首都圏5球場巨人戦観戦記

東京ドームを中心に現地観戦を通じて、見て聞いて感じたことを気ままに綴ります。

自宅

ラッキーボーイ森下選手にまたしても屈した試合。

同点に追いつかれた8回裏に坂本選手が守備固めで交代しましたが、森下選手の同点タイムリーはサードが坂本選手だったら、併殺チェンジだったのではないでしょうか。たらればになりますが仕方がない。 サヨナラにつながった延長10回裏の森下選手の打席も、…

門脇選手4安打でも中軸不発で無得点 唯一のピンチで失点して負けた試合。

得点チャンスの多さでは巨人が上回っていましたが、得点チャンスは一度しかなかった阪神には2得点を許し、そのまま試合終了しました。 先頭打者の丸選手が3塁打を放ち無死3塁の絶好の得点機で、三球三振の岸田捕手には呆れかえりました。内野ゴロでも1点…

9回終了降雨コールド 痛み分けに終わった試合。

山﨑投手が投ゴロで2塁走者を塁間に追いかけて挟殺プレーに持ち込んだにも関わらず、オールセーフで1死2,3塁にしてしまったプレーが痛かったです。阪神も投手の山﨑に先制タイムリーを許し、吉川尚のファインプレーで併殺チェンジになるなどミスも見ら…

巨人の働き方改革(?)主力休養でも6連勝になった試合。

本来の主力選手の坂本選手、大城選手がスタメン落ち、出番ナシでしたが、それでも広島を3タテして6連勝。1週間以上負け試合ナシというチームとして好調期に入りました。 特定の選手を偏重せず休養を与えながら長期的視野に立ちペナントレースを勝ち抜こう…

岡本一発含む全3打点!8イニング連続失点ピンチでも1失点で凌ぎきった試合。

テレビで見ていても心拍数が上がる試合でした。初回は1死満塁で併殺チェンジ。2回は無死1,3塁で失点するもその後はゼロで抑え、3回は1死1、2塁でしたが村上の謎の三盗でピンチを脱し、4回は1死3塁でも無失点。5回は村上にヒットを許すも後続を…

ベイ林選手のアシストを活かして連敗ストップできた試合。

先発・高橋礼投手は6イニング無失点。中川投手は三者連続三振。8回の西舘投手も三者凡退とスイスイと来ましたが、土壇場の9回に抑えの大勢投手が2死満塁のピンチを作り、代打・宮崎選手で一発で逆転されうるというシーンを迎えましたが、初球セカンドゴ…

安心・安定のスガコバコンビで連敗ストップ!5割復帰となった試合。

ヒットを打たれても併殺打で切り抜ける貫禄の投球・菅野投手。小林捕手とのコンビもバッチリでした。 7回までの菅野の後は、傷心の中川投手に立ち直りの機会を与え、抑えの大勢投手を3者三振に導くなどチームの正捕手のリードは、流石だと言わざるを得ませ…

2桁安打で2得点 新生・阿部巨人でも非効率打線は変わらず

阿部監督は泥臭く1点を取りに行く野球を開幕前は掲げていた印象がありますが、実態は理想とは程遠いようです。無死1,2塁を含む3度の先頭打者出塁イニングがありながら、得点につながったイニングはゼロ。萩尾選手のプロ初HRによる1点と、得点圏での…

似非正捕手の処遇について

3点リードを追いつかれ延長サヨナラ負けとなった試合。前試合から続けて3度の送りバント機会でいずれも失敗し、終盤のリードを守りきれず、勝ちパの中川に再起不能レベルのトラウマを与える似非正捕手は以前から指摘していますが、終盤には交代させた方が…

似たような展開で開幕2試合連続完封勝利となった試合。

昨夜は梶谷ファインプレーからの併殺チェンジで梶谷2ランでしたが、本日は岡本ファインプレーからの併殺チェンジで岡本2ランで先制できました。続く坂本もレフトスタンドへソロHRを叩きこんで、相手先発・大竹をKO。 負けパ継投となった相手方につけ込…

142試合目で勝率5割に復帰した試合。

4番(と6番)を除いては、投手を含む先発全員安打の試合でした。4番が打てば、もう少し楽な展開だったかと思いますが、それはこの試合だけでなく9月下旬以降ずっとそうだったかと思います。WBC疲れが最終盤になって来たのでしょうか。 明日で終わりで…

対阪神最終戦は勝利した試合。

先発・赤星投手による8回無失点の好投が光りました。5点リードで9回裏ワンサイドゲームで楽勝かと思いきや、抑えのはずの大勢が1死も取れずに、ソロ、2ラン被弾で3失点。2点リードに変わった時点で現在の暫定クローザー中川が無失点で仕留めてことな…

抑え捕手を起用せずに8回裏2死無走者から逆転負けを喫した試合。

3年連続V逸の主要因の一つは正捕手がO捕手になったからです。監督と同大学というだけで優遇され、捕手としての能力も適性も欠けるにも関わらず、打撃優先で起用され、今季に限らず最近数シーズンでのお馴染みとなった終盤での逆転負けを演出してきました…

岡本、坂本、中田の1イニング3発で勝利を呼び込んだ試合。

先発・戸郷は8回無失点の好投。打線はトータル7得点と投打の噛み合った素晴らしいワンサイドゲームでした。 9回表1死満塁の絶好のダメ押し追加点のチャンスに3ゴロ併殺打を放つK選手はチームの足を引っ張ることにかけては天賦の才があるかと思いました…

AREをアシストしたN選手とK選手

決勝点は、N選手の捕球ミス。最後の打者はK選手でした。 Gファンのヘイトを集める2選手が、阪神のAREをアシストしたわけですので、2人とも来季はチームには残っていないでしょう。 起用した側に問題あるかと思いますが、起用した側も来季はいないで…

