首都圏5球場巨人戦観戦記

東京ドームを中心に現地観戦を通じて、見て聞いて感じたことを気ままに綴ります。

東京ドーム

オープン戦3連勝と秋広選手について

オープン戦は初戦こそ敗れたものの、その後は3連勝とチームは順調なようにも思えます。コロナ禍の影響で新外国人選手が来日困難な状況が続いているため、秋広選手がスタメン機会を得て、結果を出し続けています。 普通のシーズンだったら新外国人選手がスタ…

岡本2打席連続HR30、31号!!坂本も残り1本に!

上限3万4千人に緩和された初めての試合でしたが、実際の入場者数は26649人だった模様です。外野スタンドは昨年並みにほぼ満員。1階内野席もポール寄りエリアは埋まっているものの、ネット裏のシーズンシートエリアは緩和前と同じレベル。2階席も通路前方…

菅野もチームも連敗ストップ!岡本3ラン、丸・岸田ソロHR含む15安打で快勝!!

9回表にデラロサがピンチを招き緊急登板の田口が切り抜けて勝利したのが先週の金曜の夜。その間に5連敗があり、リーグ優勝があったため遥か昔のことのようにも思えますが、8日間の間に目まぐるしく諸々ありました。 10月の不調は菅野の開幕連勝記録が止…

熱狂なきニューノーマルな優勝決定試合

9回裏2死満塁からのサヨナラ勝利なら劇的な試合でしたが、延長の末、引分け。しかもDeNA-阪神の引き分けが先に決まったため、10回表終了時点で、優勝が決定するというなんとも微妙な優勝決定試合となりました。 勝利が決まってマウンドに選手が駆け…

采配上不可解なところはなかった敗戦 しかしM4(?)

最近は胴上げ日程調整のために、わざとやっているのではと疑問に感じるような采配がいくつかありましたが、本日の試合については、巨人・菅野、阪神・高橋遥 両投手による投手戦。少ないチャンスを代打・原口選手に決められてしまい敗戦。疑問を感じるような…

ノーモア・デラロサ 当面の抑えは田口(?)

阪神マルテの1イニング3エラーを含む4エラー。チームとして5エラーも献上してくれた試合。好投手・西から5得点を奪って5回KOしたにもかかわらず、まさかの逆転負けを喰らいそうな場面にまで至りました。 先発・今村が7回まで1失点の好投も、8回で…

菅野・今季初黒星 しかしM11

連勝記録が続いていた菅野でしたが、今夜は調子が悪そうでした。4回表に2点目を失い1死1、2塁。坂倉は1塁ゴロ。併殺チェンジかと思われましたが、2塁封殺からの坂本の送球を菅野が捕球できず走者が還り3点目の失点となった場面が痛かったです。更に…

楽勝展開が8回の5失点で一変 辛うじて振り切ってM14

7回までと、8回以降とでは別の試合を観ているかのような試合でした。試合前半は珍妙な出来事が何度か起こりました。初回に岡本の25号2ランで先制。2回には吉川尚タイムリーで、相手捕手が交錯して一時中断。その後、松原の2ゴロをソトが捕球した後、…

中日打線の粘りにより点差があっても試合の緊張感が持続した好ゲーム!M26!!

2回裏に岡本の3ランが出て6点目。5点リードとなってワンサイドゲームかなと思いましたが、先日の広島打線とは異なり、中日打線は1点づつでもジワジワと追い上げてきたので、もしかしたら追いつかれるかもと緊迫感を持って試合を見守ることができました…

吉川尚の今月2度目のサヨナラ打でM30!!

9回表1点差でデラロサだったので嫌な予感はしたんですよね。鈴木誠也を迎えるものの前後が坂倉、松山の左なので、中川の方がいいのではと思ったのですが、右の鈴木誠也はセカンドフライに仕留めるものの、前後の二人にヒットを打たれて、代走・曽根の走力…

鍵谷の見事な火消し!2桁得点ワンサイドゲームをものにしてM31!!

5回表1死満塁。4点リードしているものの一発が出れば一挙に同点に追いつかれる場面で鍵谷がマウンドに上がり、長野、鈴木誠也を連続三振に仕留めて無失点で切り抜けたところが今夜の試合のハイライトだったかと思います。 試合の緊張感が続いたのはここま…

余裕の7点リードから終盤に6失点 抑えデラロサは再考すべき

坂本、岡本がスタメンに名を連ねずレギュラー組も中盤でベンチに引き下がるという7点リードのワンサイドゲームと思われました。 7回まで被安打1と試合の先頭打者の近本以降はパーフェクト投球をしていた先発・田口でしたが、スタミナが低下したためか8回…

下位打線の決定力が勝負を分けてM38点灯!菅野は開幕11連勝!!

決して調子が良いとはいえないし、お立ち台でも「体調がよくなかった」とコメントしていた菅野でしたが、6回を投げ終えた直後にチームが逆転してくれたため開幕11連勝となりました。 序盤から中盤に掛けて押していたのは阪神だったと思います。特に4回表…

原監督1067勝到達!坂本の一発で試合を決めて5連勝!!

8回裏、先頭打者は代打・重信。昨夜の見逃し三振を反省したためか、初球から積極的にスイングするもボールにバットがかすりもせずに、3スイングでの三球三振。状態は重症だなと感じました。これで相手投手清水は、「俺のストレートはイケてるかも」と思っ…

サンチェス6回1失点 5投手の無失点継投で4連勝!貯金16 2位と7.5差へ!

久しぶりの登板のサンチェスでした。思えば今季初の現地観戦の先発予定はサンチェスでしたが、試合前に急遽、澤村に代わっていましたので生でサンチェスを観たのは初めてです。初回は4人の打者全てにフルカウントになっていましたので、球数が嵩んでどこま…

「川上哲治生誕100年記念試合」でサヨナラ勝利!今季最多貯金15に!!

