔の逆転満塁弾で3連勝!!!

巨人の顔の坂本選手が欠場中ですが、その代わりに中田選手が最近は中核的な活躍をしてくれています。昨年の8月から巨人入りしましたが外様感が払拭できないままシーズンを終え、今季も開幕以降マン振りだけが目立ち2軍落ち、再昇格を果たした10日火曜日…

見どころの多い中味の詰まった試合で本拠地で久々の勝利!2連勝!!

中田のプロ初送りバントがあって、直後の大城内野ゴロで勝ち越し。しかし6回2死からビシエドに一発を浴びて試合は振り出しに。先発・戸郷は7回投げ終えたところで降板。しかしポランコのこの試合4安打目で再び勝ち越しに成功。8回裏には四球の岡本を1…

最大5点リードするもウォーカーの拙守連発で逆転負け

3回表にウォーカーが反対方向に2ランを放ち6-1と5点リード。立岡をレフトに起用して後は淡々と時間の経過を待つばかりのはずでしたが、ウォーカーのレフト守備の弱み・送球の弱さにつけこまれ、3回裏にまさかの5失点で同点に追いつかれてしまいます…

6回表に打者一巡4得点で柳をKO!5連勝で貯金10に到達!!

5回までは1点リードでしたので、どう転ぶかわからない試合でしたが、6回表に先頭の坂本ヒット、ポランコ2ベースで3点目。岡本ヒットでつないで、1死2,3塁からウォーカーがこの日2安打目となる2点タイムリー2ベースで5点目。2死1、3塁から菅…

球界の盟主として、敢えて白星を献上した試合。

1回裏で実質試合終了の試合でした。中日の柳投手の立ち上がりを攻めて打者9人を送る攻撃で4得点。事実上試合終了でしたが、球界の盟主として立浪新監督に白星を献上するという義務があったために、2点リードでも大勢ではなく、デラロサを起用して延長の…

ドームの田島伝説再び!8回裏に一挙5得点で大逆転勝利!!

普通にはないアクシデントが再三あった試合だったかと思います。一塁送球が京田選手の体に当たっての守備妨害でアウト。大城捕手のミットが木下選手のバットに掠って打撃妨害で出塁。セットアッパーの岩嵜投手がストレート四球の後で急遽降板。このアクシデ…

シニア選手福留選手のお陰で開幕戦勝利!!

皆さん、こんばんは。今シーズンもよろしくお願いいたします。 早速に開幕戦に行ってきました。 結論としては、 中日の3番打者がまともな3番打者だったら、負けていた可能性が高かった試合 ということでした。 3回表と5回表の得点機で、いずれも福留選手…

中田・途中交代でも流れ変わらず。2戦連続完封負けで5連敗。

3戦連続序盤KOのメルセデスが6回1失点でしたので、中5日にも慣れてきたのかも知れません。失点は僅かに1点でしたが、打線がつながらず3安打で完封負け。チームで12三振というのは中日の投手陣が良いとはいえ、なんとも残念な結果です。 中田選手が…

捕手・小林が攻守にブレーキで4連敗

小林に打撃は期待していないとはいえ、2回表1死1、3塁の絶好の先制機で、バットに当てられず空振り三振というのは目を疑いました。外角低めの変化球を引っ張りにかかるようなスイングを続けて空振り三振。反対方向に打ち返そうという意識が全く見られま…

3試合連続無得点の中日相手に同点の8回裏に4失点で3連敗 首位と5ゲーム差に

神宮のヤクルト3連戦で1点も取れなかった中日打線に1イニング4得点も献上するというのは、どこまで気前がいいのでしょうか。投手の問題なのか、捕手・大城のリードに問題があるのかわかりませんが、非常に痛い失点でした。 この試合、5番・亀井が大活躍…

新戦力・ハイネマンが登場した試合。

中5日の弊害なのでしょうか。4試合連続で初回に失点してしまい、終盤に追い上げますが、あと1点届かずにチームは6連敗となってしまいました。 昨夜の10失点1得点の試合と比較すれば、1点差まで追い上げて9回裏も同点・逆転機まで作り出しましたので…

岡本36号以外には見せ場なく2桁失点で一方的に敗れた試合。

大島・ビシエドだけマークすれば大丈夫という以前までの状態ではないようです。中日打線は勢いがあるようです。 一方で巨人打線は連打が出ても2アウトからということで得点には岡本のソロHRを除いてつながりませんでした。 高橋優が本来の調子ではなく中…

下位打順で2得点!対左でも吉川尚・松原を残した打線が功を奏する!!

丸のスタメン落ちは全く想定していませんでした。加えて走者を置いてゴロの多いウィーラーを1番に据えて、走者のいない状態で打席に立たせるというのも想定外でした。 先制点は3回表、先頭の1番・ウィーラーが2ベース、坂本ヒットでつないだ無死1、3塁…

展開は地味だったが、中身の濃いドロー。ビエイラ球団新記録達成!

打席で粘りがあった打者は中島。10球粘って四球をもぎ取り、この日3番に入った吉川尚、岡本と共に満塁で一打同点/逆転機を作りだしましたが、大城の反対方向へのヒットでようやく1点差を追いついた6回表2死満塁の勝ち越しチャンスで、この日8番に降…

併殺王ウィーラーの3番起用により岡本32号がソロで終わった試合。

丸を1番、ウィーラー3番に据える新打順を組んで左の大野対策を図ったようですが、裏目に出ました。この試合唯一のチャンスであった4回表に先頭の坂本がヒット出塁するも、ウィーラーがフルカウントまで持っていきながら四球を選ばずに強攻してショートゴ…