連夜の完封負けでも再び実害ゼロとなった試合。

巨人戦は早々に終了しましたので、ベイ-中日戦、ヤクルト-広島戦を交互に見ていました。ビシエド選手が昨夜は9回にダメ押しソロHR、今夜は延長11回に決勝タイムリーと連日活躍しております。今季は1軍に居ない時期もあったかと思いますが、終盤に来…

下位球団の踏ん張りにより2安打完封負けでも実害ゼロだった試合。

山崎伊投手が8回被安打3、1失点の好投を見せても、それを上回る9回被安打2,完封勝利を西投手に許してしまいました。序盤に2イニング連続で先頭打者出塁してもいずれも次打者が併殺打という相変わらずの拙攻振り。不要な時に犠打をして、必要な時にし…

再三のサヨナラ機を逸し続けてスコアレスドローとなった試合。

延長11回裏2死2,3塁。HRや長打は不要で内野安打でもサヨナラ勝利なのに、初球のボール球をHRを狙うかのようなマン振りを見て、空振り三振を予感しました。頭の悪いN選手は追い込まれて変化球で空振り三振。ヤクルト戦から引き続いて5打席連続空…

ベイが負けたのでスワローズさんに忖度した(?)試合。

マツダでの試合が先に終わってカープが延長サヨナラ勝利でしたので、神宮で負けても影響ナシと判断したのか、打撃好調の上位打線に左右病発動で門脇にK選手、丸に対して長野を代打起用しました。長野はヒット出塁したものの肝心の4番・岡本が三球三振であ…

3カード連続3戦目のみ勝利で、またも一矢報いた試合。

先発する度にリードを吐き出す「ぬるま湯」井上温水の先発試合でしたが、3点リードの2回に1死も取れずに満塁被弾含む6失点。序盤で早々に試合を壊しかけましたが、丸選手の4安打、決勝タイムリー含む3安打の門脇選手等の活躍および無失点継投を貫いた…

再生不能な廃品投手により終盤で破壊された試合。

3連覇しそうなチームは選手の見極めが確かです。一方で賞味期限切れ監督に率いられるチームは、他球団で見切られた選手を有り難く頂戴して重用し、本来活用すべき選手を他球団に放出してしまいます。 高齢者の家屋はゴミ屋敷と称されることも多いですが、価…

赤星2勝目!裏スタメンで無失点勝利できた試合。

スタメンを見た時点では試合放棄をしているのかと思ったスタメンでしたが、1番起用の浅野選手がヒットで出塁すると、2番K選手は阪神戦同様に送りバントを連続失敗。阪神戦同様に併殺打かと思われましたがどん詰まりの3ゴロが幸いして内野安打。秋広の犠…

阪神のARE阻止(遅延化)に貢献できた試合。

DeNAが敵地・甲子園で連勝。広島に連勝を献上してM消滅はもとよりゲーム差5まで接近させることができました。9月の優勝争いが白熱してくるのではないでしょうか。 巨人としてはDeNAとの3位争いが2.5差ですので、9月は3位争いが白熱してくる…

無能捕手・大城のリードにより阪神M消滅に貢献できた試合。

同点ならいざしらず2点リードなら抑え捕手に交代すべきかと思います。大城捕手のセオリー無視のリードにより逆転された試合が何試合あったでしょうか?京セラドームでは数年前にも交流戦オリックス戦で大城の無謀なリードによりサヨナラ負けを喫していまし…

一方的で試合にならなかった試合。

5回表で戸郷が6失点目を喫した時点で実質試合終了でした。その後は負けパ投手が更に失点を重ねながらも9回まで、なんとかたどり着いたという試合でした。 3回裏に相手エラーで1点を貰って、なお2死満塁で坂本が同点打以上を放っていれば試合になったか…

延長サヨナラ勝利で単独3位に浮上できた試合。

門脇選手が大活躍です。1塁に滑り込んで内野安打で出塁し、梶谷の打球を投手・阪口が弾いて1塁悪送球する間に好走塁で本塁突入。間一髪でセーフとなりサヨナラ勝利!お立ち台にも登りました。 一方、必死のプレーをする門脇選手とは対照的に、門脇出塁の直…

連夜の岡本3ランでも連敗となった試合。

高温多湿で不快な球場での試合もCS対戦での可能性を除けば今夜限りです。先発・メンデス投手もドーム球場ではない高温多湿で不快な球場での登板となったため、本来の持ち味を十二分に発揮するまでもなく3回途中で降板となりました。 2死満塁のピンチで登…

三代目破壊神・堀岡隼人により中盤で破壊された試合。

岡本選手の追撃3ランも空砲になってしまいました。大戦犯は三代目破壊神・堀岡隼人ですが、野手部門では残念ながら丸選手です。素人目に見ても打てる気配のない丸選手が打席に入って、満塁機を逸すると、森下の打球をお見合いして追加点の契機を生み出しま…

浅野選手プロ初HRが逆転勝利につながった試合。

あれだけ犠打好きだった監督が最近は犠打拒否傾向に一転し、好機をことごとくフイにしました。極端から極端に振れるのは何故なのでしょうか。 負けていたら腹が立つところでしたが、監督の足を引っ張る采配にも関わらず、選手達の頑張りによって、最大3点ビ…

犠打せず強攻が裏目 3イニング連続併殺打で9回裏サヨナラ負けに終わった試合。

大城に今季これまで散々に犠打させていたのだから、同点に追いついて1死3塁の場面でスクイズさせておけばよかったのではないでしょうか。今季はこれまで序盤でも犠打連発していたのに急に宗旨替えをしたのか、犠打しなくなって3イニング連続併殺打。不要…