劇的なサヨナラ勝利の試合となりましたが、原監督の判断の素晴らしさに改めて感服した試合でした。 一昨日の中日戦からウィーラーがブレーキになっていると感じていました。丸が4安打で出塁しても2度併殺でチャンスを潰し、増田が代走で出ても内野ゴロで2…

最後はデラロサ劇場 負けていたらショックの大きい試合を寸前で勝ち切る!

初回にヒット5本が出て3点を先制して、なお1死満塁。タイムリーが出て5点差とすれば、ほぼ勝利確定というところでしたが、昨年からの悪いジンクスが払拭しきれず、満塁での若林は、やはりバットにボールがかすりもせずに三球三振。次打者が先発・直江で…

坂本タイムリー含む2打点!25年ぶり3試合連続完封勝利で今季最多貯金13到達!!

カード初戦も投手戦でしたが、3戦目のこの試合も投手戦傾向でした。均衡が破れたのは6回裏。先頭の重信が初球をライト線に運ぶと、糸井のやや緩慢な守備の隙をついて一気に3塁へ。無死3塁で絶好の先制機をもたらします。続く坂本が、これまた初球をセン…

菅野・開幕8連勝!岡本17号ソロのみを守り切って1-0完封勝利!!

見事な投手戦でした。菅野が投げていなければ普通に負けていた試合だったかと思います。相手先発・高橋遥人には2試合連続で抑えられています。次回対戦時で菅野以外の投手が先発だった場合に、どのように攻略するのかが課題かと思いました。 投手戦なので試…

中島200号3ラン含む6得点でワンサイドゲーム!本拠地3連勝!!!

昨夜もHR含む猛打賞の活躍を見せていた中島でしたが、今夜は記念の200号3ランを含むマルチ安打。凡退した2打席もヒット性の外野飛球ですので、ここ数日に限っては野手陣の中で、最も状態がいいのは中島選手なのではないでしょうか。 ウィーラーも先制…

打線組替えが大当たり!坂・丸・パーラ猛打賞、坂本2発含むHR4発の大勝で連敗ストップ!!

球団記録レベルの低調打線が響き3連敗中でしたが、その批判の矛先が向けられていたのは、連続打席ノーヒット記録を更新していた坂本、丸でした。サカ・マルコンビを解消して、1番に坂本、丸を6番に置く打線の組替を行ったところ、元凶とされた二人が共に…

有観客本拠地開幕戦はナイスゲーム!菅野5勝目!坂本・岡本にHR!!

初回に吉川尚の悪送球でいきなり無死3塁の失点機。ソトに犠牲フライを打たれて早々に菅野の無失点記録が途切れました。追加点こそ許さなかったものの佐野、ロペスに粘られた挙句ヒットを打たれ、立ち上がりから調子が今一つな感じでした。 直後に坂本が同点…

11月23日(祝)ファンフェスタ@東京ドーム

今シーズンは充実したシーズンでしたが、ファンフェスタも充実した内容でした。14時前に着席して、19時過ぎまでいましたが、内容盛りだくさんでしたので、5時間もあっという間という感じでした。 朝から雨でしたので客足が伸びないのではと思っていまし…

10月23日(水)対ホークス@東京ドーム

9回裏2アウトでも坂本に一発が出れば逆転サヨナラでしたので、4試合で終わった今回のシリーズの中では最も試合の緊張感が続いた試合だったかと思います。日本シリーズ終了=阿部慎之助引退ですので、当然にスタメン起用されるかと思いきや、ベンチスター…

10月22日(火)対ホークス@東京ドーム

パリーグ優勝チームでもないのに日本シリーズに出場している相手と対戦しても、真剣に日本一を争っている気にはなりません。巨人はリーグ優勝したうえで、CSを突破して日本シリーズに臨んでいるにも関わらず、相手チームはリーグ2位なのに、勝って喜んで…

10月10日(木)対タイガース@東京ドーム

先発・メルセデスが良かったのかも知れませんが、相手・阪神の反撃がほとんどなかったので、なんとも歯ごたえのない勝利となり、日本シリーズ進出へ王手をかけることができました。 ファーストステージを見ている限りでは、密度の濃い熱戦で、チケット代が通…

10月9日(水)対タイガース@東京ドーム

今夜の試合の裏MVP選手は大山選手かと思いました。4回2死までパーフェクト投球の先発・山口が連打を浴びて、リズムを失い四球、暴投で1点を失い、更に四球で満塁のピンチに、あっさり初球をセンターに打ち上げてくれたため、最小失点で凌ぐことができ…

9月27日(金)対ベイスターズ@東京ドーム

5年前にハマスタで優勝を決めた時も、翌週のドームで優勝セレモニーがありましたが、その時の試合相手は今回と同様にベイスターズで、結果は3-6で敗れたため、ペナントを持っての場内一周の際に、何とも釈然としない気持ちになったことを覚えています。…

9月16日(月)対タイガース@東京ドーム

9回終了の試合でしたが、3時間46分と長い試合でした。試合時間の割に両チームとも5安打ずつでしたので、与四死球の影響(阪神8 巨人6)が大きかったのかも知れません。 再三の得点機があったので、試合を通じて1得点で終わるとは思いませんでした。 …

9月15日(日)対タイガース@東京ドーム

8回裏2死からゲレーロの逆転2ランで勝利するという痛快な試合でした。復帰直後の菅野は調子が今一つのようで、4回で降板してしまいました。4回表に前打席でタイムリーを放っている梅野を申告敬遠しますが、先発・岩貞に代えて代打がレジェンドの鳥谷。…